GMOクリック証券IPOのメリット・デメリット。完全平等抽選でGMOグループIPOならオススメ!

GMOクリック証券IPOのメリット・デメリット。完全平等抽選でGMOグループのIPOならオススメ!

GMOクリック証券のIPO(新規公開株)は、IPOで人気化しやすいネット関連企業を多くかかえるGMOグループのIPOを取り扱う証券会社です。完全平等抽選を採用しているため、初心者や小資金の方でも当選しやすい証券会社です。

本記事では、GMOクリック証券のIPO抽選ルール、またGMOクリック証券を利用してIPO投資を行うメリット・デメリットなどを解説していきます。

初心者の方、また資金が少ないながらもIPOに参加したい方は、入金なしでIPO抽選に参加できる岡三オンライン証券がオススメです。

岡三オンライン証券IPOの抽選ルールの特徴。当選しやすくなる方法は?
岡三オンライン証券のIPOが初心者から上級者まで幅広くオススメな5つの理由岡三オンライン証券のIPOルール(事前入金無しで抽選可能・完全平等抽選など)、当選確率を10倍に上げるステージ制を徹底解説。また、IPOの申込み方法や入金締切日など実践面も図解付きで解説...

GMOクリック証券のIPO抽選ルール・方法

GMOクリック証券IPO抽選ルールの最大の特徴は「完全平等抽選」を採用している点です。GMOクリック証券に割り当てられたIPO株の全て(100%)が、完全平等抽選に回されます。そのため、初心者の方や少ない資金でIPOに臨む方でも、当選が期待できます。

完全平等抽選とは、申込み株数(口数)に関係なく1人1票の抽選申込みとなる抽選方法です。例えば、1口(100株)10万円のIPOの場合、10万円(1口)分申し込もうが、1000万円(100口)分申し込もうが、1人1票の抽選となります。

IPOチャレンジポイントがあるSBI証券など通常の証券会社では、申込み口数が多ければ、その分抽選口数も多くなるためたくさんの口数を申込む人(資金力のある人)が当選しやすいルールとなっていますが、GMOクリック証券は資金力に関係なく当選のチャンスがあります。

GMOクリック証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

IPOで完全平等抽選を行なっている証券会社は、以下のようなものがあります。個人的には、完全平等抽選で、抽選時に入金をしなくて良い「岡三オンライン証券」がオススメです。

メリット

GMOクリック証券でIPO投資をするメリットについて解説していきます。

小資金の方にもチャンス!

GMOクリック証券でIPOを行うメリットの1つが、上でも解説したように「完全平等抽選」を採用している点です。資金の多い少ないに関係なく、一人一票の抽選となるので、初心者の方や資金力が無い方でも、十分当選のチャンスがあります。

GMOグループの上場時は期待

GMOクリック証券でIPOを行う最大のメリットが、GMOグループのIPO時に割当が多く当選期待がもてるということです。GMOグループは、IPOとしては人気の高いネット・IT関連の上場が控えていると言われていますので、ぜひ抑えたおきたい口座です。

もともとIPOの証券会社としての知名度も高くないので、実際IPO割当が合った場合は、ライバルも少ない可能性があります。私もGMOグループの上場に備えてGMOクリック証券の口座は開設しています。

GMOクリック証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

売却時の手数料が割安

GMOクリック証券と言えば、やはり株式売買手数料の安さが有名です。IPOの購入時は、どの証券会社も手数料は無料ですが、売却時には証券会社毎の株式売買手数料がかかります。

下表は、各ネット証券の売買手数料を比較したものです。ライブスター証券には及ばないものの激安の手数料となっています。ただし、ライブスター証券はこれまでIPOの取り扱いが無いので、IPOを扱う証券会社としては最安と言えます。

証券会社 \ 約定代金~10万円〜20万円〜50万円〜100万円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
88円98円241円436円
ライブスター証券80円97円180円340円
SBI証券139円185円272円487円
マネックス証券100円180円450円1500円
楽天証券139円185円341円609円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SMBC日興証券
主幹事実績No1
125円180円400円800円
松井証券無料(*)300円500円1,000円

ネット証券の株式売買手数料(税抜)比較

(*)松井証券は、一日の約定代金の合計が10万円の時のみ手数料無料。

また、GMOクリック証券は、GMOインターネット(9449)GMOクリックホールディングス(7177)株主優待を利用することで、手数料を実質無料にすることができますので、IPOに限らず、かなりオススメの証券会社です。

GMOクリック証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

GMOクリック証券で売買手数料を実質無料にする方法は、以下をご参照ください。

株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法・手順
株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法・手順GMOクリック証券には、株主優待を利用して株式売買手数料を無料にする方法があります。GMOインターネットやGMOクリックホールディングス...

注意点・デメリット

GMOクリック証券でIPO投資を行う際の注意点は、取扱銘柄数の少なさです。GMOグループのIPOには力を発揮するものの、その他のIPOは、ほとんど取り扱われません。

取扱銘柄数・主幹事実績が少ない

IPO投資で人気のSBI証券SMBC日興証券と比べると、圧倒的に取扱数が少ないことがわかります。

ネット証券のIPO取扱数実績:

証券会社2018年
(5月末現在)
2017年2016年2015年2014年
SBI証券2586768265
SMBC日興証券2274728060
岡三オンライン証券172361010
野村證券438304449
マネックス証券1749465239
カブドットコム証券527201819
松井証券11411165
楽天証券078102
GMOクリック証券00112

取扱数が少ないため楽天証券は、IPO投資のメイン口座としてではなく、サブ的な役割として口座開設を行うと良いでしょう。

参考 SBI証券・SMBC日興証券のIPOの特徴は、以下をご参照ください。

小資金の方は岡三オンライン証券がオススメ!

GMOクリック証券は、完全平等抽選を採用しているため、小資金の方でも当選のチャンスがあります。しかし、岡三オンライン証券のIPOも、小資金の方にオススメです。

岡三オンライン証券IPOは、完全平等抽選なうえ、抽選に参加する際に事前の入金が必要ないため、抽選参加のハードルがかなり低く、小資金の方・初心者の方にオススメです。

一般的な証券会社の場合、IPOの抽選に参加する場合、事前にその価格相当の入金が必要になりますが、岡三オンライン証券は、事前入金の必要がないため、資金を気にせず(または他の証券会社と併用して)IPO抽選に臨むことができます。

また、新興ネットであるため、比較的口座開設者が少なく、大手ネット証券と比べると競争率が比較的低くなる傾向にあります。そのため、私自身の口座開設を行い、IPOがある際は、岡三オンライン証券でも申し込みを行っています。

参考 岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、岡三オンライン証券IPOの抽選ルールなどの詳細は、以下をご参照ください。

岡三オンライン証券IPOの抽選ルールの特徴。当選しやすくなる方法は?
岡三オンライン証券のIPOが初心者から上級者まで幅広くオススメな5つの理由岡三オンライン証券のIPOルール(事前入金無しで抽選可能・完全平等抽選など)、当選確率を10倍に上げるステージ制を徹底解説。また、IPOの申込み方法や入金締切日など実践面も図解付きで解説...

岡三オンライン証券は、IPOの他にも、手数料の安さや投資信託、また様々な投資ツールや情報提供番組で人気の証券会社です。情報や番組は、口座開設(無料)を行なえば、誰でも見れるので、この機会に口座開設をしてみても良いかもしれません。

岡三オンライン証券のメリット・特徴

岡三オンライン証券
  • 投信の保有額に応じてお得な特典
  • 100%完全平等抽選のIPO
    ⇒小資金の方でも比較的当選しやすい
  • 口座開設&入金だけで現金がもらえる

参考 岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、岡三オンライン証券の各サービスの詳細は、以下をご参照ください。

まとめ

GMOクリック証券IPOの最大の特徴は、GMOグループIPO時に圧倒的な強さを発揮する点です。完全平等抽選を採用しているため、初心者で取引実績の無い方や少ない資金でIPOに臨む方でも、十分に当選の期待がもてます。

IPOの取扱数が少ないためメイン口座としては難しいですが、IPOで人気化しやすいGMOグループのIPOを狙いに行く人には、必須の証券口座です。

GMOクリック証券は、IPOの他にも、格安な手数料(実質無料にも)などで人気のある証券会社です。口座開設費・維持費は無料なので、まだ口座を持ちで無い方は、この機会に口座開設をするのも良いでしょう。

GMOクリック証券の特徴

GMOクリック証券
  • 株式売買手数料が最安水準
  • 株主優待で手数料が実質無料
  • NISA口座での株式売買が恒久的に手数料無料
  • 購入手数料無料の投信も多数販売

参考 GMOクリック証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。
GMOクリック証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

また、GMOクリック証券の特徴や評価・解説は、以下をご参照ください。

私自身IPOは、SBI証券を中心に、SMBC日興証券やマネックス証券を使い分けています。もちろん、どうしも欲しいIPOがある場合は、松井証券・カブドットコム証券・楽天証券なども総動員してIPOに臨んでいます。

参考 本記事で紹介した証券会社の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、SBI証券で最大10万円、マネックス証券で最大51,000円の現金がもらえます(3月31日まで)

また、IPO投資向けの証券会社の選び方やオススメは、以下をご参照ください。

IPO証券口座を選ぶポイントは?当たりやすいオススメ証券口座を解説!
IPO証券口座を選ぶポイントは?当たりやすいオススメ証券口座を解説!IPO投資では、証券会社選びが勝敗(当選確率)に直結します。これは、証券会社によってIPOの取扱数が大きく違ったり、証券会社によって条件...