日経新聞(日本経済新聞)を無料で読む方法!楽天証券を利用しておトクに情報収集

日経新聞(日本経済新聞)を無料で読む方法!楽天証券を利用しておトクに情報収集

日本経済新聞(日経新聞)は、社会人としても、投資家として、世の中の動きや情報収集のため、読んでおきたい新聞です。しかし、購読料は月々4,200円程度(電子版)かかります。無料登録もありますが、月々10記事までしか読めません。

本記事では、この日経新聞を無料で、読む方法を紹介します。具体的には、楽天証券の口座開設を行うことで、無料で読むことができます。楽天証券の口座開設費・維持費は、いずれも無料なので、ぜひ利用したいサービスです。

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大110,000円相当がもらえます(3月31日まで)。

楽天証券の詳細確認・無料口座開設

楽天証券で日経新聞を無料で読む!

日本経済新聞(日経新聞)は、社会人やビジネスパーソン、そして投資家の必須情報集種ツールです。日経新聞の中では、日々の社会・国際・政治・経済ニュースが、記者の方の鋭い洞察を交え、詳しく解説されています。

ぜひ定期購読したい日本経済新聞ですが、購読料が月々3,000円〜5,000円程度(プランによって変わる)かかります。十分費用を払うだけの価値があるものですが、実は無料で読む方法が存在します。それは、楽天証券の無料口座開設を行うことです。

以下、具体的な方法・手順を画像付きで、解説していきます。

楽天証券で日経新聞を無料で読む手順

以下、楽天証券で日経新聞を無料で読む手順を解説します。

流れとしては、楽天証券の口座開設(無料)後、ログインIDなどを入手後、マーケットスピードと呼ばれるソフトをインストールします。そのソフト上で楽天証券のIDでログインすることで、日経新聞や日経産業新聞、日経MJ、四季報などの情報を無料で見ることが可能となります。

ステップ1:楽天証券の口座開設を行う(無料)

まずは、楽天証券の口座開設が必要となります。口座をお持ちでない方は、以下から口座開設を行いましょう。今なら口座開設キャンペーンで最大110,000円相当がもらえます(3月31日まで)。

>>> 楽天証券の無料口座開設は、コチラから行えます。

ステップ2:マーケットスピードをインストール

次に、楽天証券の提供する「マーケットスピード」というソフトをインストールします。こちらもインストール料などは、無料です。私はMacやiOSユーザーですので、「マーケットスピード for Mac」をインストールしました。

AppStoreで「マーケットスピード」を検索すれば、以下の図のように、マーケットスピードを見つけることができます。「入手」をクリックし、インストールしましょう。

マーケットスピードのインストールマーケットスピードのインストール

ステップ3:楽天証券のIDでマーケットスピードにログイン

マーケットスピードのインストール後、マーケットスピードを開きます。すると、以下のような画面となります。左下に楽天証券口座のID、およびパスワードを入力し、ログインしてください。

楽天証券のIDで、マーケットスピードにログイン楽天証券のIDで、マーケットスピードにログイン

ステップ4:マーケットスピード上で日経新聞を読む

マーケットスピードにログインすると、以下のような画面へ移動します。まずは、左上の「ニュース」タブをクリックしてください。

日経新聞「ニュース」タブをクリック日経新聞「ニュース」タブをクリック

以下のような画面へと移動します。左の「日経テレコン21」をクリックし、承諾事項に同意することで、日経テレコン21が閲覧可能となります。日経テレコン21では、日経新聞だけでなく、日経産業新聞・日経MJなどが無料で見ることができます。他にも、四季報やフィスコなど投資ニュースも無料で見放題と、かなりお得です。

「日経テレコン21」をクリックし、承諾事項に同意する「日経テレコン21」をクリックし、承諾事項に同意する

承諾事項に同意後、以下のような画面となります。検索窓やジャンル別のニュースも見ることができます。お得かつ便利なニュース閲覧が可能となります。

日経テレコン21から各種新聞が無料で読める日経テレコン21から各種新聞が無料で読める

ちなみに、スマートフォン(スマホ)でも、以下のように、アプリ(AppStoreなどで「マーケットスピード」で検索)をインストールすることで、同様に日経新聞などが無料で読むことが可能です。

スマホでも日経新聞を無料で見れるスマホでも日経新聞を無料で見れる

このように、楽天証券の口座開設を行い、マーケットスピードをインストールすることで、日経新聞、日経新聞産業新聞、日経MJなどを無料(本来、月々1万円程度かかる)で読むことができます。四季報やフィスコの投資情報も無料で見れます。

楽天証券は、国内株式・投資信託・外国株式・ETF・確定拠出年金など多様な投資商品を取り扱っています。また、楽天銀行と合わせて口座開設(マネーブリッジ)することで、普通預金金利が0.1%になるなど、他にもおトクなサービスを行っています。

現在、おトクな口座開設キャンペーンも行っているので、口座をお持ちてで無い方、この機会に楽天証券の口座開設を行うと良いでしょう。

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大110,000円相当がもらえます(3月31日まで)。

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、楽天証券の特徴や評価・解説は、以下をご参照ください。

他ネット証券でもお得なキャンペーン情報は、以下からご覧ください。