ETFとは?メリット・デメリットや信託報酬、配当金など国内・海外ETFのおすすめ・ランキング等も解説

ETFとは?メリット・デメリットや信託報酬、配当金など国内・海外ETFのおすすめ・ランキング等も解説

ETFとは?メリット・デメリットや信託報酬、配当金など国内・海外ETFのおすすめ・ランキング等も解説

ETFとは?メリット・デメリットや信託報酬、配当金など国内・海外ETFのおすすめ・ランキング等も解説



ETF(上場投資信託)とは、低コスト分散投資にピッタリの金融商品です。ETFを利用することで、国内・海外の株式や債券、不動産市場、またコモディティなど様々な資産クラスに分散投資が行えます。手数料も安いため低コストで投資できる点も魅力的です。

本ページでは、ETFの特徴やインデックスファンドとの違い、また、国内外の低コストETFなどを解説していきます。さらに、売買コストを抑えることができるお得な購入先(証券会社)についても紹介していきます。

ETF(上場投資信託)とは?

ETFの仕組みや特徴、またインデックスファンドとの違いなどを解説していきます。

ETFとは?

ETFは、証券取引所に上場している投資信託です。そのため「上場投資信託」とも呼ばれています。上場しているため、国内の株式と同じように証券取引所が開いている時間(立会時間)にいつでも売買できます。

投資信託とは、多くの投資家から集めた資金を大きな一つの資金としてまとめ、運用会社が株式・債券などに投資する金融商品です。ETFは、投資信託の中でも株価指数などのインデックスと同等の投資成果を目指す商品です。

インデックスに連動する投資商品には、ETFの他に、非上場インデックスファンドがあります。そのため、次にこの2つの違いを解説していきます。(以降、上場インデックスファンドを「ETF」、非上場インデックスファンドを「インデックスファンド」とします。)

インデックスファンドとETFの違い

インデックスファンドとETFの違いには、「コスト面の違い」と「利便性(売買方法など)の違い」の2点があります。以下、これら2つの違いについて解説していきます。

インデックスファンドとETFの違いとは?各商品の特徴や使い方など解説

コスト(手数料)の比較

コスト(手数料)には、大きく分けて、商品の購入時にかかる「購入手数料」と商品を保有している期間にかかる「信託報酬」の2種類があります。この2種類のコストは、ETFとインデックスファンドで、一般的に下表にまとめたようになっています。

基本的には、購入手数料はインデックスファンドが安く、逆に信託報酬はETFの方が安いという傾向になっています。そのため、長期的に商品を保有しつづける場合は、ETFのお得度が増します。

ETFとインデックスファンドの違い【コスト】

項目ETFインデックスファンド
初期費用
(売買手数料)
株式同様に売買手数料がかかる
  • ネット証券の場合、ほとんどが購入手数料無料
  • 一部ファンドは、売却時に信託財産留保額がかかる
継続費用
(信託報酬)
一般的にインデックスファンドよりも安い
⇒ 信託報酬の安さがETFの魅力
  • 一般的に、ETFよりも若干高め
  • 海外資産クラスの場合、インデックスファンドが安いことも

利便性の比較

ETFとインデックスファンドには、コスト面の他に、売買方法など利便性に違いがあります。商品買付方法の違いや配当金・分配金の取り扱いなどの面で、下表にまとめたような違いがあります。

基本的に、株式投資を行ったことがない投資初心者の方には、インデックスファンドの方が利用しやすい(利便性が高い)と言えます。

ETFとインデックスファンドの違い【利便性】

項目ETFインデックスファンド
売買時
(購入時)
  • 株式数単位の購入
    ⇒金額ベースの購入はできない
    (キンカブなら可能)
  • 自動積立はできない
  • 金額ベースで買付可能
  • SBI証券なら最低500円から毎月の自動積立が可能
分配金自動再投資ができない
⇒ 再投資の場合、自分で行う
自動再投資が可能

上の表を見ると分かるように、利便性ではインデックスファンドが一歩上手です。積立や分配金再投資が、自動でできます。それに対して、ETFは、自分で買付や分配金の再投資を行わなくてはいけいうえ、金額ベースでの買付ができません。

参考 ただし、SMBC日興証券のキンカブを利用すれば、金額ベースで株式やETFを売買することもできます。キンカブについての詳細・解説は、以下をご参照ください。

キンカブとは?SMBC日興証券のNISAに最適な金額指定で株式・ETFが購入できるサービス
キンカブとは、金額ベースで株式やETFの売買ができるSMBC日興証券独自の取引システムです。株数指定で株式の売買を行うことが...

国内ETFと海外ETF

ETFには、大きく分けて、国内に上場しているETF「国内ETF」と海外(米国など)に上場している「海外ETF」があります。それぞれ手数料・コストや利便性、商品の豊富さなどの違いがあります。両者の違いは、下表にまとめたようになります。

国内ETFと海外ETFの比較

項目国内ETF海外ETF
コスト
  • 国内株式同様の価格で売買できる。
    ⇒ 売買手数料が安い
  • 海外ETFより信託報酬が割高
  • 売買手数料が割高。為替手数料もかかる
  • 信託報酬が割安
利便性
  • 商品の選択肢が少ない
  • 市場価格と基準価格が乖離することがある
  • 商品の選択肢が非常に多い。豊富
  • 出来高が多い
    ⇒ 乖離率が小さい

上の表からわかるように、国内ETFは、売買手数料が安く、またETFの資産評価額が日本円なので分かりやすいというメリットがあります。ただし、商品の種類が限られたり、日々の売買高が少ないので乖離が起きたりするなどのデメリットがあります。

一方、海外ETFは、信託報酬が格安で商品の種類も多く、乖離もそれほど大きくはなりません。しかし、米国など海外の株式を購入するので、売買手数料が割高だったり、売買手数料以外に為替手数料がかかります。

参考 SBI証券などの一部ネット証券では、NISA口座で海外ETFの買付手数料が無料になるなど、お得に海外ETFの購入が行えます。詳しくは、以下をご参照ください。

SBI証券で海外(米国・中国)ETFや外国株を売買するメリット・デメリット。手数料や特定口座、NISA口座の扱いなど解説
SBI証券は、ネット証券ナンバー1の外国株式・ETFの取扱量と、業界最安の売買手数料で、海外株式市場への投資を目的とした個人...

国内・海外ETFいずれもメリットやデメリットがあるので、自分にあったETFを利用するのが良いでしょう。基本的には、少々手間をかけてもコストを抑えたいなら海外ETF、手間を抑えたいなら国内ETFという感じで選ぶと良いでしょう。

まとめ

ここまで解説してきたように、ETFは、保有中にかかる手数料(信託報酬)が安いので、長期投資向いた金融商品です。また、国内株式同様に売買ができる点も特徴的です。海外ETFを利用すれば、海外の様々な国や資産に投資を行うことができる点も魅力の1つです。

皆さんの投資方針(手間やコスト)に応じて、活用を吟味してみてください。個人的には、手間をかけたくない場合「インデックスファンド」、少々の手間をかけてもコストを下げたい方は「ETF」が良いのかな?と思ったりします。

おすすめ・注目の国内ETF

国内ETFの中でも人気や注目度が高いETFを紹介していきます。

売買手数料無料のフリーETF

ETFは信託報酬がインデックスファンドと比べて割安なものの、売買手数料がかかってしまう点がデメリットでした。しかし、カブドットコム証券フリーETFを利用すると、t手数料無料で売買が行えます。ETFのデメリットである売買手数料が無料になるので、フリーETFは、最強の低コスト金融商品とも言えます。

下表は、フリーETFとなっている全15銘柄です。様々な投資先・資産クラスの銘柄があるので、幅広い分散投資、また相場変動を狙った投資などが、超低コストで行えます。

フリーETF一覧(全15銘柄):

投資先コード銘柄名信託報酬
日本株1344MAXIS トピックス・コア30上場投信0.19%
1346MAXIS日経225上場投信0.17%
1348MAXISトピックス上場投信0.078%
1353MAXIS S&P東海上場投信0.50%
1460MAXISトピックスリスクコントロール(5%)0.24%
1485MAXISトピックスリスクコントロール(10%)0.24%
1593MAXIS JPX日経インデックス400上場投信0.078%
1574MAXIS JAPANクオリティ150上場投信0.24%
1485MAXIS JAPAN設備・人材積極投資企業200上場投信0.22%
外国株1550MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信0.25%
1557SPDR S&P500 ETF0.0945%
1552国際のETF VIX短期先物指数0.36%
1561国際のETF VIX中期先物指数0.36%
REIT1597MAXIS Jリート上場投信0.25%
債券1349ABF汎アジア債券インデックス・ファンド0.20%

フリーETFとは?積立におすすめの売買手数料無料のETF。信託報酬・デメリット・NISA等

ちなみに、このフリーETFは、カブドットコム証券のみで売買手数料が無料になります。他の証券会社では無料になりません。そのため、フリーETFを売買したい場合、カブドットコム証券の口座開設(無料)が必要です。

参考 カブドットコム証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

⇒ t-kabucom-c

また、カブドットコム証券の特徴や詳細は、以下をご参照ください。

カブドットコム証券口座開設のメリットは?手数料やIPO、キャンペーン、NISAなど解説!
カブドットコム証券 は、国内株式・ETF・FX・投資信託・CFDなど幅広い金融商品を取り扱っている総合証券です。売買手数料無...

iシェアーズ東証シリーズ

格安の手数料で注目度の高い国内ETFが「iシェアーズ(iShares)」です。iシェアーズは、世界最大級の資産運用会社「ブラックロック・グループ」が運用するETFで、世界のETF市場で約4割のシェアを持っています。

東京証券取引所(東証)に上場しているiシェアーズETFを利用することで、我々日本人の投資家は、全世界の様々な株式や債券、不動産(REIT)等に投資を行うことができます。

iシェアーズ東証シリーズETF一覧:

投資先コード銘柄名信託報酬
日本株1329iシェアーズ日経225ETF0.17%
1364iシェアーズJPX日経400ETF0.17%
1475iシェアーズTOPIX ETF0.06%
1477iシェアーズMSCI日本株最小分散ETF0.19%
1478iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF0.19%
外国株1581iシェアーズ先進国株ETF0.25%
1582iシェアーズエマージング株ETF0.18%
1583iシェアーズフロンティア株ETF0.79%
1587iシェアーズ米国超大型株ETF0.20%
1588iシェアーズ米国小型株ETF0.20%
1589iシェアーズ米国高配当株ETF0.12%
債券1361iシェアーズ米国ハイイールド債券ETF0.50%
1362iシェアーズ新興国債券ETF0.50%
1363iシェアーズ米国債ETF0.20%
REIT1475iシェアーズJリートETF0.16%
1590iシェアーズ米国リート・不動産株ETF0.45%

iシェアーズ国内ETFとは?東証に上場する銘柄の手数料・特徴の比較・一覧など

iシェアーズ、および国内ETFのオススメ購入先はGMOクリック証券です。GMOクリック証券は、元々の売買手数料が安いうえ、GMOインターネット(9449)GMOクリックホールディングス(7177)株主優待で、売買手数料を実質無料(全額キャッシュバック)にできます。

株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法・手順

売買手数料など投資の初期費用は、投資パフォーマンスを悪化させるので、コストを抑えて相対的な投資パフォーマンスの向上を目指すことが重要です。実際、私も国内ETF・株式の売買は、GMOクリック証券をメインで利用しています。

参考 GMOクリック証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

GMOクリック証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、GMOクリック証券の詳細や国内ETFのオススメ購入先は、以下をご参照ください。

おすすめ・注目の海外ETF

海外ETFは、超低コストで様々な国や地域の株式・債券・コモディティ等に投資できる点が特徴です。その海外ETFの中でも格安な手数料を誇るバンガード社のETFを紹介していきます。

超低コスト「バンガードETF」

海外ETFで人気・注目のETFは、バンガード社のETFです。下表は、日本から購入できるバンガードETFの銘柄およびコスト一覧です。世界の様々な株式・債券市場に、超低コストで分散投資できることがわかります。

バンガードETF(株式)

投資先銘柄名信託報酬投資対象
全世界株式バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)0.11%全世界の先進国・新興国株式市場
バンガード・トータル・インターナショナル・ストックETF(VXUS)0.11%米国を除く先進国・新興国株式市場(小型株含む)
バンガード FTSE・オールワールド(除く米国)ETF(VEU)0.11%米国を除く先進国・新興国株式市場(小型株含まない)
先進国株バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)0.09%米国を除く先進国株式市場
バンガード・FTSE・ヨーロッパETF(VGK)0.10%ヨーロッパ株式市場
バンガード・FTSE・パシフィックETF(VPL)0.10%太平洋地域の株式市場
バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(VSS)0.13%米国を除く全世界の小型株式市場
新興国株バンガード・FTSE・エマージング マーケッツETF(VWO)0.14%新興国株式(小型株含む)

バンガードETFの全銘柄はこちらをご覧ください。

ちなみに、バンガードETFなど米国ETFを購入する場合、SBI証券がオススメです。以下に解説するように、手数料が安い点が魅力的です。コストは投資家への確実なマイナスリターンとなり、パフォーマンスを悪化させるので、コストを下げることは重要です。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

海外(米国)ETF・株式で手数料が安い証券会社は?

海外ETFの取引は、手数料の安いネット証券がオススメです。ネット証券では、SBI証券マネックス証券楽天証券の3社で米国や中国に上場するETFや株式を売買できます。

下表は、その3社の米国ETFの売買にかかる手数料の比較表です。海外ETFを購入する場合、「売買手数料」および「為替手数料」の2種類のコストがかかりますが、SBI証券では、その両方の手数料が国内最安となっています。

ネット証券の手数料比較(米国ETF):

証券会社売買手数料為替手数料
(1ドル両替あたり)
SBI証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
住信SBIネット銀行で0.15円
マネックス証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
楽天証券25ドル0.25円

売買手数料は、SBI証券とマネックス証券が同水準の安さですが、為替手数料はSBI証券の方が安いことがわかります。そのため、取引にかかるトータルコスト(売買手数料+為替手数料)は、SBI証券が最も安くなります。

海外へ投資する際の手数料(コスト)は国内株式と比べて割高なので、SBI証券でコストを抑えて投資することが重要です。SBI証券は、コストだけでなく、取り扱い国の多さや特定口座の対応など利便性も充実しています。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券の詳細や海外ETF向けの証券会社の選び方やオススメは、以下をご参照ください。

SBI証券は、米国株・海外ETFの手数料の安さの他にも、投資信託の品揃えが良く、コストも業界最安水準です。また、投信マイレージIPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2016年オリコン:ネット証券部門で第1位!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

ETFとは?メリット・デメリットや信託報酬、配当金など国内・海外ETFのおすすめ・ランキング等も解説
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!