楽天証券IPOルール・抽選方法は?少ない実績を解説する秘策はある?

楽天証券IPOのメリット・デメリットは?抽選ルール・実績など解説!

楽天証券のIPOは、SBI証券など他のネット証券と比ベて、取扱実績が少ないものの、ステージ制など独自の抽選ルールで、資金力や取引実績のある方にオススメの証券会社です。

小資金の方、また初心者の方は岡三オンライン証券がオススメです。岡三オンライン証券なら入金なしでIPO抽選に参加でき、当選した場合のみ入金すれば良いルールになっています。

岡三オンライン証券IPOがIPO投資に必須な5つの理由

本記事では、楽天証券のIPO抽選ルールや取扱実績を解説していきます。また、他の証券会社との比較や今後の楽天証券のIPOスケジュールなど、楽天証券のIPOについて徹底的に解説して行きます。

楽天証券のIPO抽選ルール

さっそく、楽天証券のIPO抽選ルールを確認しつつ、どんな方に利用するメリットがあるのか?また、デメリットを補うためにはどうすれば良いか?解説していきます。

抽選方法・ルール

楽天証券IPO抽選ルールの特徴は、楽天証券口座への入金額や取引実績に応じてIPOの当選確率が上がる「ステージ制を採用している点です。つまり、楽天証券をよく利用する方(メイン口座としている方など)は、IPOに当選しやすいルールとなっています。

ステージは、「IPOゴールド」「IPOシルバー」「IPOレギュラー」の3つのカテゴリに分かれています。3つのカテゴリの条件は、下表のようになります。

カテゴリ条件当選確率
IPOゴールド過去6カ月間の月間平均手数料が10万円以上、またはブックビルディング開始日の前々営業日時点での預かり資産(評価額)が1億円以上の方IPOレギュラーの5倍
IPOシルバー過去6カ月間の月間平均手数料が1万5千円以上の方IPOレギュラーの2倍
IPOレギュラーIPOゴールド、IPOシルバー以外の方1倍

楽天証券公式ページ

一般の方は、IPOレギュラーになりますが、過去6カ月間の取引で月間平均の手数料が15,000円を超える場合は、ランクアップして当選確率が最大で5倍になります。ちなみに、手数料15,000円分というのは、10万円以下の株式の売買を100回程度行った分に相当します。

楽天証券の手数料コースの特徴と他ネット証券との比較(NISA・信用・オススメなど)
楽天証券手数料コースのオススメは?他証券との比較や手数料の特徴を解説楽天証券の手数料コースは、業界最安水準の安さと楽天ポイントの還元などのサービスで、楽天ユーザーだけでなく幅広い投資家に人気を集めています...

メリット:取引実績がある方は当たりやすい!

楽天証券IPOの最大の特徴は、上であげた「ステージ制」を採用している点です。よく取引を行う方やたくさんの資産を預けている方は、当選確率が最大で5倍にアップします。

そのため、楽天証券をメイン口座として利用しており、国内株式の売買などで手数料をそれなりに払っている方、また国内株式や投資信託をたくさん保有している方は、IPO当選確率が大幅に上がるためオススメです。

楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大25,000円相当の楽天ポイントがもらえます(6月30日まで)

楽天証券公式ページ

また、楽天証券の口座開設キャンペーンのについては、以下をご参照ください。

楽天証券の口座開設キャンペーン
楽天証券口座開設キャンペーン【2018年12月】最大22,000ポイントや現金がもらえる楽天証券口座開設キャンペーンは、証券口座や銀行、NISA口座の開設、また楽ラップや国内株式、投資信託の取引などで、最大22,000円ポイ...

取扱実績

2017年は、以下の4銘柄のIPOの取扱を行いました。

銘柄コード上場日上場市場
ロードスターキャピタル34829/28東証マザーズ
壽屋78099/26JASDAQ
トランザス66968/9東証マザーズ
SYSホールディングス39886/30JASDAQ

スケジュール・取扱予定銘柄【2018年】

2018年の楽天証券でのIPO取扱スケジュールは、MTG(7806)とプロレド・パートナーズ(7034)の2銘柄となっています。

銘柄コード上場日上場市場
プロレド・パートナーズ70342018/7/27東証マザーズ
MTG78062018/7/10東証マザーズ

楽天証券ではなく、市場全体としては、7月に9銘柄、8月に2銘柄のIPOが予定されています。それらのIPOスケジュールや最新の取扱証券会社・おすすめ証券会社は、以下の記事をご参考ください。

IPOスケジュールと取扱証券会社の比較・一覧【2018年】
IPOスケジュールと取扱証券会社の比較・一覧【2018年】最新(2018年)のIPO株の上場スケジュールと主幹事などの取扱証券会社をまとめます。また、取扱証券会社の特徴や当たりやすさ等も解説していきます。...

デメリットは?取扱銘柄・実績が少ない?

ここまで、楽天証券でIPO投資を行うメリットを見てきましたが、デメリットはないのでしょうか?ズバリ、楽天証券でIPO抽選を行うデメリットは、以下の2点です。特に、取扱銘柄数が少ないのは致命的で、以下解説する解決策が必須となりますた。

  • 初めての方・資金力がない方に不利
  • 取扱実績が少ない

以下、これらのデメリットを解説しつつ、デメリットを補うための他の証券会社の利用方法(手数料が安いネット証券に絞る)について、解説していきます。

資金力が無い方は当たりにくい

楽天証券のIPOはステージ制を導入しているため、資金力があり、たくさんの金融資産を保有したり、売買したりする方に、かなり有利な抽選ルールとなっています。

そのため、少ない資金でIPO投資を行う方や初心者で取引実績がない方には、不向きな証券会社です。

小資金の方やIPO初心者の方は、基本的に「完全平等抽選」という抽選ルールを採用している証券会社でIPOを行うことをオススメします。

完全平等抽選とは、申込み株数(口数)に関係なく1人1票の抽選申込みとなる抽選方法です。例えば、1口(100株)10万円のIPOの場合、10万円(1口)分申し込もうが、1000万円(100口)分申し込もうが、1人1票の抽選となります。

楽天証券やIPOチャレンジポイントがあるSBI証券などの証券会社では、申込み口数が多ければ、その分抽選口数も多くなるためたくさんの口数を申込む人(資金力のある人)が当選しやすいルールとなっていますが、完全平等抽選を採用している証券会社では、資金力に関係なく当選のチャンスがあります。

IPOで完全平等抽選を行なっている証券会社は、以下のようなものがあります。完全平等抽選で、抽選時に入金をしなくて良い「岡三オンライン証券」がオススメです。

小資金の方は岡三オンライン証券がオススメ!

岡三オンライン証券のIPOは、完全平等抽選なうえ、抽選に参加する際に事前の入金が必要ないため、抽選参加のハードルがかなり低く、小資金の方・初心者の方にオススメです。

岡三オンライン証券【公式】

一般的な証券会社の場合、IPOの抽選に参加する場合、事前にその価格相当の入金が必要になりますが、岡三オンライン証券は、事前入金の必要がないため、資金を気にせず(または他の証券会社と併用して)IPO抽選に臨むことができます。

岡三オンライン証券IPOの抽選ルールの特徴。当選しやすくなる方法は?
岡三オンライン証券のIPOが初心者から上級者まで幅広くオススメな5つの理由岡三オンライン証券のIPOルール(事前入金無しで抽選可能・完全平等抽選など)、当選確率を10倍に上げるステージ制を徹底解説。また、IPOの申込み方法や入金締切日など実践面も図解付きで解説...

また、新興ネットであるため、比較的口座開設者が少なく、大手ネット証券と比べると競争率が比較的低くなる傾向にあります。そのため、私自身の口座開設を行い、IPOがある際は、岡三オンライン証券でも申し込みを行っています。

岡三オンライン証券の詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、3ヶ月手数料が実質無料になるほか、優待ガイドがもらえます。

取扱銘柄数・主幹事実績が少ない

楽天証券IPOのデメリットの2つ目として、取扱銘柄数の少なさがあります。

以下の表は、ネット証券のIPO取扱数をまとめた表です。上で紹介した岡三オンライン証券の他、SBI証券SMBC日興証券と比べると、圧倒的に取扱数が少ないことがわかります。

ネット証券のIPO取扱数実績

証券会社2018年
(5月末現在)
2017年2016年2015年2014年
SBI証券2586768265
SMBC日興証券2274728060
岡三オンライン証券172361010
野村證券438304449
マネックス証券1749465239
カブドットコム証券527201819
松井証券11411165
楽天証券078102
GMOクリック証券00112

取扱数が少ないため楽天証券は、IPO投資のメイン口座としてではなく、サブ的な役割として口座開設を行うと良いでしょう。

まとめ

楽天証券IPOの特徴は、ステージ制があり、資金力や楽天証券での取引実績がIPOの当選確率に反映される点です。そのため、資金力のある方や取引実績のある方にオススメです。

IPOの取扱数が少ないためメイン口座としては難しいですが、楽天証券でよく取引をされる方などは、利用してみる価値のある証券会社と言えます。

楽天証券公式ページ

楽天証券は、IPOの他にも、楽天ポイントで投資信託の購入ができたり、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

楽天証券の特徴

楽天証券公式ページ
  • 楽天ポイントで投資信託が買える
  • 全6カ国の外国株・海外ETFが取引可能
  • 日経新聞が無料で読める
  • マネーブリッジで普通預金金利が0.1%へ

楽天証券の口座開設費・維持費は無料なので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。今なら口座開設キャンペーンで最大25,000円相当の楽天ポイントがもらえます(6月30日まで)

楽天証券キャンペーン【公式】

また、楽天証券の特徴や評価・解説は、以下をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!
楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!楽天証券 は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO(新規公開株)、FX、確定拠出年金(iDeCo)など多様な金融商品を取り扱って...

私自身IPOは、SBI証券と岡三オンライン証券を中心に、SMBC日興証券やマネックス証券を使い分けています。もちろん、どうしも欲しいIPOがある場合は、松井証券・カブドットコム証券・楽天証券・GMOクリック証券なども総動員してIPOに臨んでいます。

本記事で紹介した証券会社の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、SBI証券で最大10万円の現金がもらえます(6月30日まで)

また、IPO投資向けの証券会社の選び方やオススメは、以下の記事をご参照ください。

IPO証券口座を選ぶポイントは?当たりやすいオススメ証券口座を解説!
IPO証券口座を選ぶポイントは?当たりやすいオススメ証券口座を解説!IPO投資では、証券会社選びが勝敗(当選確率)に直結します。これは、証券会社によってIPOの取扱数が大きく違ったり、証券会社によって条件...