楽天証券手数料コースのオススメは?他証券との比較や手数料の特徴を解説

楽天証券の手数料コースの特徴と他ネット証券との比較(NISA・信用・オススメなど)

楽天証券の手数料コースは、業界最安水準の安さと楽天ポイントの還元などのサービスで、楽天ユーザーだけでなく幅広い投資家に人気を集めています。

しかし、楽天証券の手数料コースは、全部で3種類あり、どのコースを選んで良いか?迷ってしまいます。

そこで、本記事では、楽天証券の手数料コース(料金体系)の違いやどのコースがオススメか?を様々なケース分けて解説します。また、他の手数料の安いネット証券と比較し、楽天証券が良いのか?はたまた違う証券会社が良いのか?比較・解説していきます。

楽天証券のどの手数料コースを選べば良いかわからない方、またどのネット証券が安いか知りたい方は、ご覧ください。

楽天証券 公式ページ

楽天証券の手数料コース(料金体系の特徴)

はじめに、楽天証券の株式売買手数料の特徴を解説していきます。3種類の手数料コースとその料金プラン、またNISA口座での特別な料金体系などを解説して行きます。。

3種類の手数料コース

楽天証券の株式売買手数料は、「いちにち定額コース」「超割コース」「ワンショットコース」の3つの手数料体系(コース)に分かれており、それぞれ以下のような特徴があります。

コース特徴
いちにち定額コース1日の取引金額合計で手数料が決まる
*1日10万円まで手数料無料
超割コース1回の取引金額に応じて手数料が決まる
ワンショットコース1回の取引金額に応じて手数料が決まる

オススメは「いちにち定額コース」です。1日に何度も取引を行うデイトレーダーの方などにオススメの料金体系と思われがちですが、1日の取引金額が10万円以下の場合、手数料無料になるので、少額投資を行う方など多くの方にオススメです。

「超割コース」と「ワンショットコース」が1回の取引毎に手数料が決定されるコースで、それなりの資金を一括で取引する方など、人によってはこちらの料金コースがお得な場合があります。

以下、それぞのれ料金コースについて詳しく解説していきます。

いちにち定額コース

いちにち定額コースは、読んで字のごとく、1日の取引額の合計で手数料が決定するコースで、下表のような料金プランになっています。

取引金額
(1日の合計)
手数料(税込)
~10万円0円(無料)
~50万円463円
~100万円926円
~200万円2,160円
~300万円3,240円
以降100万円増える毎に+1,000円追加

楽天証券公式ページ

1日の取引額が数百万円になっても、手数料は数千円程度で収まります。一日に何度も取引を行うデイトレーダーの方などにオススメの料金コースと言えます。

また、2017年の手数料改定により、1日の取引額が10万円以下になる場合、取引手数料が無料になるので、少額投資を行う方にもオススメです。

ただし、岡三オンライン証券の場合、1日の取引額が20万円まで取引手数料無料なので、定額コースの場合、岡三オンライン証券がオススメです。

岡三オンライン証券【公式】

また、岡三オンライン証券の手数料の詳細は、以下の記事をご参考ください。

岡三オンライン証券の手数料は安い?現物・信用取引、定額プラン等を比較
岡三オンライン証券の手数料を比較!20万円以下の無料枠は超おすすめ!岡三オンライン証券は、2017年の手数料改定で、1日最大40万円の取引まで手数料無料を発表して以降、急速に人気・注目を集めている証券会社...

超割コース

超割コースは、1回の約定金額によって手数料が決まる料金体系です。株式手数料の1%がポイント還元されるお得な料金プランです。また、取引実績や預け入れ額が条件をクリアすれば「大口優待」を受けることができます。

超割コースでの手数料は、以下のようになっています。株式の取引金額(約定代金)によって手数料が変わります。また、手数料分の1%(大口優待は2%)が楽天ポイントとして還元されます。

超割コースの料金体系(現物):

取引金額超割コース
(税込)
超割コース
(大口優待:税込)
~10万円97円0円
~20万円113円108円
~50万円270円257円
~100万円525円460円
~150万円628円549円
~3000万円994円870円
3000万円超1,050円919円

楽天証券公式ページ

超割コースの料金体系(信用):

取引金額超割コース超割コース
(大口優待)
~30万円取引金額にかかわらず
360円
取引金額にかかわらず
0円
30万円超

楽天証券公式ページ

大口優待達成条件:

種類項目条件
日時判定信用取引の新規建約定金額の
合計金額
5,000万円以上
今月の信用取引の新規建約定金額の合計金額5億円以上
15:00時点での信用建玉残高の合計5,000万円以上
月次判定貸株の平均残高5,000万円以上
投資信託の平均残高5,000万円以上

楽天証券公式ページ

以上のような料金体系となっており、達成条件が厳しいですが大口優待の条件を満たした場合、かなりおトクな料金コースとなっていることがわかります。大口優待を達成しなくても十分おトクな料金プランとなっています。

楽天証券 公式ページ

ワンショットコース

ワンショットコースも超割コース同様、1回の取引額に応じて手数料が決定する料金コースです。下表は、ワンショットコースと超割コースの手数料の比較です。

現物取引の手数料(税抜)

取引金額ワンショットコース超割コース超割コース
(大口優待)
~10万円139円139円90円
~20万円185円185円180円
~50万円341円272円238円
~100万円609円487円426円
~150万円728円582円509円
~3000万円1,152円921円806円
3000万円超1,217円973円851円

楽天証券公式ページ

信用取引の手数料(税抜)

取引金額ワンショットコース超割コース超割コース
(大口優待)
~30万円250円取引金額にかかわらず
360円
取引金額にかかわらず
0円
30万円超450円

楽天証券公式ページ

超割コースで大口優待条件を達成すると、かなり安い手数料で取引が行えます。大口優待条件を達成しない場合、信用取引を行なわない方は無条件で超割コース、信用取引をする方は一回の取引が30万円未満の場合、ワンショットコースがオススメです。

超割・ワンショットコースの比較
  • 大口条件を達成できる場合:超割コースがおトク!
  • 大口条件を達成しない場合:信用取引しないなら超割コースがおトク
  • 大口条件を達成しない場合:信用取引する(取引が30万円以上)超割コースがおトク
  • 大口条件を達成しない場合:信用取引する(30万円未満)ワンショットコースがおトク

以上のように、一回の取引額で手数料が決定される料金コースが良い場合(中長期投資家など)、ほとんどの場合で「超割コース」がおトクになります。

手数料はポイント還元

楽天証券の手数料コースで、超割コースを選んだ場合、手数料の1%がポイント還元されます。大口優待条件をクリアした場合は、2倍の2%がもらえることになります。

また、このポイント還元は、国内株式の売買手数料だけでなく、海外株式や投資信託の手数料などにも適用されます。

楽天証券の投資信託の詳細は、以下をご参照ください。

楽天証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(積立、ポイント還元、NISAなど)
楽天証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(積立、ポイント還元、NISAなど)楽天証券は、業界トップクラスの投資信託の品揃えを誇る証券会社です。お得なポイント還元や最低1,000円から毎月自動積立ができるなど、おト...

NISA口座なら国内株式の売買手数料が無料

以上のような料金体系の楽天証券ですが、NISA口座での国内株式売買の手数料は無料です!海外ETFの買付手数料も無料になるなど、NISA口座の手数料は、かなりおトクになっています。

現在、楽天証券では、NISA・つみたてNISA口座の開設や取引で、最大5,000円相当のポイントがもらえるので(6/30まで)、この機会に口座開設をすると良いでしょう。

楽天証券 口座開設(無料)

楽天証券の口座開設キャンペーンについては、以下をご参照ください。

楽天証券の口座開設キャンペーン
楽天証券口座開設キャンペーン【2019年3月】最大10万円の現金&12万ポイントがもらえる楽天証券口座開設キャンペーンは、証券口座や銀行、NISA口座の開設、また国内株式、FXの取引などで、最大122,000ポイントや10万円...

他証券会社との比較

次に、他ネット証券と楽天証券の手数料を比較していきます。

主要ネット証券の中では割安水準

下表は、楽天証券と主要ネット証券の売買手数料(税抜)を約定代金別に比較した表です。

証券会社 \ 約定代金〜20万円〜50万円〜100万円
SBI証券185円272円487円
マネックス証券180円450円1500円
楽天証券185円341円609円
カブドットコム証券180円250円990円
松井証券300円
(*無料)
500円1000円

*1日の約定代金の合計が10万円以下の場合、松井証券は手数料無料。

楽天証券の売買手数料は、どの価格帯をとっても割安水準となっています。ただし、SBI証券やカブドットコム証券と比べると、若干高めの料金となっています。ちなみに、SBI証券の株式売買手数料もポイント還元サービスがあります。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(6月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券の株式売買手数料の詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券の株式売買手数料(NISAは無料)と他ネット証券との比較
SBI証券の株式売買手数料(NISAは無料)と他ネット証券との比較 株式の売買手数料は、投資家への確実なマイナスリターンとなるため、できるだけ手数料が安い証券会社で株式の売買を行うことが重...

新興ネット証券と比べると若干割高

ただし、下表のように、GMOクリック証券むさし証券(トレジャーネット)ライブスター証券(新興ネット証券)と比べた場合、手数料が若干割高になります。この点がデメリットと言えばデメリットいえるかもしれません。

実際、私もNISA口座やPTSでの購入はSBI証券を利用していますが、その他の株式はGMOクリック証券で売買しています。

新興ネット証券との手数料比較

証券会社 \ 約定代金~20万円~50万円~100万円
楽天証券185円341円609円
むさし証券トレジャーネット95円175円320円
GMOクリック証券98円241円436円
ライブスター証券97円180円340円

ちなみに、GMOクリック証券では、GMOインターネット(9449)GMOクリックHD(7177)などGMO系列の銘柄を保有していれば、株主優待により、株式売買手数料が無料となるので、かなりおトクです。

GMOクリック証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラをご覧ください。

参考 GMOクリック証券で売買手数料を無料にする方法は、以下をご参照ください。

株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法・手順
株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法・手順GMOクリック証券には、株主優待を利用して株式売買手数料を無料にする方法があります。GMOインターネットやGMOクリックホールディングス...

海外株式・ETFも若干割高

楽天証券では国内株式だけでなく、アメリカ(米国)や中国などに上場する株式およびETFを売買できます。これは、ネット証券では、楽天証券SBI証券マネックス証券のみです。

下表は、米国株式・ETFの取引手数料を比較した表です。海外株式の取引には「売買手数料」と「為替手数料(日本円をドルに両替する手数料など)」の2種類のコストがかかりますが、いずれの手数料もSBI証券が最安となっています。

証券会社売買手数料為替手数料
(1ドル両替あたり)
SBI証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
住信SBIネット銀行で0.04円
マネックス証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
楽天証券25ドル0.25円

売買手数料は、SBI証券とマネックス証券が同水準の安さですが、為替手数料はSBI証券の方が安いことがわかります。そのため、取引にかかるトータルコスト(売買手数料+為替手数料)は、SBI証券が最も安くなります。

参考 SBI証券の海外株式・ETF取引の詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券で海外ETF・株式を売買するメリット・デメリット
SBI証券で海外(米国・中国)ETFや外国株を売買するメリット・デメリット。手数料や特定口座、NISA口座の扱いなど解説 SBI証券は、ネット証券ナンバー1の外国株式・ETFの取扱量と、業界最安の売買手数料で、海外株式市場への投資を目的とした...

また、NISA口座で海外ETFを購入する場合、買付手数料が無料になるので、NISAを利用して海外ETFを購入する場合、さらにお得になります。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

ちなみに、為替手数料の安くなる住信SBIネット銀行は、SBI証券の口座開設と同時に口座開設ができます。もちろん口座開設費・維持費ともに無料です。

参考 SBI証券と住信SBIネット銀行の同時開設の方法は、以下をご参照ください。

SBI証券と住信SBIネット銀行の同時口座開設の方法
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設する方法SBI証券・住信SBIネット銀行は、いずれもトップクラスの人気を誇る金融機関です。二つの金融機関を連携して利用することで、便利かつ超低コ...

まとめ

ここまで紹介してきたように、楽天証券の株式売買手数料は割安な水準となっています。特に、超割コースで大口優待の条件を達成できる場合、かなりおトクな料金プランとなります。

また、手数料に対してポイント還元があり、さらにNISA口座での取引が無料になるなど、かなりおトクな特典もあります。ただし、大口優待条件を達成できない場合は、GMOクリック証券またはSBI証券を利用する方が、お得に株式やETFを売買することができます。

参考 SBI証券やGMOクリック証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今ならSBI証券の口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(6月30日まで)。

私自信は、楽天証券は、マーケットスピードを利用した情報収集を主として利用しています。マーケットスピードはリアルタイムで株式の売買や注文が見れる他、日経新聞などを無料で読むことができるので、大変便利です。

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

楽天証券は、お得なポイント還元で投資信託が保有できたり、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、ステージ制IPO、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

楽天証券の特徴

楽天証券公式ページ
  • 楽天ポイントで投資信託が買える
  • 全6カ国の外国株・海外ETFが取引可能
  • 日経新聞が無料で読める
  • マネーブリッジで普通預金金利が0.1%へ

口座開設費・維持費は無料なので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。

楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大11万円相当の楽天ポイントがもらえます(3月31日まで)

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、楽天証券の特徴や評価・解説は、以下をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!
楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!楽天証券 は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO(新規公開株)、FX、確定拠出年金(iDeCo)など多様な金融商品を取り扱って...

参考 本記事で紹介した証券会社の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、SBI証券で最大10万円、楽天証券で最大110,000円相当のポイントがもらえます(3月31日まで)。