PayPay証券キャンペーンコード

富士電機(6504)の株主優待はお得?1株から配当金・優待(カレンダー)が貰える!

富士電機(6504)の株主優待はお得?1株から配当金・優待(カレンダー)が貰える!

富士電機(証券コード:6504)の株主優待では、年1回(権利日:6月末)、オリジナルカレンダーが貰えます。

1株の保有から優待が進呈される「端株優待」なので、少額(約3,695円)で優待投資が可能な点が、人気の要因です。

サイト管理人

1株から優待(カレンダー)が貰えるので、初心者の方でも購入しやすいですね!

そこで、本記事では、富士電機の株主優待について詳しく解説していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスの解説、また口コミ・評判についても紹介して行きます。

目次

富士電機(6504)の株主優待

富士電機のビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

富士電機とは?企業紹介

富士電機は、車載向けのパワー半導体に強みがある東証1部上場企業です。

東証1部上場企業として「TOPIX」に組み込まれている他、日経平均株価や優良企業から構成される「JPX400」にも組み入れられています。

決算は、下期に偏重する傾向があるため、業績の進捗を見る際は注意が必要です。

優待内容:株主優待券

富士電機の株主優待は、自社のオリジナルカレンダーです。

このカレンダーが、なんと「100株」ではなく「1株」の保有から貰えます。

端株優待は、少額(富士電機の場合:約3,700円)で優待が貰えるため、投資初心者の方や小資金で投資を行う方にオススメです。

優待・株価データ
  • 優待時期:年1回(6月末)
  • 最低単位元:1株
  • 最低購入金額:3,700円
  • PER:13.08倍
  • PBR:1.50倍
  • 購入手数料:証券会社によって変わる
    SBIネオモバイル証券で実質10円で取引し放題

富士電機の他、6月の人気優待・端株優待は、以下をご参照ください。

端株優待【2021年】単元未満株で貰える株主優待のオススメは?

権利月と権利確定日、いつ届く?カレンダーの貰い方

富士電機の株主優待は、年1回(権利月:6月)貰えます。本優待が欲しい方は、6月の権利付き最終日までに株式を購入しましょう。2021年6月の権利付き最終日は「6月28日(月)」となっています。

カレンダーの貰い方・手順
  1. 8月中旬:第1四半期報告書等に同封の「はがき」から申し込む
  2. 11月下旬:カレンダー発送

また、優待(カレンダー)は、毎年8月中旬発送される「第1四半期報告書等に同封のはがき」から申込む必要があります。申込後は、11月下旬頃にカレンダーが発送されます。

権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

2021年(令和3年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】

優待・配当利回り

富士電機の配当金は、1株あたり80円(会社予想)です。配当利回りは2.16%となっており、配当利回りだけでもそれなりの水準となっています。

優待利回りは、カレンダーの値段がわからないため算出できませんが、1株の保有だけでも、配当金とカレンダーが貰えるため、お得感があります。

富士電機(6504)の株主優待・配当金【まとめ】

富士電機(6504)の株主優待は、単元未満(1株)から優待が贈呈される「端株優待」です。

3,000円台と超少額から優待品(カレンダー)が進呈されるため、小資金の方・投資初心者の方でも投資ハードルが低い点が特徴です。

JPX400に採用される銘柄で、配当金だけでも、それなりの利回りがある点も魅力的です。

株主優待・配当金【まとめ】
  • カレンダー(1株以上保有で)
  • 配当利回り:2.29%
  • 権利月は6月(年1回)
  • 単元未満株(端株優待)の取引は「ネオモバ」がオススメ!

富士電機の株主優待の口コミ・評判

富士電機の株主優待の口コミ・評判をピックアップして行きます。

サイト管理人

1株でも優待(カレンダー)が貰える点が人気の秘訣ですね!

最後に、株主優待や日本株を安く(無料)で購入する方法などを解説して行きます。

手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるので、手数料の安い証券会社を利用しましょう。

富士電機株を安く購入する方法|お得なオススメ証券会社は?

最後に、株主優待投資に必須の証券会社を「手数料の安さ」「優待の探しやすさ」「優待クロス(つなぎ売り)」の3つの観点から紹介して行きます。

【優待投資向け】証券会社の選び方・ポイント
  • 手数料の安さ
  • 優待の探しやすさ
  • 【上級者向け】優待クロス(つなぎ売り)が可能か?

参考:株主優待に必須・おすすめの証券会社【厳選3選+α】

特に、手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスや優待・配当利回りを悪化させるので、手数料の安い(無料)の証券会社を利用しましょう。

優待投資に必須の証券会社【用途別】

参考:株主優待に必須・おすすめの証券会社【厳選3選+α】

株主優待向けのおすすめ証券会社や比較ポイントは、以下の記事をご参考ください。

###関連記事

富士電機(6504)の株主優待はお得?1株から配当金・優待(カレンダー)が貰える!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる