証券会社

【キャンペーンコードで現金】ワンタップバイ(One Tap BUY)の評判yaメリット・デメリットも解説

以下のワンタップバイ公式ページに移動し、キャンペーンコード【2020gogo】を入力する事で、最大5,000円が貰えます。

ワンタップバイ【公式】コード入力

【キャンペーンがお得】One Tap BUY(ワンタップバイ)の評判は?メリット・デメリット等を比較
サイト管理人
サイト管理人
この記事では「One Tap BUY(ワンタップバイ)」の特徴やメリット・デメリット、また口コミ・評判などを他の証券会社と比較しながら徹底解説していきます。

お得な「キャンペーン」や口座開設・取引方法も「図解付き」で解説しているので、ぜひご参考ください!

One Tap BUY(ワンタップバイ)は、投資初心者を中心に注目を集めている少額投資に特化したネット証券です。

1,000円から投資が始めるられる」ハードルの低さや「3タップで日本・米国株取引が行える」利便性などから、若い世代を中心に、話題となっています。

このようにメリットが多いOne Tap BUYですが、

  • これから口座開設するメリットは?
  • 注意点・デメリットは?
  • キャンペーンでお得にできる?
    コード入力で最大5,000円
  • 口コミ・評判は?

など、たくさんの疑問・質問があると思います。

そこで、本記事では、One Tap Buyのメリット・デメリット、購入可能な銘柄や手数料、注意点、また最新の「キャンペーン情報」を詳しく解説していきます。

キャンペーンでお得に口座開設する方法とか、実際の口コミ・評判も気になるわ。。
サイト管理人
サイト管理人
利用者の口コミ・評判はもちろん、キャンペーンでお得に始める手順も「図解付き」で解説していきますね!
OneTapBUY 米国株

【キャンペーン】コード&口座開設で最大5,000円!

One Tap BUY株主デビューキャンペーン

One Tap BUYでは「株主デビューGoGoキャンペーン」を開催中で、口座開設で最大5,000円がプレゼントされます。

キャンペーン概要
項目 内容
対象期間 2020年9月28日(月)〜10月30日(金)
条件 以下の条件を満たした方が対象

  1. 口座開設の申込み
    口座開設ページへ
  2. キャンペーンコードの入力
  3. 口座開設完了
キャンペーン
コード
2020gogo
コード入力の方法
特典 抽選で500名の方に
5,000円プレゼント

ワンタップバイの口座開設時に、キャンペーンコードを入力する事で最大5,000円(最大5社分の投資資金)がプレゼントされます。

\ キャンペーン参加はコチラ /

*口座開設費・維持費0円(無料)
コード入力はこちらから

以下、各項目について詳しく解説していきます。

キャンペーン期間

「株主デビューGoGoキャンペーン」の対象期間は「2020年10月30日(金)」までとなっています。

10月30日までに「口座開設が完了」された方のみキャンペーン対象となるので、早めに口座開設の申し込みを行いましょう。

\ キャンペーン参加はコチラ /

*口座開設費・維持費0円(無料)

口座開設の完了からID・パスワードが届くまでに「1週間」程度かかります。

【図解】One Tap BUYの口座開設の手順・流れ

キャンペーンコード・対象条件

上記のキャンペーン期間中に「キャンペーンコード」を入力して口座開設を行なった方が、本キャンペーンの対象となります。

サイト管理人
サイト管理人
具体的な手順を「図解付き」で解説していきます。
コード入力・キャンペーンの流れ
  • STEP1
    “口座開設の申し込みを行う”
    まず、以下のリンクをタップして、ワンタップバイの口座開設ページへ移動します。

    ワンタップバイ【公式】

    上記のリンクをクリック・タップすると、下図のようなページに遷移するので「今すぐ無料で口座開設!」をクリック・タップしましょう。

    口座開設申し込みページへ|One Tap BUY公式ページ

  • STEP2
    “申込時にキャンペーンコードを入力”
    STEP1が完了すると、以下の図のようなページが表示されるので、口座開設の流れを確認し、画面下部へ移動(スクロール)しましょう。

    One Tap BUY口座開設申し込みページ

    画面下部は、下図のようになっているので、「キャンペーンコード」の四角に「2020gogo」を入力しましょう。

    キャンペーンコードを入力|One Tap BUY口座開設申し込みページ

  • STEP3
    “口座開設完了”
    あとは、口座開設を申し込む流れに沿って、必要事項を入力すればOKです。

    One Tap BUYの口座開設の手順・流れ【図解】

特典・プレゼント時期

上記の対象条件をクリアした方の中から、抽選で500名の方に「5,000円分」の株式購入代金がプレゼントされます(当選者の証券口座へ振り込まれる予定)。

サイト管理人
サイト管理人
ワンタップバイは、最低1,000円から米国株・日本株が購入できるので、最高5株(5,000円=1,000円×5銘柄)購入できます!

当選者の方には、11月下旬頃、当選メールが送付されてきますので、メールのドメイン指定受信など、受信制限機能を利用している方は「support@cs.onetapbuy.co.jp」からのメールを受信できるようにしておきましょう。

【まとめ】キャンペーンで現金を貰うまでの流れ

このように、One Tap BUYの「はじめてのスマホ投資キャンペーン」に参加することで「最大5,000円」がプレゼントされます。

キャンペーン参加の条件は、「新規」口座開設だけなので、まだ口座をお持ちでない方は、この機会に口座開設するとお得です。

キャンペーンで現金を貰うまでの手順・流れ
  • STEP1
    口座開設の申し込み
    はじめに、公式ページから口座開設の申込みを行います。

    ワンタップバイ【公式ページ】

  • STEP2
    キャンペーンコードを入力
    申込時に、キャンペーンコード「2020gogo」を入力
  • STEP3
    口座開設完了
    口座開設の完了から約1週間後に「ID・パスワード」が郵送で送られてきます。
  • STEP4
    当選者の発表
    7月下旬頃に、当選者にはメールが送付されます。

キャンペーンは、10月30日までに口座開設が完了された方が対象となります。

口座開設完了からID・パスワードが送付されるまで「1週間程度」かかるので、キャンペーンに参加する方は、早めに口座開設を行いましょう。

\ キャンペーン参加はコチラ /

*口座開設費・維持費0円(無料)

米国株投資キャンペーンで最大1万円!

米国株投資キャンペーンで最大1万円!

ワンタップバイでは、米国株の取扱25銘柄の追加を記念してキャンペーンを開催しています。

キャンペーンでは、米国株を3万円以上買付した方の中から抽選で500名に株式購入代金1万円分がプレゼントされます。

キャンペーン概要
項目 内容
対象期間 2020年10月28日(水)22:00~2020年11月30日(月)23:59
特典・内容 対象期間中に、米国株を3万円以上購入した方から、
抽選で500名様に株式購入代金1万円分をプレゼント。
適用条件 対象期間中に、One Tap BUY日米株アプリまたはPC取引サイト(米国株)で3万円以上米国株を買付。
*つみたてロボ貯蓄・10倍CFD・日本株CFDでの買付けは対象外
対象取引 米国株(ETFを含む)の現物取引
プレゼント時期 厳正なる抽選後、12月下旬を目処に当選された方へメール

参考:One Tap BUY【公式】

このように、11月30日までに、米国株を3万円以上購入した方が、抽選の対象となるようです。

日本株など、米国株以外の取引は対象外になるので注意しましょう。

ちなみに、今回ワンタップバイで追加される25銘柄は、以下の銘柄になっています。

[/ac-box01]

はじめてのPayPayボーナス運用で100円キャンペーン

キャンペーン内容を見る
ワンタップバイ×PayPayキャンペーン

PayPayの投資体験キャンペーンでは、One Tap BUYのボーナス運用の利用規約に同意する事で、100円分の運用ポイントが貰えます。

キャンペーン概要
項目 内容
対象期間 2020年6月1日(月)〜7月31日(金)
条件 対象期間中に、PayPayを経由してワンタップバイの「ボーナス運用」のサービス利用規約に同意した方(*先着100万名限定)
特典 「スタンダードコース」の運用ポイント100円分を付与
(*一人につき1回のみ)


参考:One Tap BUY【公式】

貰った運用ポイントは、One Tap BUY「スタンダードコース」の投資・運用に利用可能です。

スタンダードコースとは、米国株式市場の代表的な株価指数「S&P500」に連動した投資成果を目指す「SPDR S&P500 ETF」と同等の運用成果が得られる投資コースです。

アマゾンフェイスブックアップルなど米国株を代表する500銘柄に分散投資が行えるため、長期投資家向けの運用コースになります。

キャンペーンの参加方法は、以下のようになっており、スマホ決済アプリ「PayPay」の「ボーナス運用」画面から手続きをする流れになります。

過去のキャンペーン

次に、過去のキャンペーンをリストアップしておきます。

「キャンペーンコード入力で5,000円」など定期的に開催されるものもあるので、頭にいれておいて損はありません。

【キャンペーン】コード&口座開設で最大5,000円!

One Tap BUYはじめてのスマホ投資キャンペーン
キャンペーン内容を見る

One Tap BUYでは「はじめてのスマホ投資キャンペーン」を開催中で、口座開設で最大5,000円がプレゼントされます。

キャンペーン概要
項目 内容
対象期間 2020年9月28日(月)〜10月30日(金)
条件 以下の条件を満たした方が対象

  1. 口座開設の申込み
    口座開設ページへ
  2. キャンペーンコードの入力
  3. 口座開設完了
キャンペーン
コード
2020gogo
コード入力の方法
特典 抽選で500名の方に
5,000円プレゼント

ワンタップバイの口座開設時に、キャンペーンコードを入力する事で最大5,000円がプレゼントされます。

キャンペーン期間

「はじめてのスマホ投資キャンペーン」の対象期間は「2020年6月30日」までとなっています。

6月30日までに「口座開設が完了」された方のみキャンペーン対象となるので、早めに口座開設の申し込みを行いましょう。

口座開設の完了からID・パスワードが届くまでに「1週間」程度かかります。

【図解】One Tap BUYの口座開設の手順・流れ

キャンペーンコード・対象条件

上記のキャンペーン期間中に「キャンペーンコード」を入力して口座開設を行なった方が、本キャンペーンの対象となります。

コード入力・キャンペーンの流れ
  • STEP1
    “口座開設の申し込みを行う”
    まずは、ワンタップバイの口座開設の申込みを行います。以下の公式ページから申し込みが行えます。

    One Tap BUY【公式ページ】

    上記のリンクをクリック・タップすると、下図のようなページに遷移するので「今すぐ無料で口座開設!」をクリック・タップしましょう。

    口座開設申し込みページへ|One Tap BUY公式ページ

  • STEP2
    “申込時にキャンペーンコードを入力”
    STEP1が完了すると、以下の図のようなページが表示されるので、口座開設の流れを確認し、画面下部へ移動(スクロール)しましょう。

    One Tap BUY口座開設申し込みページ

    画面下部は、下図のようになっているので、「キャンペーンコード」の四角に「2020gogo」を入力しましょう。

    キャンペーンコードを入力|One Tap BUY口座開設申し込みページ

  • STEP3
    “口座開設完了”
    あとは、口座開設を申し込む流れに沿って、必要事項を入力すればOKです。

    One Tap BUYの口座開設の手順・流れ【図解】

特典・プレゼント時期

上記の対象条件をクリアした方の中から、抽選で100名の方に「5,000円分」の株式購入代金がプレゼントされます(当選者の証券口座へ振り込まれる予定)。

当選者の方には、7月下旬頃、当選メールが送付されてきますので、メールのドメイン指定受信など、受信制限機能を利用している方は「support@cs.onetapbuy.co.jp」からのメールを受信できるようにしておきましょう。

ワンタップバイ(One Tap BUY)とは?

ワンタップバイは、1,000円から有名企業に株式投資できるスマホ・ネット証券です。

2015年1月に「株式会社マイバンカー」から「株式会社One Tap BUY」へ社名変更し、第一種金融商品取引業の登録・日本証券業協会への加入を経て、証券取引アプリ「One Tap BUY」のサービスを開始しました。

企業データ
会社名 株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)
設立年月日 2013年10月31日
所在地(住所) 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
主要株主
    • ソフトバンク株式会社
    • みずほ証券株式会社
    • MICイノベーション第3号投資事業有限責任組合
      (NTTドコモ、みずほ証券等を株主とするベンチャーキャピタル)
    • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社
資本金 約52億
会社HP https://www.onetapbuy.co.jp/
One Tap BUY株式会社の所在地

企業については分かったから、ワンタップバイの特徴やメリットなどサービス面について教えて!
サイト管理人
サイト管理人
了解です!特徴やメリット・デメリット等について、他の証券会社と比較しながら解説していきます!

One Tap BUYの特徴・メリットは?

ワンタップバイのメリット

One Tap BUYの特徴は、少額(1,000円)からスマホで手軽に株取引ができる点です。

ネオモバLINE証券フロッギー等の他の少額投資とは違い、日本株・米国株の両方の株取引ができる点も大きな魅力です。IPOに参加可能です。

サイト管理人
サイト管理人
以下、各項目・メリットについて解説して行きます!

1,000円から株取引できる!

1,000円から株式投資ができる|ワンタップバイのメリット

通常、株取引を行う場合、100株など「株数単位」で購入する必要があります。

そのため、自分が欲しい日本株を買付するのにいくら必要か?分かりにくいだけでなく、数千円以上の投資資金が必要になります。

しかし、ワンタップバイの場合、1,000円以上の金額であれば、好きな金額で日本株が売買できるため、少額から様々な銘柄に投資が行えます。

サイト管理人
サイト管理人
1,000円から金額単位で国内株式の取引ができるのが良いですね!

通常のネット証券のように、投資初心者の方には直感的に分かりにくい「株数単位」の取引では無いため、ワンタップバイを利用する事で、金額ベース(1円単位)で米国株を少額から計画的に投資できます

ワンタップバイを利用すれば、

  • 最低1,000円から
  • 1円単位(金額ベース)で

日本株の売買が行える。

米国株にも投資可能

ワンタップバイでは、日本株だけでなく、米国株の取引も行えます。

日本株と同様に、1,000円から金額ベースで、Amazonフェイスブック等の有名米国株が、スマホで手軽に取引可能です。

S&P500連動型ETFなどを購入する事で、米国株市場全体に投資する事も可能です。

サイト管理人
サイト管理人
ワンタップバイを利用すれば、少額から日米の株式に分散投資が行えます!

誰でもIPO!1株からIPO抽選に参加できる!

One Tap BUY(ワンタップバイ)IPOの評判は?メリット・デメリット、抽選ルールを徹底解説

ワンタップバイでは、1株からIPO抽選に参加できる「誰でもIPO」を提供しています。

IPO株(新規公開株)とは、未上場の企業が東京証券取引所などに上場する際に購入できる株式のことです。

利益が出る可能性が高く、運がよけれけば、2倍〜3倍、10倍の利益を短期で上げる事ができるため、個人投資家に人気の投資手法の一つです。

参考:IPO投資【まとめ】IPOの魅力や始め方、IPOに強い証券会社、当選確率を上げる方法

通常のIPOは、100株単位で抽選に参加する必要があるため、それなりの投資資金が必要ですが、ワンタップバイであれば「1株」からIPOに参加可能です。

1株からIPOに参加できるってことは、数千〜数万円の資金でも、IPO抽選に参加できるってこと?
サイト管理人
サイト管理人
その通り!少額から参加できるので、ワンタップバイでIPO抽選がある場合は、とりあえず申し込んでおくと良いかもですね!

IPO投資では、複数の証券口座から抽選に参加する事が当選確率をあげるための鉄則なので、IPO時の証券会社としてワンタップバイも確保しておく事をオススメします。

\ キャンペーンで最大5,000円 /

*口座開設費・維持費0円(無料)

IPOに強い証券会社の選び方、また最新の比較・ランキングは、以下の記事をご参考ください。

IPOのおすすめ証券会社は?選び方や最新の比較・ランキング

使い易いスマホアプリ

スマホの操作性・利便性の良さもワンタップバイのメリットの一つです。

投資初心者にとって、証券会社のウェブページにログインして、分かりにくい「ユーザーインターフェース」を利用する事は、投資を始める一つのハードルとなりました。

しかし、ワンタップバイの場合、スマホアプリで「3タップ」で銘柄の選定・金額指定・購入が出来てしまうので、初心者の方でもスマートフォン等で簡単に取引が始められます。

サイト管理人
サイト管理人
次に、ワンタップバイの特徴を日本株・米国株ごとに分けて、さらに掘り下げて解説していきます。

日本株取引の特徴・銘柄
米国株取引の特徴・銘柄

【日本株】ワンタップバイの特徴・取扱銘柄

ワンタップバイでは、厳選された150社、さらに日本株に丸ごと投資できるETFなどの取引が可能です。

サイト管理人
サイト管理人
取扱銘柄など日本株取引の特徴を解説していきます。

取り扱い銘柄

国内の株式市場に上場する企業は、東京証券取引所だけでも「3,500社以上」とかなり多く、どの銘柄にして良いか迷ってしまいます。

しかし、ワンタップバイの日本株の場合、厳選された「130銘柄」から投資が行えるため、比較的銘柄が探しやすいメリットがあります。

ワンタップバイで投資可能な日本株は、以下の銘柄となっており、ソフトバンクやトヨタ等の日本を代表する企業だけでなく、個人投資家に人気の中古型株や優待株にも投資が行えます。

日本株の取扱銘柄(130銘柄)
※下表は横にスクロール(→)可能

証券
コード
銘柄名 業種
セクター
3407 旭化成 化学
2502 アサヒグループHD 食料品
2802 味の素 食料品
4503 アステラス製薬 医薬品
6857 アドバンテスト 電気機器
6754 アンリツ 電気機器
8267 イオン 小売業
5019 出光興産 石油・石炭製品
8001 伊藤忠商事 卸売業
3990 UUUM 情報通信
5201 AGC ガラス・土石製品
2670 エービーシー・マート 小売業
6273 SMC 機械
2413 エムスリー サービス業
9437 NTTドコモ 情報・通信業
6645 オムロン 電気機器
4661 オリエンタルランド サービス業
8591 オリックス その他金融業
7733 オリンパス 精密機器
4452 花王 化学
6952 カシオ計算機 電気機器
9697 カプコン 情報・通信業
2229 カルビー 食料品
7181 かんぽ生命保険 保険業
6861 キーエンス 電気機器
2801 キッコーマン 食料品
7751 キヤノン 電気機器
6971 京セラ 電気機器

まるごと日本株で市場全体に投資

上記の日本株の他に、日本株の市場全体に投資できるETFを購入する事も可能です。

日本株の代表的な株価指数「日経平均株価(日経225)」に連動するETF「日経225上場投信」に投資する事で、日本を体表する225銘柄に投資が行えます。

日経225には、任天堂やソフトバンク、みずほ銀行などの有名銘柄が組み入れられており、銘柄選定に悩む方・日本株分散投資を行いたい方は、ETFを利用して投資を行うと良いでしょう。

ワンタップバイで取引可能な日本ETF
※下表は横にスクロール(→)可能

証券
コード
銘柄名 特徴
1321 日経225上場投信 日経平均連動型
1571 日経インバースETF 日経平均の
-1倍の値動き
1357 日経ダブルインバETF 日経平均の
-2倍の値動き
1570 日経レバレッジETF 日経平均の
+2倍の値動き

また、日経平均株価の+2倍の値動きをするETF「日経レバレッジETF」、-1倍の値動きに連動するETF「日経インバースETF」、-2倍の値動きに連動するETF「日経ダブルインバースETF」にも投資できるため、短期的な相場観などでトレードを行いたい方は、利用すると良いでしょう。

日経平均株価の特徴や他の日本株指数(TOPIXなど)の比較は、以下をご参考ください。

日経平均株価(日経225)とは?構成銘柄や特徴、TOPIX(東証株価指数)との比較、インデックスファンドやETFを解説!
日経平均株価(日経225)とは?構成銘柄や特徴、TOPIX(東証株価指数)との比較、インデックスファンドやETFを解説!日経平均株価(日経225)は、日本国内の株式市場の動向を表す代表的な株価指数です。海外のニュースや新聞などでも取り上げられる指数で、ニッ...

配当金も受け取れる

ワンタップバイでは、持ち株に応じて、配当金も受け取れます。配当金は、取引口座の現金残高に反映されます。

日本株の配当金は、お客様ごとにお持ちの株数に応じて、弊社取引口座の現金残高として反映します(株式数比例配分方式)。

引用元:配当金などCAの取扱い

ワンタップバイ【米国株】

ワンタップバイ米国株の評価は?メリット・デメリット、口コミ・評判など比較・解説

次にワンタップバイで米国株の取引を行うメリット・デメリットについて解説していきます。

【厳選30銘柄】ワンタップバイで取引可能な米国株は?

マネックス証券やSBI証券など、他のネット証券の場合、取引可能な銘柄は1,000銘柄以上あり、どの銘柄にして良いか迷ってしまいます。

しかし、ワンタップバイ米国株の場合、厳選された37銘柄から投資が行えます。

ワンタップバイで投資可能な米国株は、以下の37銘柄となっており、Amazonやフェイスブックなどのハイテク情報企業からマクドナルド等の馴染みのある企業などに投資が行えます。

米国株の取扱銘柄(37銘柄)
※下表は横にスクロール(→)可能

銘柄名 ティッカー 業種・特徴
アルファベット GOOGL 検索エンジン「Google」
アマゾン・ドットコム AMZN ネット小売り「Amazon」
アップル AAPL MacBook、iPhoneなど
ボーイング BA 航空機メーカー
Facebook FB SNS・ウェブサイト
ゼネラル・エレクトリック GE 資本財・金融サービス
IBM IBM コンピューター
インテル INTC 半導体メーカー
コカ・コーラ KO 清涼飲料メーカー
マクドナルド MCD ファストフード
マイクロソフト MSFT ソフトウエア
プロクター&ギャンブル PG 家庭用化学品メーカー
スターバックス SBUX コーヒーショップ
ウォルト・ディズニー DIS エンターテインメント会社
エクソン・モービル XOM 石油メジャー
ゴールドマン・サックス GS 投資銀行
ネットフリックス NFLX 動画配信サービス
エヌビディア NVDA 半導体・素子
テスラ TSLA 自動車
Twitter TWTR SNS
アドビシステムズ ADBE アプリ・ソフトウェア
エイチピー・インク HPQ コンピューターメーカー
キャタピラー CAT 重機メーカー
ギャップ GPS 衣料小売り
コストコ COST 会員制小売り店舗
シスコシステムズ CSCO データネットワーク
スクエア SQ 金融
セールスフォース・ドットコム CRM アプリ・ソフトウェア
ゼネラル・モーターズ GM 自動車メーカー
ゼロックス XRX オフィス機器メーカー
タペストリー TPR 衣料・小売
ナイキ NKE スポーツブランド
ビザ V 国際決済サービス
ファイザー PFE ヘルスケア
ブッキング・ホールディングス BKNG インターネットサービス
ペイパルHD PYPL 消費者金融
モンデリーズ MDLZ 飲食料品

まるごと米国株で市場全体に投資

上記の米国株の他に、米国株の市場全体に投資できるETFを購入する事も可能です。

米国株の代表的な株価指数「S&P500」に連動するETF「SPDR S&P500 ETF」に投資する事で、米国株500銘柄に投資が行え、株式市場の8割の時価総額をカバーできます。

アマゾンやフェイスブック等の日本人が耳にするような銘柄は、ほぼ全て組み入れられているため、銘柄選定に悩む方や米国株分散投資を行いたい方は、投資を行うと良いでしょう。

ワンタップバイで取引可能な米国ETF
※下表は横にスクロール(→)可能

銘柄名 ティッカー 業種・特徴
SPDR S&P500 ETF SPY S&P500連動型ETF
Direxion Daily S&P500 Bull 3X ETF SPXL S&P500の3倍の
値動きに連動するETF
Direxion Daily S&P 500 Bear 3X ETF SPXS S&P500の-3倍の
値動きに連動するETF

また、S&P500の+3倍の値動きをするETF「Direxion Daily S&P500 Bull 3X ETF 」、-3倍の値動きに連動するETF「Direxion Daily S&P 500 Bear 3X ETF」にも投資できるため、短期的な相場観などでトレードを行いたい方は、利用すると良いでしょう。

S&P500指数の詳細・特徴は、以下をご参考ください。

S&P500とは?構成銘柄や指数の特徴、NYダウとの比較、インデックスファンドやETFを解説!
S&P500とは?構成銘柄や指数(インデックス)の特徴、NYダウとの比較など解説 通常、アマゾン等の米国株は、最低(1株)でも30万円の購入資金が必要です。 ただし、ワンタップバイであれば、最低1,000...

積み株(ロボ貯蓄:積み株コース)で米国株の積立が可能


引用元:株式会社One Tap BUY

ワンタップバイでは「積み株(つみたてロボ貯蓄:積み株コース)」を利用する事で、米国株の積立投資を行う事もできます。

積立頻度(毎週・毎月・毎年)や積立金額(1,000円〜)、積立銘柄を選択する事で、米国株の積立投資が行えます。

積立の休止や再開、株の売却、銘柄の入替え、金額変更、積立日の変更など、もスマホで手軽に行えるので、一時的な値動きを気にせず、定期的に、複数企業に分散投資したい方などは利用すると良いでしょう。

いつでも取引できる

ワンタップバイでは、米国株の売買・取引が24時間行えます

通常のネット証券では、24時間米国株の注文が出せても、取引成立・約定は、米国市場が開いている時間(23:00〜6:00)のみとなります。

そのため、深夜の睡眠中に取引が成立する事も多々あります。

しかし、ワンタップバイであれば、24時間(いつでも)リアルタイムで、米国株の購入が行えるので、好きな時間に米国株の買付が行えます。

サイト管理人
サイト管理人
通常のネット証券では寝ている間に取引が成立する事があるので、24時間いつもで取引可能なのは嬉しいですね!

ワンタップバイ【米国株】のまとめ・評価

ここまで解説したように、ワンタップバイは、1,000円から金額ベースで取引できる点・スマホで3タップで投資が行える点など、投資初心者でも米国株投資を行い易い工夫がなされています。

銘柄も40銘柄弱に厳選されており、積立なども行えるため、少額で米国株を投資を始めたい方向けの証券会社と言えます。

ただし、既に米国株を取引されている方や、それなりの資金で米国株に投資を行いたい方は、SBI証券やマネックス証券などの取引可能銘柄数が多いネット証券を利用すると良いでしょう。

米国株のおすすめ証券会社(口座)は?選び方やメリット、比較ランキングなど解説
米国株のおすすめネット証券会社は?手数料の比較やランキング、選び方など解説米国株の取引は、各証券会社の競争により、手数料は劇的に下がり、注文や積立方法など利便性も大きく改善しています。 しかし、米国株の取...

手数料(スプレッド)は安い?

ワンタップバイでは、他の証券会社と同様に、取引毎に手数料が発生する料金体系です。

月額980円で取引し放題の「定額プラン」は、2019年8月31日で終了しました。

株式市場が開いている時間帯は、基準価値(≒約定代金)の0.5%株式市場が閉まっている時間帯は、基準価値の0.7%の手数料で取引が行えます。

注意点・デメリットは?

ワンタップバイの注意点・デメリット

ここまでワンタップバイで日本株の取引を行うメリットについて解説して来ましたが、利用方法や使い方によっては、他のネット証券が良いケース等もあります。

以下、One Tap BUYの利用上の注意点やデメリットを解説しつつ、他の証券会社との比較も行って行きます。

注意点・デメリット
  • 150銘柄のみ取引可能
  • 手数料が割高な場合も
  • 株式移管ができない
  • 指値注文は不可
  • 米国株のような積立は不可
  • NISAの活用が不可

以下、各項目について詳しく解説して行きます。

取扱銘柄が150銘柄のみ

メリットの所で、150銘柄の厳選株に投資できるメリットを解説しました。

投資初心者の方にとっては、十分な銘柄数と言えますが、日本株投資の中級者以上の方にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

そのため、日本株の中小型株など、他の銘柄に投資を行いたい方は、他のネット証券を利用すると良いでしょう。SBI証券や楽天証券や岡三オンライン証券など通常のネット証券であれば、全ての上場銘柄に投資が行えます。

以下、日本株の取引が行えるネット証券の手数料を比較しますので、手数料の安いネット証券を利用すると良いでしょう。

手数料がネット証券と比較して高い場合も

ワンタップバイでは、1,000円から金額ベースで取引できる点がメリットですが、株数単位で日本株を購入する場合、手数料が最も安くなるのは『スマートプラス「ストリーム」です。

国内株の取引手数料がいつでも「完全無料」と破格の内容となっており、使わないと損なレベルです。

スマートプラスは、国内株式の取引に特化したSNSで、情報収集や勉強も行えるので、口座開設を行いSNSに参加するだけでもメリットがあります。

株式移管ができない

一般的に、手数料を支払う事で、証券会社間の株式の移動(移管)は可能です。

例えば、ネット証券Aからネット証券Bに日本株を移管する場合、出庫するネット証券Aに手数料を支払う事で、株式は移動できます。

しかし、現状、ワンタップバイから他の証券会社に株式の移管はできないため、その点は頭に入れてワンタップバイで取引を行いましょう。

サイト管理人
サイト管理人
ワンタップバイで取引を続ける限りは問題ありません。

指値注文は不可

ワンタップバイでは、指値注文が出来ない点に注意しましょう。

指値注文とは、株を購入する際や売却する際に、価格を指定して注文する方法の事です。

ワンタップバイが、その都度定時する「価格」での取引になります。

NISA・iDeCoの利用ができない

ワンタップバイでは、NISAつみたてNISA個人型確定拠出年金(iDeCo)に対応していません。

特定口座のみの対応となっているので、つみたてNISAなど非課税枠での運用が行いたい方は、SBI証券楽天証券を利用すると良いでしょう。

積立NISA(つみたてニーサ)のオススメ金融機関・証券会社は?【2017年版】
つみたてNISAのおすすめ証券会社【2020年】選び方やお得なポイント制度を比較・解説2018年により新たな小額投資非課税制度として「積立NISA(つみたてニーサ)」がスタートします。非課税枠は現行のNISAより低いものの...

つみたてNISAでの、投資信託の積立投資の場合、楽天カードで積立金額を決済できる楽天証券がおすすめです。投資金額に対して、1%分の楽天ポイントが付与されます。

投資で1%の確実なリターンが得られるのは「楽天証券の楽天カード積立」だけなので、つみたてNISAの運用に最適です。楽天証券でのカード決済の方法やメリットは、以下の記事をご参考ください。

楽天カードの投資信託積立でポイント還元
【楽天証券】楽天カード投信積立で確実に1%儲かる?やり方、メリット・デメリットを比較・解説 楽天証券では、楽天カード決済で積立額の1%の楽天ポイントを貰いながら「投資信託の積立」が行えます。 ...

積み株コースの積立は不可

ワンタップバイの米国株取引の場合、ロボ貯蓄:積み株コースで米国株の積立が可能ですが、日本株ではできません。

積み株コース【動画解説】


引用元:株式会社One Tap BUY

つみたてロボ貯蓄:積み株コースでは、積立頻度(毎週・毎月・毎年)や積立金額(1,000円〜)、積立銘柄を選択する事で、米国株の積立投資が行えます。

積立の休止や再開、株の売却、銘柄の入替え、金額変更、積立日の変更など、もスマホで手軽に行えるます。

参考:積み株コース|ワンタップバイ米国株の評価

注意点・デメリットは?

ここまでワンタップバイで米国株の取引を行うメリットについて解説して来ましたが、利用方法や使い方によっては、他のネット証券が良いケース等もあります。

以下、One Tap BUYの利用上の注意点やデメリットを解説しつつ、他の証券会社との比較も行って行きます。

注意点・デメリット
  • 37銘柄のみ取引可能
  • 手数料が割高な場合も
  • 株式移管ができない
  • 指値注文は不可
  • 為替手数料

以下、各項目について詳しく解説して行きます。

取扱銘柄が37銘柄

メリットの所で、37銘柄の厳選株に投資できるメリットを解説しました。

投資初心者の方にとっては、十分な銘柄数と言えますが、米国株投資の中級者以上の方にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

そのため、米国株の中小型株など、他の銘柄に投資を行いたい方は、マネックス証券やSBI証券、楽天証券などのネット証券を利用する事をオススメします。

ネット証券の取引可能な銘柄数(2019年現在)
※下表は横にスクロール(→)可能

証券会社 個別銘柄 ETF 合計
マネックス証券 3,262銘柄 291銘柄 3,553銘柄
SBI証券 1,978銘柄 283銘柄 2,261銘柄
楽天証券 2,080銘柄 301銘柄 2,381銘柄

以下、米国株の取引が行えるネット証券の手数料を比較しますので、手数料の安いネット証券を利用すると良いでしょう。

手数料がネット証券と比較して高い場合も

ワンタップバイでは、1,000円から金額ベースで取引できる点がメリットですが、1株から株数単位で米国株を購入する場合、手数料が最も安くなるのは「SBI証券です。

米国株・ETFを取引する場合は、株式の売買時に係る手数料「売買手数料」と日本円を米ドルに両替するための「為替手数料」の2種類の手数料(コスト)がかかります。

米国株の取引に係る手数料
  • 売買手数料:株式を売買する際にかかる手数料
  • 為替手数料:日本円を米ドルに両替する手数料

下表は、4つのネット証券の売買手数料と為替手数料を比較したものです。

※下表は横にスクロール(→)可能

証券会社 売買手数料 為替手数料
(1ドル両替あたり)
DMM.com証券 無料(0円) 0.25円
SBI証券 約定額の0.45%
・最低0ドル
・最大20ドル
マネックス証券
楽天証券

売買手数料は3社とも同水準の安さですが、為替手数料はSBI証券が安いため、取引に係るトータルコスト(売買手数料+為替手数料)は、SBI証券が最も安くなります

このため、米国株・米国ETFを取引する場合、SBI証券と住信SBIネット銀行がオススメになります。

手数料・コストは、投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させますので、SBI証券を利用して、コストを抑えた投資を行いましょう。

SBI証券と住信SBIネット銀行は、SBI証券の口座開設時にボタン一つで同時口座開設ができます。同時口座開設の方法は、以下をご参考ください。

SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設する方法

米国株投資向けの証券会社の選び方・おすすめランキング等の比較・解説は、以下の記事をご参考ください。

米国株のおすすめ証券会社(口座)は?選び方やメリット、比較ランキングなど解説
米国株のおすすめネット証券会社は?手数料の比較やランキング、選び方など解説米国株の取引は、各証券会社の競争により、手数料は劇的に下がり、注文や積立方法など利便性も大きく改善しています。 しかし、米国株の取...

株式移管ができない

一般的に、手数料を支払う事で、証券会社間の株式の移動(移管)は可能です。

例えば、ネット証券Aからネット証券Bに米国株を移管する場合、出庫するネット証券Aに手数料を支払う事で、株式は移動できます。

しかし、現状、ワンタップバイから他の証券会社に株式の移管はできないため、その点は頭に入れてワンタップバイで取引を行いましょう。

サイト管理人
サイト管理人
ワンタップバイで取引を続ける限りは問題ありません。

指値注文は不可

ワンタップバイでは、指値注文が出来ない点に注意しましょう。

指値注文とは、株を購入する際や売却する際に、価格を指定して注文する方法の事です。

ワンタップバイが、その都度定時する「価格」での取引になります。

為替手数料は別途発生

ワンタップバイは、手数料の所で解説したように、取引額0.5%〜0.7%の手数料がかかります。

また、それに加えて、為替手数料(日本円から米ドルに両替するコスト)として、1米ドルあたり35銭が手数料が発生する事も頭に入れておきましょう。

円貨と外貨を交換する際の為替レートは、外国為替市場の動向を踏まえて当社が決定した為替レートに1米ドルあたり35銭を買付けの場合は加算したレート、売付けの場合は減算したレートがそれぞれ適用されます。

引用元:手数料相当額等について|株式会社One Tap BUY

口コミ・評判

ワンタップバイの口コミ・評判

次に、サイト管理人以外の方の評価も見て頂くために、Twitter等から口コミ・評判をピックアップして行きます。

サイト管理人
サイト管理人
取引銘柄数が拡充された事で、かなりの銘柄に投資できるようになりましたね!

https://twitter.com/shuuchanyuri/status/1149330431289937920

厳選された130銘柄から身近な銘柄に手軽に投資ができる点が評価されています。

次に、サイト管理人以外の方の評価も見て頂くために、Twitter等から口コミ・評判をピックアップして行きます。

https://twitter.com/extraor41131802/status/1183231239970410496

1,000円から米国株に投資が行える点の評判が良いですね!

少額でも米国株から配当金が貰えますし、有名米国株に分散投資ができる点が魅力的です。

ただし、SBI証券や楽天証券、マネックス証券のネット証券でも、米国株の手数料(最低価格)が引き下げられたので、投資資金に応じて、ネット証券を利用した方が安い場合も多くなっています。

米国株のおすすめ証券会社(口座)は?選び方やメリット、比較ランキングなど解説
米国株のおすすめネット証券会社は?手数料の比較やランキング、選び方など解説米国株の取引は、各証券会社の競争により、手数料は劇的に下がり、注文や積立方法など利便性も大きく改善しています。 しかし、米国株の取...

One Tap BUYの始め方

ワンタップバイの口座開設・はじめ方【図解】口座開設前に知っておきたい手数料、メリット・デメリットも解説

One Tap Buyで取引を行うには、スマホ証券の口座開設が必要です。そこで、以下では、スマホ証券(One Tap Buy)の口座開設の手順・流れなどを解説していきます。口座開設が複雑だと感じた方は、参考にしていみてください。

流れ

はじめに、口座開設の流れ・手順について大まかな流れを見ていきます。以下のように、(1)口座開設ページに移動後、(2)申込みフォームの入力を行い、(3)免許などの本人確認書類をアップロードする流れとなっています。

  1. 口座開設用ページへ
  2. 名前・住所・職業など申込みフォームの入力
  3. 本人確認書類などのアップロード
  4. 届いたID・パスワードでアプリにログイン
    ⇒取引開始!

本人確認書類のアップロードまでが完成すると、数営業日でIDやパスワードが送られてきて、取引アプリを利用できるようになります。それでは、以下、口座開設の手順・流れを画像付きで詳しく解説していきます。

口座開設専用ページへ

はじめに、以下のOne Tap Buy公式ページから口座開設ページへ移動します。

口座開設ページ|One Tap BUY

上記のリンクをクリック(またはタップ)すると、以下のような画面へ移動します。画面の下のほうへ行くと「無料口座開設はこちら」というボタンがあるので、ここから口座開設ページへと移動します。

One Tap Buyの口座開設ページへOne Tap Buyの口座開設ページへ

上のような画面で「無料口座開設はこちら」をクリックすると、以下のような画面へ移動します。ここでは、口座開設の流れを確認して、口座開設者の生年月日を入力します。

生年月日を入力して口座申込みフォームへ生年月日を入力して口座申込みフォームへ

生年月日の入力が終わったら、画面下部の「口座開設」をクリック(タップ)して、先に進みます。この後は、名前や住所などを入力していきます。

申込みフォームの入力(名前・住所・投資歴など)

上述のように「口座開設」をクリック(タップ)すると、以下のような画面へ移動します。ここからは、名前や住所などの情報を申込フォームに記入していきます。

基本データ(名前・性別など)の入力基本データ(名前・性別など)の入力

はじめに、名前や性別、携帯電話の番号などの個人情報を入力します。入力しつつ、画面の下の方へ進むと「次に進む」があるので、全て入力し終わったら、そこから次の入力ページに進みます。

住所・職業などを入力後「次へ進む」住所・職業などを入力後「次へ進む」

上のような画面で「次へ進む」をクリック(タップ)すると、以下のような画面へ移動します。ここでは、住所や米国の永住権の有無(グリーンカード)、職業などを入力していきます。

住所・職業などを入力住所・職業などを入力

入力が終わったら、また画面の下のほうにある「次へ進む」から先に進みます。

基本データの入力後「次へ進む」基本データの入力後「次へ進む」

住所や職業などの入力が終わり「次へ進む」と下図のような画面へ移動します。ここでは、投資を行う動機や目的、現在の貯金や資産状況、投資経験などについて入力します。

貯金など資産状況の入力貯金など資産状況の入力

投資の動機は様々だと思いますが、私自身は「株に興味があるから」という項目を選択しました。また、投資の目的は「収益性」、投資経験は、私自身、先物やオプションをやったことがないので、そこは「経験なし」を選びました。

資産状況の入力後「次へ進む」資産状況の入力後「次へ進む」

投資目的や資産状況の入力後「先へ進む」をクリック(タップ)すると、以下のような画面へ移動します。ここまでで、申込みフォームの入力は終わりで、最後に注意事項の確認などを行い、先へ進みます。

注意事項の確認注意事項の確認

注意事項の確認が終わったら、本人確認書類(免許・マイナンバー等)をアップロードします。

本人確認書類のアップロード

申込み手続きの最後に、本人確認書類、およびマイナンバーの写真をアップロードします。マイナンバーはとりあえずスキップして、本人確認書類だけアップロードして、先に進むこともできます。

本人確認書類のアップロード本人確認書類のアップロード

マイナンバーカードを持っている方は、マイナンバーカードの写真をアップロードすることで、本人確認書類が自動的にマイナンバーカードの写真となるので便利です。本人確認書類をアップロードして、先に進むと、下図のような申込み事項の確認が行えます。

入力データの確認入力データの確認

私自身のデータは伏せてありますが、皆様の画面では、下図の赤枠部分に皆様の入力データが出ています。確認しましょう。確認→申込みが完了すると、登録したメールアドレス宛にメッセージが数秒で届きます(通信状況によっては遅れるかもしれません)。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です