インデックスファンド

三井住友DCシリーズとは?国内最安水準インデックスファンドのコスト一覧・比較

三井住友DCシリーズとは?国内最安水準インデックスファンドのコスト一覧・比較
三井住友DCシリーズとは?国内最安水準インデックスファンドのコスト一覧・比較三井住友DCシリーズとは?国内最安水準インデックスファンドのコスト一覧・比較


三井住友DCシリーズとは、全世界の株式・債券・不動産(REIT)市場に、低コストで投資できる購入手数料無料(ノーロード)インデックスファンドシリーズです。

本ページでは、三井住友DCシリーズの特徴を解説します。本シリーズの全インデックスファンドの紹介や比較、またコストを削減し、お得に投資信託(ファンド)を購入できる購入先(証券会社)も紹介していきます。

三井住友DCシリーズシリーズとは?

三井住友DCシリーズシリーズは、三井住友アセットマネジメントが運用する低コストインデックスファンドシリーズです。本シリーズを利用することで、日本・先進国・新興国などの株式・債券・不動産市場に低コスト分散投資が行えます。

ファンドの購入手数料は無料で、ファンド保有時にかかる手数料(信託報酬)は、多くが年率0.1~0.2%程度と超低コストとなっています。以下、三井住友DCシリーズのインデックスファンドを紹介していきます。

三井住友DCシリーズのインデックスファンド一覧

下表は、三井住友DCシリーズの投資先別のファンド名、また保有時にかかる手数料(信託報酬)の一覧です。様々な地域の株式や債券、REITへ投資が低コストで行えることがわかります。

三井住友DCシリーズのファンド一覧:

ファンド名 投資クラス 信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
三井住友DC日本株式インデックスファンド 国内株式 0.19% TOPIX
三井住友日本債券インデックスファンド 国内債券 0.16% NOMURA-BPI指数
三井住友DC全海外株式インデックスファンド 全世界株式 0.25% MSCIオールカントリーワールドインデックス(除く日本)
三井住友・DC新興国株式インデックスファンド 米国株式 0.56% MSCIエマージング・マーケット・インデックス
三井住友DC外国債券インデックスファンド 外国債券 0.21% シティ世界国債インデックス(除く日本)
三井住友・DC日本リートインデックスファンド 国内REIT 0.26% 東証REIT指数
三井住友・DC外国リートインデックスファンド 外国REIT 0.28% S&P先進国REIT指数(除く日本)

他シリーズとの比較

低コストインデックスファンドには、三井住友DCシリーズの他にも多数のシリーズがあります。下表は、各ファンドシリーズ・投資クラス毎の手数料を比較したものです。

各シリーズのインデックスファンド手数料・比較

ファンドシリーズ 日本株 先進国株 新興国株 先進国債券 国内リート 海外リート
ニッセイインデックス 0.18% 0.20% 0.17% 0.25% 0.29%
eMAXIS Slim 0.18% 0.20% 0.17%
iFree 0.205% 0.23% 0.37% 0.18% 0.31% 0.33%
たわらノーロード 0.211% 0.24% 0.53% 0.21% 0.32% 0.38%
三井住友DC 0.205%
*TOPIX型
0.27% 0.60% 0.22% 0.26% 0.30%
EXE-iシリーズ 0.32% 0.39% 0.42% 0.36%
FUNDS-i 0.43% 0.59% 0.65% 0.59% 0.43% 0.59%
eMAXIS 0.43% 0.65% 0.65% 0.65% 0.43% 0.65%
SMT 0.40% 0.54% 0.65% 0.54% 0.43% 0.59%
i-mizuho 0.41% 0.62% 0.63% 0.63% 0.42% 0.64%
インデックスe 0.205% 0.54% 0.54%

参照:ダイヤモンドZAI2017年02月号p.71

参考 各資産クラスのファンド一覧は、以下をご参照ください。
低コストインデックスファンドの比較・一覧。投資先別のおすすめ等

ニッセイインデックスたわらノーロード、またiFreeシリーズなどの低コストシリーズがひしめく中、三井住友DCは、ニッセイインデックスやiFreeと比べてると、若干割高な手数料となっています。実際、私もニッセイインデックスを利用しています。

ただし、ニッセイ・iFreeシリーズでは取り扱っていない、全世界株式を投資対象としてインデックスファンドがあるので、先進国と新興国を分けずに、全世界へ投資したい方は検討してみるのも良いでしょう。

お得な購入先(証券会社)

三井住友DCシリーズは、SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券SMBC日興証券(一部ファンドのみ)等のネット証券で購入ができます。

どのネット証券でも購入手数料は無料(ノーロード)ですが、ファンド保有時のポイント還元サービスがあるため、楽天証券が最もお得な購入先となります。

各ネット証券で、ファンド保有時のポイント還元サービスを行っていますが(下表参照)、iFreeシリーズがポイント還元の対象となるのは、楽天証券のみです。

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

各証券会社のポイント還元サービス・まとめ

証券会社 還元率 特徴
SBI証券 年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券 残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券 月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券 月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

投資信託の保有でポイントが貯まるネット証券の比較

楽天証券は、お得なポイント還元で投資信託が保有できたり、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、ステージ制IPO、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

楽天証券の特徴

楽天証券公式ページ
  • 楽天ポイントで投資信託が買える
  • 全6カ国の外国株・海外ETFが取引可能
  • 日経新聞が無料で読める
  • マネーブリッジで普通預金金利が0.1%へ

口座開設費・維持費は無料なので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。

参考 楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大110,000円相当のポイントがもらえます(3月31日まで)

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、楽天証券の解説や口座開設キャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

ただし、三井住友DC新興国株式ファンドや三井住友DC日本リートインデックス三井住友・DC外国リートインデックスファンドはSBI証券でポイント付与対象となっているので、これらのファンドの場合、投信マイレージでポイント還元率の高いSBI証券を選ぶと良いでしょう。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

SBI証券は、投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券の詳細やキャンペーン情報は、以下をご参照ください。