比較

ロボアドバイザー比較|手数料・実績の比較とおすすめロボアドバイザーを解説

ロボアドバイザー比較|手数料・実績の比較とおすすめロボアドバイザーを解説

ロボアドバイザーは、最新のテクノロジーを利用して、投資初心者でも手軽に投資を始めることができるサービスです。

資産配分の決定から商品購入、資産管理など投資に必要なありとあらゆることを自動で行ってくれるため、忙しいビジネスパーソンの方など、投資に時間をかけられない人にも人気・注目を集めています。

しかし、ウェルスナビ・楽ラップ・テオ・マネラップ(MSV LIFE)など様々なロボアドバイザーが乱立しており、どれを選んで良いか?迷ってしまいます。

そこで、本記事では、各ロボアドバイザーの特徴や手数料、運用実績などを比較していきます。また、これらの観点から、おすすめのロボアドバイザーについても解説していきます。

おすすめのロボアドバイザーは?

はじめに、ロボアドバイザーの手数料や実績などを比較していきます。

以下の表は、ウェルスナビやテオ、楽ラップなどのロボアドバイザーのタイプや手数料を比較したものです。

名称種類手数料自動
積立
自動税金
最適化
ウェルスナビ投資一任型実質0.4%〜
楽ラップ投資一任型0.99%×
テオ投資一任型1.08%×
ダイワ
ファンドラップ
投資一任型1.42%×
マネラップ投資一任型0.99%××
投信工房アドバイス型0.38%××
投信ロボアドバイス型××

スバリ、結論から言うと、ウェルスナビ(詳細はこちら)がオススメです。

ウェルスナビがオススメできる理由は、以下の3つです。運用実績はもちろんのこと、自動税金最適化(DeTAX)サービスにより、実質的に手数料が最も安くなります。

ウェルスナビがおすすめな理由
  • 手数料が実質的に最も安い
  • 積立・資産管理など全て自動
  • 運用実績が良い

ウェルスナビ 公式ページ

ウェルスナビCEOの柴山和久さんによれば、自動税金最適化により、年間0.4~0.6%程度の負担減になるとのことです。(以下、原文)

「WealthNavi for SBI証券」の運用手数料は1%ですが、多くの場合、「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。

引用:「WealthNavi for SBI証券」のウェルスナビ株式会社 柴山CEOへインタビュー

WelthNaviの手数料は年率1%で、楽ラップよりも若干高いですが、このDeTAXにより実質的なコストは、ウェルスナビの方が安くなります。

手数料は、運用成績に対して確実なマイナスリターンをうむため、ウェルスナビのように、手数料の安いサービスを利用して、投資パフォーマンスの確実な向上をえらいましょう。

ウェルスナビの詳細確認・申し込み(無料)

また、今ならウェルスナビの新規申し込みキャンペーンで、手数料が実質無料になる他、最大3,000円の現金がもらえます。

あわせて読みたい
ウェルスナビのキャンペーンで手数料キャッシュバック&最大3,000円がもらえる
ウェルスナビのキャンペーンで手数料キャッシュバック&最大5,000円がもらえる現在、WealthNavi(ウェルスナビ)では、お得なキャンペーンを行っています。口座開設で1ヶ月間手数料が無料になるだけでなく、積立運...

以下では、ロボアドバイザーの比較ポイント、またロボアドバイザーの厳選3つをランキング形式で詳しく解説していきます。

ロボアドバイザーの比較・選ぶポイントは?

ロボアドバイザーを選ぶ上で重要となるポイント・基準は、以下の3つです。

ロボアドバイザーを選ぶ基準
  • 手数料の安さ
  • 利便性・手間がかからない
  • 運用実績

以下、各項目ごとに詳しく見ていきます。

手数料の安さを比較

手数料は、投資への確実なマイナリターンとなり、投資パフォーマンス・運用実績を悪化させるため、手数料の安いサービスを選んで、確実な投資成果の向上を狙うことが重要です。

ロボアドバイザーにかかる手数料は、利用手数料と信託報酬の2つです。

利用手数料とは、ロボアドバイザーサービスを利用する手数料で、資産配分の決定や投資商品の買い付け、リバランスなど、ロボアドバイザーが行う資産管理の手間賃のようなものです。

一方、信託報酬とは、ロボアドバイザーが購入する投資商品(インデックスファンドやETF)自体の手数料です。これらの商品は、保有期間中、0.1%程度の信託報酬が発生します。

手数料の種類
  • 利用手数料:ロボアドバイザーサービスの手間賃
  • 信託報酬:買付した投資商品にかかる手数料

この2つの手数料を頭においた上で、各ロボアドバイザーの手数料を比較していきます。

ロボットアドバイザーの手数料比較

名称実質・合計
手数料
利用手数料信託報酬
ウェルスナビ0.40%〜1.00%利用手数料
に含まれる
楽ラップ0.99%0.99%0.228%
(最大)
テオ1.08%1.08%利用手数料
に含まれる
ダイワ
ファンドラップ
1.42%0.648%0.343%
マネラップ0.99%1.08%0.34%

上の手数料比較表を見ると、テオ・ウェルスナビ・楽ラップが、同水準で安くなっています(テオが公表している手数料は、サービス利用料金と信託報酬が一緒になっています)。

しかしながら、実は、ウェルスナビの自動税金最適化(DeTAX)により、実質的な手数料は、ウェルスナビが最も安くなります。

ウェルスナビのDeTAXは、先に述べたように0.4〜0.6%のコスト削減効果があるため、実質的な手数料負担は、テオや楽ラップよりも安くなります。

ウェルスナビ 公式ページ

利便性・運用の手間を比較

次に、重要になるのが、投資・資産運用にかかる「手間(利便性)」です。ロボットアドバイザーの最大の魅力は、投資・資産運用にかける時間を抑えられる点です。

そのため、自動積立やリバランスなど資産管理を全て任せることができるロボットアドバイザーを選ぶようにしましょう。

自動積立可能なものを選ぶ

ウェルスナビ・テオ・楽ラップでは、自動積立が行えます。申し込み・登録をする際に、自動積立の設定を行えば、毎月1万円から自動で積立が行えます。

自動積立が可能なロボアドバイザー
  • ウェルスナビ
  • 楽ラップ
  • テオ

MSV LIFEは積立サービスはありますが、自動でない点が残念ですね。他のロボアドバイザーも自動積立はできません。

自動リバランスのものを選ぶ

ロボアドバイザーには「アドバイス型」と「投資一任型」の2つの運用タイプがあります。

アドバイス型は、松井証券の「投信工房」や岡三オンライン証券の「投信ロボ」のように、その人にあった資産配分の提示だけを行うサービスです。

一方、投資一任型は、資産配分の設計から購入・積立、また資産管理(リバランスなど)も全て行ってくれるサービスです。

ロボアドバイザーの種類
  • アドバイス型:資産設計だけ行う
  • 投資一任型:資産設計、購入・積立、リバランスなど全て行う

投資の手間や時間を省きたい人は「投資一任型」がオススメです。ウェルスナビ、テオ、楽ラップが投資一任型となっており、自動積立サービスも利用できます。

運用実績を比較

過去のロボアドバイザーの運用実績の比較は、あくまで過去の結果で、今後も同じようになる保証がないこと、また、選択した資産配分によって、リスク・リターンが大きく変わることから、あまり参考になりません。

例えば、株式比率が多めの資産設計をされた方は、ハイリスク・ハイリターンになりますし、債券比率が多めとなれば、ローリスク・ローリターンになります。

そのため、資産配分が同じ場合、手数料の安いロボアドバイザーを選ぶことが重要になります。

ロボアドバイザー厳選3選・ランキング

以下では、ここまで解説してきたポイントを踏まえ、ロボバイザーとして優秀なトップ3とその特徴・魅力を解説していきます。

ウェルスナビ(WelthNavi)

おすすめ度No.1が「ウェルスナビ(詳細はこちら)」です。

これまでの、ロボアドバイザーの比較を見ても分かるように、手数料・管理の手間・運用実績の3点において、楽ラップやテオよりも有利なサービスとなっています。

ウェルスナビのメリット
  • 入金・積立・リバランスが全て自動
  • 10万円から始められる
  • 割安な手数料:入出金・為替・積立手数料など無料
  • 特定口座に対応
  • 自動税金最適化(DeTAX)

ウェルスナビ 公式ページ

サービス手数料や信託報酬などのコストは楽ラップ・テオと変わりませんが、他サービスにない「自動税金最適化(DeTAX)」により、実質的な手数料を大幅に下げられる点が、最大の魅力です。

手数料は、投資への確実なマイナスリターンとなるため、ウェルスナビのように手数料の安い商品を選ぶことが、投資パフォーマンスの向上に重要です。

ウェルスナビ 公式ページ

本サイトでのウェルスナビの詳細・解説は、以下をご参考ください。

あわせて読みたい
ウェルスナビで積立投資を行うメリットは?実績や利回り、他社との比較など解説!
ウェルスナビで積立投資を行うメリットは?実績や利回り、他社との違いなど比較WealthNavi(ウェルスナビ)は、ロボバイザーによる自動運用で、投資ができるサービスです。入金から買付・積立、リバランスや節税対策...

また、今ならキャンペーンで最大2ヶ月間手数料が実質無料になる他、最大3,000円の現金がもらえます。サービスの申し込み費用などは無料なので、この機会に、ウェルスナビを始めて見ると良いでしょう。

ウェルスナビ キャンペーン公式

楽ラップ

ウェルスナビの次にオススメなロボアドバイザーは「楽ラップ」です。

ウェルスナビ・テオと同様に、低コストで投資を一任できる点が魅力です。

楽ラップのメリット
  • ロボアドバイザーの資産運用で手間がかからない
  • 手数料が安い
  • 下落ショック軽減機能(TVT機能)がある
  • 毎月1万円から積立できる
  • 楽天ポイントが貯まる

⇒ ⇒ 楽天ラップ 公式ページ

ウェルスナビのようなDeTAX機能がないため、おすすめランキング2位としましたが、下落ショック軽減機能(TVT機能)や楽天ポイントが貯まる点は、他サービスにないメリットです。

TVT機能とは、資産の下落ショックを軽減する楽ラップ特有の機能です。

過去のデータから導き出した「株式市場の価格変動が大きくなる局面では株式市場から得られるリターンが小さい」と言う傾向を踏まえ、株式市場の変動が大きくなった際に、楽ラップ内の株式資産の割合を減らして、逆に債券資産の割合を増やします。

TVT機能(下落ショック軽減機能)の概略図

楽ラップのTVT機能楽ラップのTVT機能
参考:楽天証券

この機能のため、原理的に他のサービスと比べて、リスク低減効果があります。しかし、債券の比率を増やした際に、株式の高騰などが起きた場合は、その上昇についていけない場合もあります。

そのため、リスクを抑えて安定した運用を行いたい方向きの商品です。

本サイトでの楽ラップの詳細・解説は、以下をご参考ください。

あわせて読みたい
楽ラップとは?手数料や運用法など楽天証券のラップ口座を解説
楽ラップ評価|メリット・デメリットは?手数料やウェルスナビ・テオとの比較は?楽ラップは、楽天証券が提供するロボアドバイザー型の低コストラップ口座サービスです。 1%以内の手数料で、ロボアドバイザーによる、そ...

また、現在キャンペーンで、最大2万円相当のポイントがもらえます。キャンペーンの詳細は、以下の記事をご参考ください。

あわせて読みたい
楽ラップキャンペーン|申込&積立で最大2万ポイント!8月31日まで
楽ラップキャンペーン|申込&積立で最大2万ポイント!9月30日まで楽ラップのキャンペーンが楽天証券で始まりました。はじめて楽ラップの申し込みを行った方に、もれなくポイント(最大で2万円相当)がプレゼント...

楽ラップの購入は楽天証券で行えます。楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大21,000円相当がもらえます。(7月31日まで)

楽天証券 公式ページ

テオ(THEO)

ウェルスナビ・楽ラップ同様に、資産設計から積立、管理まで投資を一任できるロボアドバイザーです。手数料も2社と代わりありませんが、DeTAXやTVT機能など独自のオリジナルポイントは特にありません。

ロボアドバイザー比較・まとめ

ここまで解説してきたように、低コストで投資を一任できるロボアドバイザーとして最もオススメできるのは「ウェルスナビ」です。運用実績もよく、独自のDeTAXを加味すると、実質のコストもダントツに安くなります。

また、今なら口座開設キャンペーンで、最大2ヶ月間手数料がキャッシュバックされたり、最大3,000円がもらえるなど、お得にウェルスナビを始めることができます(詳細はこちら)。

ウェルスナビの口座開設・登録などは全て無料なので、ロボアドバイザー投資を始めるなら、ウェルスナビでお得に始めると良いでしょう。

ウェルスナビ 公式ページ