米国株

iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)とは?配当金(分配金)利回りなど解説

iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)は、主にアメリカの株式市場への投資を目的としたETFです。経費率(信託報酬)0.47%で、普通株よりも配当金が多くもらえる優先株に分散投資が行える点が特徴です。

本ページでは、iシェアーズ米国優先株式ETF(ティッカー:PFF)の特徴や構成銘柄、手数料、他ETFとの比較、さらに取引手数料がお得な証券会社などについても解説していきます。

知らないと損!

VWOなどの米国ETFの取引は手数料が安い「SBI証券」がオススメです!
詳細は、以下をご参照ください。

米国株・ETFのおすすめ証券会社|手数料・選び方を比較

iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)とは?

iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)は、米国などの優先株への投資を目的としたETFです。S&P米国優先株式インデックスをベンチマークしており、ウェルズファーゴ等の優先株から構成されています。

優先株とは、剰余金の配当などを優先的に受けられる株式です。議決権が無い代わりに、普通株よりも配当金が高い傾向にあります。

以下、iシェアーズ米国優先株式ETFの手数料や構成銘柄、分配金、また他の米国ETFの比較・評価などを見ていきます。(以下のデータはBlackLockを参照)

コスト:信託報酬(経費率)・売買手数料

本ETFの保有中にかかる手数料(経費率・信託報酬)は年率0.47%です。バンガード・S&P500ETF(経費率:0.05%)やiシェアーズS&P500ETF(IVV)等と比べると若干高めです。

iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)の手数料

項目 手数料が発生する
タイミング
手数料(税抜)
売買手数料 ETF売買時 米国株式同様の手数料
SBI証券等ではNISA口座での買付手数料が無料
信託報酬 ETF保有時 年率0.47%

本ETFの取引には「株式売買手数料」と日本円を米ドルへ両替する際の「為替手数料」の2種類の手数料がかかります。各手数料は、証券会社によって違いますが、後述するように、売買手数料と為替手数料を合わせたトータルコストは、最安手数料となっています。

また、SBI証券ではNISA口座で海外ETFを取引する場合、株式の買付手数料が無料になります。手数料が高くなりがちな米国ETFですが、SBI証券のNISA口座を利用することで、積立などで、こまめに購入しても手数料が抑えられます。

構成銘柄(米国株)の比率は?

次に、本ETFにどのような銘柄が組み込まれているか見ていきます。本ETFは「S&P米国優先株式インデックス」をベンチマークとしており、約300銘柄から構成されています。構成銘柄の上位10銘柄の構成比率は、以下のようになっています。

構成銘柄比率

銘柄 構成比 業種(セクター)
ウェルズ・ファーゴ・シリーズL 2.91% 金融
HSBCホールディングス 2.41% 金融
アラガン 2.33% ヘルスケア
バークレイズ 1.66% 金融
GMACキャピタル・トラスト 1.61% 金融
HSBCホールディングス 1.42% 金融
BLK CSH FND TREASURY 1.39% キャッシュ等
シティグループ 1.38% 金融
ウェルズ・ファーゴ 1.33% 金融
ティーモバイル US 1.28% 電気通信

ウェルズファーゴやHSBCホールディングスなど金融関連の企業が多い点が特徴です。

分配金(配当金)利回り・パフォーマンス

本ETFの決算は年12回(毎月)です。過去1年の分配金は、下表のように推移しています。直近の分配金は、1口あたり約0.185ドルとなっており、利回りは5.80%と、かなりの高水準です。

分配金の推移

決算月 分配金[米ドル]
(1口あたり)
2017年5月 0.19
2017年4月 0.19
2017年3月 0.19
2017年2月 0.19
2017年12月 0.20
2016年12月 0.18
2016年11月 0.18
2016年10月 0.17

本ETFの他、米国の人気ETFは、以下をご参照ください。

米国ETFの人気ランキング|米国株の配当利回りランキング

米国株の配当利回りランキング【2019年4月】連続増配で財務安定の高配当銘柄を解説
米国株の配当利回りランキング【2020年】連続増配で財務安定の高配当銘柄を解説 米国株投資の魅力の一つが高い配当利回りです。日本株には無いような高配当株が多く存在します。 しかし、高配当株だからと言って...

米国株ETFの比較・評価

本ETFは、米国ETFとしては手数料が若干高めなものの、高水準の利回りが期待できるETFです。高利回りの投資商品としては、REITなどが有名ですが、個人的には優先株が投資対象となる本ETFに注目しています。

基本的には、ETFの値上がり益ではなく、配当金(インカム収入)目的の銘柄となるので、中長期目的の投資商品という印象です。

ただし、投資対象を最も広げたい、組み入れ銘柄や業種を多くして米国へ投資したという方は、下表にあげるようなETFが選択肢となります。バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)バンガード・S&P500ETF(VOO)は、経費率0.05%と超低コストで米国の株式市場に投資が行えます。

銘柄名(コード・ティッカー) 信託報酬
(経費率)
ベンチマーク 種類
バンガード・S&P500ETF(VOO) 0.03% S&P500 米国ETF
バンガード・トータル・ストック・
マーケットETF(VTI)
0.03% CRSP USトータル・
マーケット・インデックス
米国ETF
iシェアーズS&P500ETF(IVV) 0.04% S&P500 米国ETF
SPDR S&P500 ETF(1557) 0.095% S&P500 国内ETF
UBS ETF米国株(1393) 0.14% MSCI米国インデックス 国内ETF
Simple-X NYダウ・ジョーンズ・
インデックス上場投信(1679)
0.15% NYダウ 国内ETF
上場インデックスファンド米国株式
(1547)
0.16% S&P500 国内ETF

米国株が投資対象のETFの比較・詳細は、以下をご参照ください。

米国(アメリカ)株が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説
米国・アメリカ株が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説世界経済(世界の株式市場)を牽引する、米国経済(米国株式市場)への投資を目的とした投資商品には、たくさんのETFやインデックスファンド等...

分散性を高めたい場合

本ETFの投資対象は、主に米国株式市場ですが、米国だけでなくヨーロッパや太平洋地域の株式に広く分散投資を行いたい方は、バンガードFTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)が注目です。信託報酬0.09%で米国を除く先進国20カ国以上に投資ができるので、本ETFと組み合わせることで先進国に低コストで分散投資が行えます。

だたし、ニッセイ外国株式インデックスファンドeMAXIS Slim先進国株式インデックスなどのインデックスファンドも、信託報酬0.2%台で米国を含む20カ国以上の先進国株式市場へ分散投資が行えるので、利便性を高めたい方は、これらが良いかもしれません。

また、円高・円安など為替変動リスクを抑えたい方は、たわらノーロード先進国株式(為替ヘッジあり)も選択肢の1つになります。

先進国株式市場を投資対象としてファンドの比較・一覧は、以下をご参照ください。

先進国株式が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説
先進国株式が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説世界経済を牽引するアメリカやヨーロッパなどの先進国株式市場への投資を目的とした投資商品には、たくさんのETFやインデックスファンドがあり...

まとめ・評価

本ETFのデータをまとめると、以下のようになっています。年率0.47%の手数料で、配当利回りが高い傾向にある優先株(約300銘柄)に投資を行うことができます。2018年5月末現在、5%を超える(5.8%)利回りとなっています。

iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)のデータ・まとめ
  • ベンチマーク:S&P米国優先株式インデックス
  • 取引手数料:SBI証券のトータルコストが最安(NISAなら買付手数料無料)
  • 信託報酬(税抜):年率0.47%
  • 決算:年12回(毎月)
  • 償還日:無期限(設定日:007/03/26)

[jin-yhaku20]

おすすめ購入先は?SBI証券?マネックス証券?

バンガードETFなど米国ETFがお得に購入できる証券会社を解説していきます。

SBI証券が手数料最安

バンガードETFなどの米国ETFは、手数料の安いネット証券で取引を行うのが良いでしょう。ネット証券では、SBI証券楽天証券マネックス証券の3社で米国ETFの取引が行えます。3社で最も手数料が安いのがSBI証券です。

米国ETFを取引する場合、ETFの売買時に係る手数料「売買手数料」、また日本円を米ドルに両替するための「為替手数料」の2種類の手数料(コスト)がかかります。米国ETFは米ドルで売買しなくてはいけないので、売買手数料の他に為替手数料がかかります。

米国ETFの取引にかかる手数料:

  • 売買手数料:米国ETFを売買する際にかかる手数料
  • 為替手数料:日本円を米ドルに両替する手数料

以下の表は、米国ETFの取り扱いを行っているネット証券の売買手数料・為替手数料を比較したものです。売買手数料は、SBI証券とマネックス証券が同水準の安さですが、為替手数料はSBI証券の方が安いことがわかります。そのため、取引にかかるトータルコスト(売買手数料+為替手数料)は、SBI証券が最も安くなります。

証券会社 売買手数料 為替手数料
(1ドル両替あたり)
DMM.com証券 無料(0円) 0.25円
SBI証券 約定額の0.45%
・最低0ドル
・最大20ドル
マネックス証券
楽天証券

為替手数料が安くなる住信SBIネット銀行は、SBI証券の口座開設時に、カンタンに同時口座開設ができます。サービスも連携していて使いやすくなっています。また、SBI証券のNISA口座であれば、買付手数料が無料になる点も大きなメリットです。

NISAなら積立でも買付手数料無料

海外ETFは、手数料がインデックスファンドや国内ETFと比べて割高であるため、小額積立はもったいないと思うかもしれません。実際、私もそう考えていました。しかし、NISA口座を利用すれば手数料無料で買付・積立ができるようになりました。

SBI証券・楽天証券・マネックス証券のどのNISA口座でも海外ETFの買付手数料が無料になります。そのため、小額積立を行いたい方は、これらのネット証券を選ぶと良いでしょう。

私自身は、元々の手数料が安く済むSBI証券を利用しています。NISA枠(年間120万円の上限)をはみ出たとしても割安な手数料でバンガードなどの米国ETFが購入できます。

[ji-yohaku20]

SBI証券は、海外ETFだけでなく、投資信託や米国株の品揃えが良く、コストも業界最安水準です。また、投信マイレージIPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2020年オリコン:ネット証券部門で第1位(5年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

本サイトでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です