楽天証券口座開設の手順・流れは?かかる日数や方法を画像付き解説

楽天証券口座開設の手順・流れは?かかる日数や方法を画像付き解説

楽天証券は、楽天ポイントでの投資信託の購入や手数料安さ等で人気の大手ネット証券です。そのため、口座開設も増えていますが、一方で口座開設の流れや手順、またどの程度の日数がかかるのか?などの質問も多数増えています。

そこで、本ページでは、楽天証券の口座開設の方法を、画像付きで、わかりやすく解説していきます。口座開設の流れや手順、ログイン方法など解説していきますので、口座開設を行う方は、ぜひご参考ください。

楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。今なら口座開設キャンペーンで、最大25,000円相当のポイントがもらえます。

>>> 楽天証券 公式ページ

口座開設の流れ・日数は?

はじめに、楽天証券の口座開設の流れを確認した後、それぞれの過程を画像を用いて詳しく説明して行きます。

楽天証券の口座開設の流れは、以下のようになっています。

口座開設の流れ・日数
  1. 口座開設申し込みページへ進む(→ 口座開設ページ【公式】
  2. URLから基本情報(住所・氏名など)を入力
  3. 本人確認書類(免許証・マイナンバー等)提出
  4. 口座開設完了
    → パスワードでログイン・取引へ

はじめに、口座開設の申し込みページに移動し、そのページで名前や住所などの基本情報を登録します。その後、マイナンバーや免許証など本人確認書類を提出することで、口座開設申し込みが完了します。

本人確認書類を郵送で送る場合、郵送の日数分、口座開設までに時間がかかりますが、スマホやPCで本人確認書類をアップロードすれば、数営業日で口座のログインIDとパスワードが送られてきます。

楽天証券 公式ページ

以下、それぞれの過程を画像付きで詳しく解説していきます。

口座開設の手順を画像付き解説

次に、楽天証券の口座開設方法を画像をまじえながら、順を追って、なるべく丁寧にわかりやすく解説していきます。

楽天証券の口座開設申込ページへ

はじめに、楽天証券の口座開設申込みページに移動します。以下のリンクから楽天証券の公式申し込みできるので、口座開設を行う方はクリック・タップをしてください。

>>> 口座開設申込み|楽天証券

楽天会員かどうか選ぶ

上記のリンクをクリックすると、下図のような画面となりますので、画面下の「楽天会員の方」または「楽天会員ではない方」のいずれかをクリックし、口座開設申込を開始します。

楽天会員かどうかを選ぶ楽天会員かどうかを選ぶ


楽天会員とそうで無い場合の違いは?

楽天会員の方を選んだ場合、申し込みで必要となる基本事項の一部(名前・住所)が自動で入力されます。つまり、楽天会員の場合は申し込みでの入力事項が若干減ります。

楽天会員の場合

上の画面で「楽天会員の方」を選んだ場合、以下の図のように、楽天会員のログイン画面が現れます。IDとパスワードを入力し「ログイン」しましょう。

楽天会員の場合:IDとパスワードを入力楽天会員の場合:IDとパスワードを入力

IDとパスワードでログインすると、以下のような楽天証券の申し込み画面へ移動します。楽天会員でログインすると、住所や氏名など登録されている情報が自動で入力されています。

必要事項の入力|楽天会員の場合自動で入力されている必要事項の入力|楽天会員の場合自動で入力されている

楽天会員の場合、このページにある19項目のうち、6項目が既に入力されているのでかなり楽です。ただし、自身の最新情報と違いがないか、確認してください。

楽天会員ではない場合

「楽天会員でない方」を前の画面で選んだ場合、下図のような楽天証券申し込みページへ移動しますので、住所や氏名などを入力してください。

楽天会員でなくても問題なく、楽天証券の口座開設が行えます。

必要事項の入力|楽天会員でなくても口座開設できる必要事項の入力|楽天会員でなくても口座開設できる

必要事項の入力

口座申し込み専用ページに移動したら、次に必要事項の入力を行います。以下の図のように、名前、氏名に続き、電話番号・メールアドレスの入力を、順々に行います。

住所の入力|楽天証券口座開設住所の入力|楽天証券口座開設

電話番号・メールアドレスの入力電話番号・メールアドレスの入力

納税方法(特定口座・一般口座)やNISA口座の選択

基本事項の入力の後は、納税方法を選びます。納税方法とは、証券口座の種類のことで、特定口座または一般口座を選びます。

特定口座の場合、源泉徴収あり・なしの2種類が選べますが、基本的には原則確定申告をしなくて良い「特定口座(源泉徴収あり)」がオススメです。

特定口座(源泉徴収あり)を選ぶ場合、以下の図のように、3つのうちの左端を選ぶようになっています。楽天証券の口座開設ページでも、特定口座(源泉徴収あり)がオススメされています。

納税方法を選ぶ。特定口座(源泉徴収あり)がオススメ納税方法を選ぶ。特定口座(源泉徴収あり)がオススメ

納税方法を選択し、下へ移動(スクロール)すると、NISA口座の選択画面になります。ここでは、一般のNISAかつみたてNISA、まは「口座開設を希望しない・あとで登録する」の3種類から選択可能です(下図参照)。

NISAの選択画面|NISA・つみたてNISA・保留から選ぶNISAの選択画面|NISA・つみたてNISA・保留から選ぶ

他の証券会社でNISA口座を開設している方、またNISA・つみたてNISAをどちらにするか迷っている方は「口座開設を希望しない・あとで登録する」を選べば良いでしょう。

ちなみに、私はSBI証券で通常NISAの口座を開設しています。

NISAとつみたてNISAの違いは、以下の記事をご参考ください

積立NISA(つみたてニーサ)とは?他との比較、メリット・デメリットは?
積立(つみたて)NISAとは?手数料や利回り、おすすめ商品・証券口座など徹底解説つみたてNISAとは、2018年1月から始まった新たな小額投資非課税制度(NISA)です。現行NISAの非課税期間が5年間であるのに対し...

楽天銀行やFXなどのオプションの選択

納税方法とNISA口座の選択が終わった後、申し込み画面の下方へ移動(スクロール)すると、以下の図のように、楽天銀行との同時口座開設をするかどうか?の選択画面へ行きます。

楽天銀行の同時口座開設の選択楽天銀行の同時口座開設の選択

結論から言うと、楽天銀行の同時口座開設がおすすめです。口座開設は無料ですし、楽天証券への入出金がスムーズに行えます。自動スイープ機能で、直接的に、楽天銀行から証券口座に入金せずに投資が行えます。

また、楽天証券と楽天銀行の連携(マネーブリッジ)で、普通預金金利を0.1%(大手銀行・メガバンクの100倍程度)にすることができるので、私自身、メインバンクとして楽天銀行を利用しています。

マネーブリッジ(楽天証券×楽天銀行)で普通預金金利の適用金利を0.1%(5倍)にする方法!
マネーブリッジ(楽天証券×楽天銀行)で普通預金金利の適用金利を0.1%(5倍)にする方法!楽天マネーブリッジは、楽天銀行と楽天証券を連携することで、普通預金金利を年率0.1%にすることができるサービスです。楽天銀行と楽天証券の...

楽天銀行の同時口座開設の選択の後は、楽天FXや楽天証券の信用取引口座の同時開設の選択画面になります(下図参照)。

FX口座・信用取引口座の同時口座開設を選ぶ画面FX口座・信用取引口座の同時口座開設を選ぶ画面

いずれもリスクが比較的高めになるため、初心者の方などは、同時に口座開設しなくても良いと思います。必要になったら、後日口座開設もできます。

ここまでで、全ての項目の入力が終わったと思います。全ての項目を入力したら「内容確認へ」をクリックし、入力事項の確認を行います。

「内容確認へ」をクリックすると、以下のような画面に移動します。枠内に前のページで入力した内容が写っていますので、確認してください。/p>

入力事項の確認|楽天証券の口座開設入力事項の確認|楽天証券の口座開設

全ての内容が確認し終わったら、ページ下部にある「内容を確定する」をクリックしてください。これで、必要事項の入力が終わります。

確認が終わったら内容を確定する|楽天証券確認が終わったら内容を確定する|楽天証券

入力内容を確定すると、最後に同意事項への確認画面が出てきます。規約の確認を行い、同意事項にチェックマークを入れて、本人確認書類の提出画面へ行きましょう。

規約の確認|楽天証券の口座開設規約の確認|楽天証券の口座開設

規約を確認しないと、同意事項のチェックや「同意して次へ」をクリックできない点にご注意ください。規約書を確認すると、以下の図のように、右上が「未閲覧」から「閲覧済」に変わります。

規約に同意して次へ進む|楽天証券口座開設規約に同意して次へ進む|楽天証券口座開設

ここまでで、入力事項・同意事項の確認は終了です。次に、免許証やマイなんだーなど本人確認ができるものをウェブでアップロードするか、郵送で送れば口座開設申し込みが完了します。

本人確認書類(免許・マイナンバー)のアップロード

先ほどの画面で「同意して次へ」をクリックすると、以下の図のように、本人確認書類の提出画面へ移動します。この画面で、パソコン・スマホ・郵送の3種類の提出方法の中から一つを選びます。

口座開設の日数を早くしたい場合には、パソコンかスマホでのアップロードがオススメになります。スマホなどで免許やマイナンバー通知カードの写真を撮り、画像ファイルをアップロードすれば、提出が完了します。

また「後でアップロードする」も選べるので、お手元に免許や通知カードなどがない場合は、後日アップロードできます。

本人確認書類の提出方法を選ぶ本人確認書類の提出方法を選ぶ

ここまで解説してきたように、必要事項の入力と本人確認書類の提出で、楽天証券の口座申し込みが完成します。入力事項に不備がなければ、最短で数営業日で、IDやパスワードが届くので、楽しみにお待ちください。

また、楽天証券では、口座開設キャンペーンで最大25,000円相当のポイントがもらえるので、口座開設を考えている方は、この機会に口座開設をすると良いでしょう。

楽天証券 キャンペーン公式

口座開設キャンペーンで25,000円相当のポイントがもらえる

楽天証券の口座開設キャンペーンでは、以下のようにNISA口座の開設や楽ラップの取引などで、抽選や取引額に応じて最大25,000円相当のポイントがもらえます。

口座開設キャンペーンの特典

楽ラップのデビューの場合は、積立額に応じて確実にポイントがもらえるので、楽ラップを始めようと考えている方には、お得なキャンペーンとなっています。

楽天証券 キャンペーン公式

本サイトでの口座開設キャンペーンの詳細・解説は、以下をご参考ください。

楽天証券の口座開設キャンペーン
楽天証券口座開設キャンペーン【2019年1月】最大102,000ポイントや現金がもらえる楽天証券口座開設キャンペーンは、証券口座や銀行、NISA口座の開設、また楽ラップや国内株式、投資信託の取引などで、最大102,000円ポ...

楽天証券口座開設のメリットは?

最後に、楽天証券の魅力を解説して行きます。楽天証券の口座開設で悩んでいる方は、ご参考ください。

楽天証券は、SBI証券マネックス証券カブドットコム証券等と並ぶ大手ネット証券です。国内株式・ETF、海外株式・ETF、インデックスファンドなどの投資信託など、一般の方が扱う金融商品が全て購入できる、楽天グループの証券会社です。

楽天証券の主な特徴・メリットを上げると、以下のようなものがあり、低コストで多数の金融取引ができるだけでなく、東南アジアの株式など外国株・海外ETFなどに強みを持っています。

また、他楽天サービスと提携することでお得なポイント還元などが受けられるため、楽天ユーザーや個人投資家に人気があります。

楽天証券の特徴・メリット
  • ほぼ全ての投資商品が取引可能
  • 手数料無料の投資信託を最低1,000円から積立可能
  • 外国株・海外ETFの取引ができる
  • ステージ制採用のIPO抽選ルール
  • 楽天銀行との連携(マネーブリッジ)で普通預金が0.1%へ
  • 日経新聞が無料で読める

楽天証券 公式ページ

楽天証券の特徴や評価・解説は、以下をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!
楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!楽天証券 は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO(新規公開株)、FX、確定拠出年金(iDeCo)など多様な金融商品を取り扱って...