WealthNavi(ウェルスナビ)for SBI証券キャンペーンで最大5万円!1月15日まで

WealthNavi for SBI証券キャンペーンで手数料全額キャッシュバック!

WealthNavi(ウェルスナビ) for SBI証券で、お得なキャンペーンが開始されました。新たに運用を開始し、30万円以上の入金を行うことで、最大5万円の現金が貰えるキャンペーンです。

そこで、本記事では、WelthNavi for SBI証券のお得なキャンペーンについて詳しく解説していきます。また、WelthNavi for SBI証券の特徴や本家「WealthNavi」との違いなども解説していきます。

WealthNavi for SBI証券を行うには、SBI証券の口座開設が必要です。SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

SBI証券 公式ページ

WealthNavi(ウェルスナビ)とは?

はじめに、WelthNaviについて、特徴を復習して行きます。すでにご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。

WealthNavi(読み方:ウェルスナビ)とは、ロバアドバイザーの診断結果に基づいて、ETFでの国際分散投資を、完全自動で行ってくれる資産運用サービスです。

投資・資産運用のハードルとなる、資産配分(アセットアロケーション)の設定から、買付・積立、リバランスなどを全て自動で行ってくれるので、投資初心者の方や投資に手が回らないビジネスパーソンの方に注目されているサービスです。

ウェルスナビの特徴は、主な以下のようなものがあります。資産運用が自動で行えるだけでなく、お釣りの資産運用や特定口座の対応で確定申告が劇的に容易になるなど、様々なメリットがあります。

ウェルスナビのメリット
  • 入金・積立・リバランスが全て自動
  • 10万円から始められる
  • 自動税金最適化で実質コストがロボアドバイザーで最安
  • 割安な手数料:入出金・為替・積立手数料など無料
  • 特定口座に対応

なぜ、ウェルスナビが楽ラップやテオなど数あるロボアドバイザーの中で人気があるかというと、自動税金最適化(DeTAX)機能が付いているためです。

自動税金最適化「DeTAX」とは、ウェルスナビに備わっている、税金の負担軽減サービスです。含み損のある資産などを売却することにより、投資利益にかかる税金を最小限に抑えてくれます。

ウェルスナビCEOの柴山和久さんによれば、自動税金最適化により、年間0.4~0.6%程度の負担減になるとのことです。(以下、原文)

「WealthNavi for SBI証券」の運用手数料は1%ですが、多くの場合、「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。

引用:「WealthNavi for SBI証券」のウェルスナビ株式会社 柴山CEOへインタビュー

以下の表は、代表的な投資一任型ロボアドバイザーの手数料を比較したものです。

名称実質・合計
手数料
利用手数料信託報酬
ウェルスナビ0.40%〜1.00%利用手数料
に含まれる
楽ラップ0.99%0.99%0.228%
(最大)
テオ1.08%1.08%利用手数料
に含まれる
ダイワ
ファンドラップ
1.42%0.648%0.343%
マネラップ0.99%1.08%0.34%

WelthNaviの手数料は年率1%で、楽ラップよりもほんの少し高いですが、このDeTAXにより実質的なコストは、ウェルスナビの方が安くなります

手数料は、運用成績に対して確実なマイナスリターンをうむため、ウェルスナビのように、手数料の安いサービスを利用して、投資パフォーマンスの確実な向上をえらいましょう。

ウェルスナビ 公式ページ

本家ウェルスナビとWealthNavi for SBI証券の違い

このウェルスナビは、SBI証券からだけでなく、本家「ウェルスナビ株式会社」、また住信SBIネット銀行、ANA、JALなどから申し込みが行えます。

以下の表は、5種類のウェルスナビを比較したものです。

項目ウェルスナビfor SBI証券for 住信SBIネット銀行for ANAfor JAL
自動積立可能○
手数料
  • 3,000万円以下:年率1.0%
  • 3,000万円を超える部分:年率0.5%
投資対象米国ETF
DeTAX可能○
スマホアプリ使える○
最低投資額10万円30万円30万円30万円10万円
マメタス可能○×可能○××
コンサルティング不可×可能○×××
マイル不可×××可能○可能○

最低投資額を除くと、基本的に、どの会社でウェルスナビの運用を始めても、資産設計や入金・自動積立、リバランスなどのロボアドバイザーとして機能は同じになります。

しかし、ウェルスナビを始める会社によって、キャンペーン特典やマイル付与など会社独自の付帯サービスに違いが出てきます。

本家とウェルスナビfor SBI証券の比較・詳細は、以下の記事をご参考ください。

ウェルスナビとWealthNavi for SBI証券の違いは?始める前に比較すべき点を解説
ウェルスナビとWealthNavi for SBI証券の違いは?始める前に比較・注意する点は?WealthNavi(ウェルスナビ)は、ロボットによる自動運用ができる投資サービスです。投資資金の入金から買付・積立、リバランスや節税対...

本家ウェルスナビでの運用開始がお得

様々な企業からウェルスナビが利用できるため、どの会社から申込みを行えば良いか?迷ってしまいますが、結論から言うと、本家(ウェルスナビ株式会社)からのウェルスナビ申込みがオススメです。

本家なので、他よりも有利な条件というのは当たり前と言えば当たりなのですが、他の企業には無い様々な付帯サービスがあり、お得なキャンペーンで現金や手数料のキャッシュバックの特典ももらえます。

ウェルスナビ 公式ページ

例えば、2019年1月現在、本家ウェルスナビとSBI証券の2社でキャンペーンが行われていますが、下表にまとめたように、手数料キャッシュバックの他に、現金プレゼントの特典がある「本家ウェルスナビ」のキャンペーンがお得です。

運営会社名称プレゼント
特典
対象条件
ウェルスナビ
株式会社
スタート
キャンペーン
最大3万円10万円以上の入金
紹介
キャンペーン
最大15,000円家族・友人の紹介
積立
キャンペーン
最大1万円3ヶ月連続で自動積立
SBI証券入金・積立
キャンペーン
手数料キャッシュバック
(最大2ヶ月間)
  • 新規運用の開始
  • 30万円以上の入金
  • 積立設定

詳細:ウェルスナビのキャンペーン

このように、付帯サービスやキャンペーン特典などが充実しているため、新規でウェルスナビを始める方は、本家ウェルスナビから申し込むのが良いでしょう。

本家ウェルスナビの詳細確認や申し込み、またキャンペーン内容の確認は、以下の公式ページから行えます。

ウェルスナビ 公式ページ

WealthNavi(ウェルスナビ) for SBI証券キャンペーン

次に、WelthNavi for SBI証券のキャンペーンについて解説して行きます。

キャンペーンの概要

はじめに、キャンペーンの大まかな概要を解説して行きます。本キャンペーンでは、対象期間に、30万円以上の入金を行うことで、最大5万円の現金がプレゼントされます。

項目内容
期間2018/12/15(土)~2019/1/15(火)
対象者キャンペーン期間中に「WealthNavi for SBI証券」口座で新規運用を開始し、30万円以上の入金を行った方
プレゼント入金額に応じて現金プレゼント

  • 30万円以上50万円未満の場合:1,000円プレゼント
  • 50万円以上100万円未満の場合:2,000円プレゼント
  • 100万円以上200万円未満の場合:3,000円プレゼント
  • 200万円以上500万円未満の場合:6,000円プレゼント
  • 500万円以上1,000万円未満の場合:2万円プレゼント
  • 1,000万円以上の場合:5万円プレゼント
入金日2019年2月下旬

以下、キャンペーン期間や対象条件、注意点など詳しく見て行きます。

キャンペーン期間

キャンペーンの対象期間は2019年1月15日(火)です。対象期間中に、WealthNavi for SBI証券の口座で、30万円以上の入金を行い、資産運用を開始することが、キャンペーンの条件となります。

キャンペーン条件・対象者

ここまで解説してきた、本キャンペーンの条件をまとめると、以下のようになります。2つの条件を満たした方が、キャンペーンの対象者となります。

キャンペーン条件
  1. 対象期間【2018/12/14まで】に新規で合計30万円以上を入金する
  2. 判定期間【2019/1/15まで】に1度も出金・解約を行わない

以下、各項目について説明して行きます。

30万円以上の入金と資産運用の開始

対象期間中(12/14まで)に合計30万円以上の入金が必要なので、一度に30万円を入金しなくても期間中に合計で30万円となれば、キャンペーン条件をクリアできます。

期間中に出金してはいけない

キャンペーン期間中に「出金」を行なってしまうと、キャンペーン対象外となってしまいますので、期間中(2019年1月15日まで)は出金依頼を出さないようにしましょう。

特典・キャッシュバック対象期間

キャンペーンの対象者は、入金額に応じて最大5万円の現金をもらうことができます。プレゼント金額は、下表のように、入金額によって変わります。

入金額プレゼント金額
20万円以上50万円未満1,000円
50万円以上100万円未満2,000円
100万円以上200万円未満3,000円
200万円以上500万円未満6,000円
500万円以上1,000万円未満2万円
1,000万円以上2,000万円未満5万円

キャンペーンの注意点

本キャンペーン参加にあたって、以下の点にご注意ください。特に、新規でSBI証券の口座開設を行う方は、WealthNavi for SBI証券口座への入金まで時間がかかるので、早めに口座開設申込みを行いましょう。

SBI証券 口座開設【公式ページ】

注意点
  • 新規でWealthNavi for SBI証券口座を開設する場合、入金が可能になるまで一定の時間が必要 ⇒ 早めの口座開設を
  • 2018年9月28日(金)までに資産運用を開始することが必要
  • インターネットコースの方のみ対象

このように、本キャンペーンを利用することで、お得にWealthNavi for SBI証券での運用が開始できます。ウェルスナビの手数料は、ロボバイザーサービスとして、かなり割安な部類ですが、本キャンペーンを利用することで、実質無料で最大2ヶ月間の運用が行えます。

SBI証券 キャンペーン【公式】

SBI証券で口座開設メリットは?

最後に、SBI証券の特徴やメリットを解説していきます。SBI証券で口座開設するかどうか迷っている方は、ご参考ください。

SBI証券の特徴

SBI証券は、投資信託、国内・海外株式(ETF含む)、FX、CFD、保険や確定拠出年金(DC)など、多くの金融商品を扱っている総合証券です。格安の取引コスト(売買手数料)、取引の利便性、また独自のサービス等から人気の高い証券口座です。

実際、大手ネット証券会社として多くの投資家に使われ続けており、人気のバロメーターとも言える口座開設数(シェア)は、ネット証券でダントツの1位です。

SBI証券 公式ページ

SBI証券のメリットには、以下のようなものがあります。利便性や手数料など様々なメリットがあることがわかります。

SBI証券の主なメリット(一覧)
  • 国内最大証券会社としてのバツグンの安定感と人気
  • 主要商品(株式、投資信託、国内ETF、海外ETFなど)が全て揃う
    ⇒ ネット証券では、SBI証券楽天証券マネックス証券のみ
  • 株式売買手数料が最安で50円(税抜)
  • 1日の約定代金の合計が10万円以下なら手数料0円(無料)
  • 投信マイレージサービスで投資信託をお得に保有!
  • 独自のIPOチャレンジポイントなど、IPOが充実
  • 米国ETFの為替・売買手数料が最安水準!
  • NISA口座なら国内株式の売買手数料が無料
    (海外ETFも買付手数料無料
  • 地方市場の株式が購入できる!
  • 株主優待検索用のツールが充実。優待投資としても人気
  • PTSで夜間取引ができる!
  • 充実の情報ツール
  • 確定拠出年金(DC)にも対応。しかも低コスト!

このように、様々な投資商品で、利便性や手数料の安さなどを兼ね備えており、投資をやる上で必須のネット証券となっています。

SBI証券の口座開設(無料)は、こちらから行えます。

本サイトでのSBI証券の評価・解説は、以下の記事をご参照ください。

SBI証券口座開設のポイント(メリット・デメリットなど)
SBI証券を徹底検証!口座開設のメリット・デメリットを解説!SBI証券 は、多くの投資家が利用している老舗の証券会社です。口座開設数はネット証券の中でダントツの1位で、最新のオリコン日本顧客満足度...

お得キャンペーン|口座開設で最大15万円

SBI証券では、本記事で紹介したキャッシュバックキャンペーン以外にも、たくさんのキャンペーンを行なっています。2019年1月現在、以下のようなキャンペーンを行なっています。

お友達やご家族などに、SBI証券を紹介することで最大1万円の現金が貰えるキャンペーンなども行われているので、近くにSBI証券の口座開設を悩んでいる方がいたら、紹介して見ると良いでしょう。

SBI証券 公式ページ

本サイトでの最新のSBI証券のキャンペーン解説は、以下をご参照ください。

SBI証券キャンペーン
SBI証券キャンペーン比較・一覧【2019年1月】高額の現金をもらう方法SBI証券では、毎月多くのお得なキャンペーンを実施しています。個人向け国債やつみたてNISAの取引で高額の現金がもらえる他、様々な取引で...