マネーブリッジ(楽天証券×楽天銀行)で普通預金金利の適用金利を0.1%(5倍)にする方法!

マネーブリッジ(楽天証券×楽天銀行)で普通預金金利の適用金利を0.1%(5倍)にする方法!

楽天マネーブリッジは、楽天銀行と楽天証券を連携することで、普通預金金利を年率0.1%にすることができるサービスです。楽天銀行と楽天証券の口座開設費・維持費は無料で、金利をメガバンクの100倍程度にすることができるおトクなサービスです。

本記事では、楽天マネーブリッジの解説、また楽天証券と楽天銀行を連携し、普通預金金利を0.1%にする方法を解説します。

楽天証券・楽天銀行の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら楽天証券口座開設キャンペーンで22,000円相当のポイントがもらえます(12月31日)

楽天マネーブリッジとは?楽天証券との連携で楽天銀行の金利が0.1%

楽天銀行の普通預金の金利は通常0.02%です。しかし、楽天グループの楽天証券と連携「マネーブリッジ」を行うことで、楽天銀行の普通預金金利を5倍の0.1%とすることができます。

マイナス金利の導入により、ゆうちょ銀行やメガバンクなどの銀行の普通預金金利が0.001%となる中、普通預金金利0.1%で運用できる銀行は、かなり貴重です。

下表は、各銀行の普通預金金利を表したものです。実際、マネーブリッジ後の楽天銀行の普通預金金利は、他行と比べて、かなり高水準であることがわかります。

銀行名普通預金金利
楽天銀行
マネーブリッジ
0.02%
(0.10%)
イオン銀行
イオンカードセレクト
0.02%
(0.10%)
SBJ銀行0.02%
東京スター銀行0.02%
オリックス銀行0.02%
住信SBIネット銀行
(SBIハイブリッド預金)
0.001%
(0.01%)
じぶん銀行0.001%
ソニー銀行0.001%
セブン銀行0.001%
ゆうちょ銀行0.001%
三菱東京UFJ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%
みずほ銀行0.001%

イオンカードセレクトの発行(無料)で、イオン銀行の普通預金金利は、楽天銀行を上回る水準となります。詳細は、以下をご参照ください。

イオン銀行の普通預金金利を0.12%にする方法!驚きのイオンカードセレクトとは?
イオン銀行の普通預金金利を0.1%にする方法!驚きのイオンカードセレクトとは? マイナス金利の影響により、ゆうちょ銀行や大手メガバンク、ネット銀行までもが、普通預金金利を大幅に引き下げています。現在で...

それでは、以下、楽天銀行・楽天証券のマネーブリッジの方法・手順を説明していきます。

楽天マネーブリッジの方法・手順

楽天マネーブリッジ(楽天銀行×楽天証券)を行う方法を説明します。楽天マネーブリッジを行う大まかな流れは、以下の手順となります。

楽天マネーブリッジ前の流れ

  1. 楽天証券の口座開設
  2. 楽天銀行の口座開設
  3. マネーブリッジの申請

楽天証券・楽天銀行両方の口座を解説した後、楽天銀行からマネーブリッジの申請をする流れとなっています。以下、各手順の解説をしていきます。

手順1. 楽天証券の口座開設(楽天証券口座をお持ちでない方)

マネーブリッジ申込には、楽天証券の口座開設が必要です。口座開設費・維持費いずれも無料です。まだ口座をお持ちでない方は、以下の公式ページから口座開設ができます。

>>> 楽天証券の口座開設(無料)

本サイトでの楽天証券の特徴やメリット・デメリットは、以下をご覧ください。

楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!
楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!楽天証券 は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO(新規公開株)、FX、確定拠出年金(iDeCo)など多様な金融商品を取り扱って...

手順2. 楽天銀行の口座開設(楽天銀行口座をお持ちでない方)

楽天証券と同様、楽天銀行の口座開設も必要です。以下の楽天銀行公式ページから無料で口座開設できますので、まだ口座をお持ちでない方は、ご覧ください。

>>> 楽天銀行の口座開設(無料)

手順3. 楽天銀行にログインして、マネーブリッジを申し込む

手順1・2で、楽天証券&楽天銀行の口座開設が完了したら、マネーブリッジ申込ページからマネーブリッジを申し込みます。以下のページをクリックすると申込みページに移動できます。

楽天マネーブリッジ申込ページ

上のリンク先へ移動すると、下図のような画面へ移動します。画面中央の「マネーブリッジ申込」ボタンをクリックしてください。

マネーブリッジ申込画面マネーブリッジ申込画面

マネーブリッジ申込」をクリックすると、以下のような画面へ移動します。移動後、画面右上の「マネーブリッジのカンタン申込み」をクリックし、楽天マネーブリッジの登録を開始します。登録時間は1分程度です。

マネーブリッジのカンタン申込みへマネーブリッジのカンタン申込みへ


「マネーブリッジのカンタン申込み」クリック後、楽天銀行のログイン画面に移ります。ログイン後、ウェブページの指示に従って申込みを行えば、マネーブリッジの登録があっという間に完了します。

手順4. 普通預金金利を確認する

マネーブリッジの申込・手続き完了後に、楽天銀行にログインし、普通預金金利が、5倍の0.1%になっているか確認しましょう。

上図は、楽天銀行にログイン後のトップページ画面です。トップページ右上の普通預金金利から現在の金利水準が確認できます。マネーブリッジ手続き完了後、金利が0.1%になっていることがわかります。

楽天銀行(マネーブリッジ後)の普通預金金利の確認楽天銀行(マネーブリッジ後)の普通預金金利の確認

また、楽天銀行から金利水準に関する通知がメールで来ます。そちらもご確認ください。

楽天証券・楽天銀行マネーブリッジのまとめ

  • 楽天銀行・楽天証券のマネーブリッジを行うことで、楽天銀行普通預金金利が、5倍の0.1%となる。
  • マネーブリッジ申込には、楽天銀行・楽天証券の口座開設が必要。
  • 口座開設後、楽天銀行のウェブページから、マネーブリッジを申し込むことができる。

ここまで解説してきたように、楽天マネーブリッジを行うことで、無料でカンタンに銀行の普通預金金利を0.1%にすることができます。ノーリスクで金利をメガバンクの100倍にすることができるので、かなりオススメです。実際、私もマネーブリッジを行っています。

参考 本記事で紹介した口座やサービスは、以下から詳細確認・無料申込みができます。今なら口座開設キャンペーンで最大110,000円相当のポイントがもらえます(3月31日まで)。

楽天証券は、マネーブリッジの他、お得なポイント還元で投資信託が保有できたり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。口座開設費・維持費は無料なので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。

楽天証券の特徴

楽天証券公式ページ
  • 楽天ポイントで投資信託が買える
  • 全6カ国の外国株・海外ETFが取引可能
  • 日経新聞が無料で読める
  • マネーブリッジで普通預金金利が0.1%へ

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大22,000円相当のポイントがもらえます(12月31日まで)

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでの楽天証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!
楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!楽天証券 は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO(新規公開株)、FX、確定拠出年金(iDeCo)など多様な金融商品を取り扱って...