岡三オンライン証券のIPOルール・抽選方法の特徴、メリット・デメリットを解説

岡三オンライン証券のIPOルール・抽選方法の特徴、メリット・デメリットを解説

岡三オンライン証券のIPO抽選ルールの特徴は、以下の3点です。100%完全平等抽選なうえ、入金なしでIPOの抽選に参加できるため、初心者の方や小資金でIPOに当選したい方に、かなりオススメの証券会社の筆頭です。

IPOの抽選ルールの要点
  • 完全平等抽選を採用
  • 入金無しで抽選に参加できる
  • ステージ制で当選確率が最大10倍

そこで、本記事では、以上3つの特徴を中心に、岡三オンライン証券のIPO抽選について詳しく解説していきます。他の証券会社には無い、独自のルールを理解し、IPOの当選確率を上げていきましょう。

岡三オンライン公式ページ

岡三オンライン証券IPOの抽選ルールの特徴

さっそく、岡三オンライン証券のIPO抽選ルールについて解説していきます。

冒頭でも述べたように、岡三オンライン証券のIPO抽選ルールの特徴は、以下の3点です。特に、IPO抽選時に口座への入金が必要ではないため、小資金の方や初心者の方が、口座開設をしておきたい証券会社の筆頭と言えます。

IPOルールの特徴
  • 完全平等抽選
  • 入金無しで抽選に参加できる
  • ステージ制で当選確率が最大10倍

以下、それぞれの特徴について、詳しく見ていきます。

完全平等抽選なので初心者・小資金の方にもチャンス

特徴の1点目は、完全平等抽選を実施している点です。

完全平等抽選とは、IPOの申込み株数・口数に関係なく、1人1口の抽選申込みとなる抽選方式です。

例えば、1口(100株)あたり10万円のIPOの場合、10万円(1口)分申し込む人も、1,000万円(100口)分申し込む人も、どちらも平等に1人1口の抽選となります。

野村証券やSBI証券など、一般的な証券会社では、申込み口数が多ければ、その分、抽選口数も多くなります。上の例の場合、1,000万円分申し込んだ人は、100口分抽選できるので、10万円(1口)分申し込んだ人よりも、100倍当選しやすくなります。

そのため、投資資金が豊富にあり、たくさんの口数を申込む人が当選しやすいルールとなっていますが、岡三オンライン証券の採用する完全平等抽選では、資金力に関係なく、平等に当選のチャンスがあります。

岡三オンライン証券公式ページ

入金なしで抽選に参加できる

岡三オンライン証券IPOの最大の特徴・魅力が、入金無しでIPO抽選に参加できる(前受金が不要)点です。

通常の証券会社の場合、IPOの抽選に参加するため、その証券口座に申込み株数(口数)に応じた金額を入れておく必要があります。つまり、IPOに当選しようが落選しようが、抽選に参加するために、事前にまとまった資金が必要になります。

それに比べて、岡三オンライン証券は、当選が決まってからIPO株を購入するための資金を入金すれば良いので、口座にお金が入っていない場合でも、とりあえずIPOの抽選申し込みが行えます。

他の証券会社では、口座にお金が入ってない方は、IPOの申し込みすらできないので(門前払いなので)、岡三オンライン証券の入気無しで抽選に参加できる制度は、かなり美味しく、初心者の方や資金力がない方に優しい制度と言えます。

岡三オンライン証券公式ページ

ここまで解説してきたように、岡三オンライン証券のIPO抽選では、完全平等抽選がある上に、入金無しで抽選に参加できるため、IPO投資をはじめたばかりの方、まさに始めようと考えている方などに、オススメできる証券会社です。

小資金の方でも、投資資金を他の証券会社に入金し、そちらでIPO抽選を受けつつ、入金無しで岡三オンライン証券でも、同時並行的にIPO抽選に参加できます。

IPOは、多くの証券口座で抽選に参加することで、当選チャンスが広がるので、入金無しでIPO抽選に参加できる岡三オンライン証券は、大変貴重な存在です。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら、口座開設キャンペーンで最大3ヶ月手数料が実質無料になります。

>>> 岡三オンライン証券公式ページ

ステージ制で当選確率が10倍以上に上がる

次に、岡三オンライン証券IPOの大きな特徴の一つである「ステージ制」について解説していきます。ステージ制を攻略することで、当選確率が最大10倍にもなる場合もあるので、しっかり理解していきましょう。

ステージ制とは?

ステージ制とは、岡三オンライン証券での投資信託の保有額が多い方や取引実績がある方が、通常よりも多くの抽選に参加できる制度です。

ステージは、ステージB・ステージA・ステージSの3つに分けられており、ステージAの方は2回、ステージSの方は3回抽選に参加できます。通常より多くの抽選に参加できるため、相対的に当選確率がアップすることになります。

各ステージの達成条件は、下表にまとめたようになっており、投資信託の保有額や国内株式(現物・信用取引)の取引の状況によって、ステージが変わります。

ステージ抽選回数条件
ステージS3回以下のいずれかの条件を満たした場合

  • 期間中の手数料合計が100万円以上
  • 日本株累計売買金額が5億円以上 または 投資信託の平均残高が1,000万円以上
ステージA2回期間中の手数料(合計)が10万円以上〜100万円未満
ステージB
(通常時)
1回期間中の手数料(合計)が10万円未満

基本的に、判定期間(3ヶ月)の手数料の平均によって、ステージが変動します。ただし、ステージSに関しては、手数料の条件を満たさなくても、投資信託の保有額が1,000万円以上あれば、ステージSでIPO抽選に参加できます。

岡三オンライン証券公式ページ

岡三オンライン証券IPOステージ制の詳細や攻略法は、以下の記事をご参考ください。

岡三オンライン証券IPOのステージ制とは?当選確率が劇的に上がる3つの方法
岡三オンライン証券IPOのステージ制とは?当選確率が劇的に上がる3つの方法岡三オンライン証券は、事前入金無しでIPO抽選に参加できる貴重な証券口座として、初心者の方や小資金の方に人気の証券会社です。実際、本サイ...

投資信託の保有が最高ステージSの近道!?

デイトレーダーの方などは、手数料や国内株の売買金額などで、ステージSの達成が可能かもしれませんが、投資初心者の方やデイトレードができないビジネスパーソン方などは、投資信託の保有額でステージ条件を狙うと良いかもしれません。

保有額が1,000万円以上と高額ですが、毎月の積立などで着実に資産を形成して行くことで、ステージSに近くことができます。実際、本ページ管理人もひふみプラスの積立でステージS達成を狙っています。

また、岡三オンライン証券は、上述のように入金無しでIPO抽選に参加できるので、一般のステージBでIPO抽選 に参加しつつ、当選した場合の利益で、投資信託を購入するもできます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら、口座開設キャンペーンで最大3ヶ月手数料が実質無料になります。

>>> 岡三オンライン証券公式ページ

抽選ルール注意点・デメリットは?

次に、岡三オンライン証券IPO抽選ルールについて、注意点などを補足していきます。

キャンセル(辞退)した場合のペナルティは?

証券会社によっては、当選したIPOを辞退(キャンセル)した場合、ペナルティを食らうことがありますが、岡三オンライン証券では、IPOをキャンセルしても、ペナルティはありません。

そのため、「当選してもIPOを購入する資金があるかわからない」という場合でも、とりあえず抽選に参加することができます。入金無しでIPO抽選にも参加できますし、IPO投資への手軽さが、岡三オンライン証券の強みと言えます。

岡三オンライン証券公式ページ

補欠当選は?

岡三オンライン証券のIPOでは補欠当選もあります。補欠当選の場合も、当選の時と同じように、締め切りまでに入金を済ませておく必要がありますので、この点は注意が必要です。

入金締切日に注意

一つ、岡三オンライン証券でIPO抽選に臨む際の注意点を上げるとすれば、当選結果が発表され、当選または補欠当選した際の、入金締切日です。

銘柄毎に、入金締切日が決まっていますが、大抵、抽選結果発表の「翌営業日15:00まで」となっています。そのため、抽選日には結果を確認し、IPO銘柄を購入する資金を、なるべく早く入金しましょう。

岡三オンライン証券は、即時金額が反映される「クイック入金」も利用できます。

岡三オンライン証券公式ページ

まとめ・評価

ここまで解説してきたように、岡三オンライン証券のIPOルールは、初めての方や小資金の方に、優しい抽選方式となっており、IPO投資用にオススメの証券会社です。

初めての方・小資金の方にオススメの理由
  • 入金無しで抽選に参加可能
  • 完全平等抽選を採用
  • IPOを辞退した場合もペナルティ無し

特に、IPO抽選を申し込むにあたり事前入金が必要ないので、小資金の方でも手軽に抽選に参加できる点は、大きなメリットです。

岡三オンライン証券公式ページ

また、取引実績や投資信託の保有額に応じた「ステージ制」も採用しており、岡三オンライン証券での取引が増えてくれると、さらに当選しやすい仕組みになっています。

入金無しのIPO抽選で、少しずつ資産や取引実績を増やしていうことで、IPO当選に近づいていくことが可能なため、まだ岡三オンライン証券の口座開設を行っていない方は、この機会に口座開設を行い、IPO抽選に積極的に申し込むと良いでしょう。

実際、管理人も岡三オンライン証券の口座開設を行い、IPO申し込みを行っています。2017年以降、銘柄の取扱実績が著しく伸びており、2018年はSBI証券や野村証券、SMBC日興証券など大手に並ぶ取扱数となっている点も、評価できるポイントです。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら、口座開設キャンペーンで最大3ヶ月手数料が実質無料になります。

岡三オンライン証券公式ページ

岡三オンライン証券の口座開設キャンペーンの詳細は、以下の記事をご参照ください。

岡三オンライン証券の口座開設キャンペーン
岡三オンライン証券口座開設キャンペーンで手数料無料(最大3ヶ月間)!岡三オンライン証券では、お得な口座開設キャンペーンを行っています。無料の口座開設だけで、3ヶ月分の株式手数料が全額キャッシュバックされる...

岡三オンライン証券は、IPOの他にも、手数料の安さ(20万円以下は無料)や投資信託、また様々な投資ツールや情報提供番組で人気の証券会社です。

現在、岡三オンライン証券の口座開設キャンペーンで優待ガイド「株主優待大賞2018年」がもらえるほか、最大3ヶ月間手数料が全額キャッシュバックされるキャンペーンを行なっているので、口座開設にかなりお得なタイミングです。

>>> 岡三オンライン証券 口座開設(無料)

未上場株へ投資したいならFUNDINNOがオススメ

新規公開のさらに前の段階から値上がり益を狙いたい場合、未上場企業(非公開株)への投資も選択肢の一つとなります。

これまで、未上場株の投資は、「高額な投資資金が必要などの資金面」や「情報面」からハードルの高い投資手法でしたが、FUNDINNO(ファンディーノ)という金融サービスの登場により劇的に投資ハードルが下がりました。

FUNDINNO(読み方:ファンディーノ)とは、資金調達を行いたいベンチャー企業などの未上場企業と投資家を結ぶサービスです。国内初の株式型クラウドファンディングサービスで、以下のようなメリットがあります。

FUNDINNOのメリット
  • 未公開株特有のハイリターンが狙える
  • 少額から投資できる
  • エンジェル税制の対象となる場合もある
  • 株式の購入手数料が無料

このように、FUNDINNOを利用することで、少額から未公開株に投資が行えるため、未上場企業への投資を考えている方は、口座開設をして、企業の情報収拾などを行うと良いでしょう。

FUNDINNO 公式ページ

本サイトでのFUNDINNOの評価・解説は、以下の記事をご参考ください。

FUNDINNO(ファンディーノ)とは?メリット・デメリットや評判・口コミなど解説
FUNDINNO(ファンディーノ)のメリットは?デメリットや注意点、評判・口コミなど解説FUNDINNO(ファンディーノ)とは、株式投資型クラウドファンディングの一つで、未上場企業に少額投資ができる金融サービスです。 ...