Amazonギフト券「3,000円」プレゼント!

【ブログ解説】SBI証券「ETF定期買付」のデメリットは?やり方・おすすめ銘柄

【米国株で積立投資】SBI証券の米国株・ETF定期買付の活用法・おすすめ銘柄

本記事では、SBI証券の人気サービス「米国株・ETF定期買付」の特徴やメリット、またデメリットや注意点、やり方、さらに定期買付のおすすめ銘柄などを解説していきます。

サイト管理人

やや複雑な定期買付のやり方を図解付きで解説していきますので、利用を検討されている方は、ぜひご覧ください。

SBI証券の「米国株・ETF定期買付」は、自動的に定期購入

SBI証券「定期買付」の特徴・メリット
  • 米国株・ETFを自動積立できる!
  • 買付日や頻度を自由に設定できる!
  • 日本円で決済可能!
    *もちろん米ドル決済も可能
  • NISA枠も有効活用できる!
サイト管理人

経済成長著しい米国の高配当株・ETFに積立投資が行えます。

このように、便利な「米国株・ETF定期買付」ですが、

  • デメリット・注意点は?
  • やり方や始め方が難しい?
  • どの銘柄が

そこで本記事では、SBI証券「定期買付」の特徴・メリットを解説するだけでなく、デメリットや定期買付の始め方・やり方、さらに人気の積立銘柄などを徹底解説していきます。

本記事は、単元株(1株単位)の積立に関するものです。
1株未満(ミニ株)の米国株投資は、以下の記事をご参考ください。

【米国株】ミニ株(1株未満)で少額投資!1万円以下のポートフォリオを作る方法

目次

SBI証券の米国株式・ETF定期買付サービス

さっそく、米国株式・ETF定期買付サービスについて解説していきます。

定期買付サービスとは?

引用元:SBI証券

定期買付サービスとは、始めに米国株や米国ETFの「買付金額」や「購入頻度」を指定すれば自動的に定期購入できるサービスです。

サイト管理人

投資信託の自動積立に似たサービスで、毎月の自動積立などが行えます。

項目内容
対象者
利用条件
SBI証券の口座開設&外貨建商品取引口座を開設していること
インターネットでの取引が可能であること
「米国株式・ETF定期買付約款」
「外国株式に関する説明書」を閲覧、同意すること
取扱銘柄SBI証券で取り扱う全ての米国株式(ADRを含む)・米国ETF
預り区分特定預り・一般預り・NISA預りから選択可能
設定コース日付指定コース・曜日指定コース(複数指定可)から選択可能
年2回のボーナス月設定も可能
注文方法金額指定・株数指定
*ボーナス月設定の場合「株数指定」のみ
発注方法成行注文のみ
定期買付サービスの概要
サイト管理人

SBI証券の口座開設を行い、同意事項などを確認すれば、米国株・米国ETFの定期購入・積立が行えます!

→ SBI証券【公式】

以下、設定方法・コースなど各項目について詳しく解説していきます。

定期買付(積立)の利用条件

米国株式・ETFの定期買付サービスの利用する条件は以下の3つです。

定期買付サービスの利用条件
  1. SBI証券の総合口座・外貨建商品取引口座の開設
  2. インターネットでの取引が可能であること
  3. 「米国株式・ETF定期買付約款」「外国株式に関する説明書」を閲覧、同意すること

実際の定期買付サービス利用までの手順・流れは以下のようになっています。

始めにSBI証券の口座開設を行い、その後「外貨建商品取引口座」の開設、各種約款・説明書を閲覧・同意する流れになります。

STEP
SBI証券の口座開設

SBI証券の総合口座を開設する。米国株購入用の米ドルを低コストで調達できる「住信SBIネット銀行」を同時開設しておくと便利です。

STEP
外貨建商品取引口座開設

SBI証券の総合口座開設時にオプションとして、同時開設も可能です。

STEP
各種約款・説明書を閲覧・同意

口座開設が完了すると、ログイン後のトップページで確認すべき約款・説明書が出てくるので、閲覧・同意しましょう。

SBI証券の口座開設方法の手順、図解付き解説は、以下をご参考ください。

→ SBI証券口座開設の手順・流れ【図解】

設定方法・コース

引用元:SBI証券
サイト管理人

次に、定期買付の設定コース・積立設定について解説していきます。

定期買付の設定コースは、日付や曜日を指定して積立設定をするコースと、年2回のボーナス月に積立設定を行うコースの「2種類」があります。

定期買付の設定コース
  1. 日付指定・曜日指定コース(複数指定可):
    日付や曜日を指定して定期買付(積立)を行う
  2. ボーナス月設定コース:
    年2回のボーナス月に積立設定も可能
サイト管理人

例えば、「毎月25日に定期買付」や「毎週火曜日に定期買付」のような設定が行えます。

設定単位(金額指定・株数指定)

購入金額・株数の設定方法は、先に解説した「設定コース」の種類によって変わります。

項目株数指定金額指定
日付指定
曜日指定
ボーナス月
設定コース
×
設定コースと設定単位

日付・曜日指定コースの場合は「金額指定・株数指定」のどちらも設定可能ですが、ボーナス月設定の場合は「株数指定」のみの注文になります。

サイト管理人

私は「日付指定コース」の「金額指定」で米国ETFの定期買付を設定予定です。

決済(外貨・円貨)と注文方法

株数指定の場合、1株以上・1株単位で注文が行えますが、金額指定の場合は、円決済か外貨(米ドル)決済によって注文単位が変ります。

外貨決済は1セント以上・1セント単位で、円貨決済は1円以上・1円単位で注文可能です。

決済(外貨・円貨)と注文方法
  • 株数指定:1株以上・1株単位
  • 金額指定(外貨決済):1セント以上・1セント単位
  • 金額指定(円貨決済):1円以上・1円単位
サイト管理人

米国株・ETFは通常自分で円を米ドルに両替したりする必要があるので、円決済を選べるのは便利ですね!

為替手数料を安く抑えたい方は「住信SBIネット銀行」で米ドルを安く調達して、外貨決済する方がお得です。

→ 手数料の解説

注文コース注文方法
日付指定
(例:毎月25日など)
金額指定・株数指定
曜日指定
(例:毎週火曜など)
金額指定・株数指定
ボーナス月指定株数指定のみ
設定コースと注文方法【まとめ】

手数料は?

定期買付サービスでは、特に余分な手数料は発生せず、通常の米国株・米国ETFの取引と同様の手数料で購入・買付が可能です。

SBI証券での米国株の取引手数料は、他の証券会社と同様に「売買手数料」と「為替手数料」の2種類のコストがかかります。

米国株取引の2種類の手数料
  • 売買手数料:株式やETFを売買する際の手数料
  • 為替手数料:日本円を米国株購入用の米ドルに両替する際の手数料

SBI証券は、いずれのコストも業界最安水準のコストで、それぞれ以下のような手数料体系となっています。

項目内容
売買手数料約定額の0.45%
*最大20ドル
為替手数料1米ドルあたり25銭(0.25円)
*住信SBIネット銀行経由で4銭
SBI証券の米国株取引手数料

住信SBIネット銀行を経由して為替手数料を安くする方法・SBI証券での米国株の買い方は、以下をご参考ください。

→ 【図解】SBI証券でお得に米国株を買付する方法

NISAなら米国ETFの買付手数料

売却益や配当などにかかる税金が非課税になる「NISA」を利用する場合、NISA口座内での米国ETFの買付手数料は無料になります。

サイト管理人

米国ETFのみの手数料優遇(米国株は対象外)ですが、毎月1万円の積立など「小資金」を積立予定の方でも、手数料を気にせず定期買付が利用できます!

NISAは、この手数料優遇だけでなく、配当金や譲渡益などに課せられる約20%の税金も非課税になるので、積極的に活用したサービスです。

参考:NISAとは?メリット・デメリットを比較・解説

  • 米国株はNISA口座での手数料優遇は受けられませんが、非課税メリットは享受できます。
  • 米国株・米国ETFは「つみたてNISA」の適用外なので、一般NISAを活用しましょう。

米国ETF(9銘柄)なら買付手数料

SBI証券では、NISA口座の買付でなくても、以下の9銘柄は買付手数料無料で取引可能です。

ティッカー
コード
銘柄名投資先
VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF全世界株
VOOバンガード・S&P500ETF米国株
VTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF米国株
IVViシェアーズS&P500ETF米国株
SPYSPDR S&P500 ETF米国株
EPIウィズダムツリー インド株収益ファンドインド株
DHSウィズダムツリー米国株高配当ファンド米国高配当株
DLNウィズダムツリー米国大型株配当ファンド米国高配当株
DGRWウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長米国高配当株
SBI証券で買付手数料無料の米国ETF(全9銘柄)
サイト管理人

VTやVTI、VOOなど長期分散積立投資にぴったりのバンガードETFが対象なので、定期買付サービスと相性が良いです!

以下の取引は、手数料無料!0円!

  • 米国ETFの指定9銘柄の買付
  • NISA口座での買付

SBI証券「ETF定期買付」のデメリット・注意点は?

次に、SBI証券の米国株・ETF定期買付サービスを利用する上での注意点やデメリットを解説していきます。

注意点・デメリット
  • 成行注文のみ
  • 円貨決済は「為替手数料」が若干割高
  • クレジットカードは使えない
    →投資信託の積立には使える!
サイト管理人

以下、各項目について解説していきます。

デメリット1:成行注文のみ

定期買付の場合、設定した買付日に「成行注文」で約定されます。

買いたい価格を指定して注文を行う「指値注文」など、他の注文方法が利用できない点にご注意ください。

デメリット2:円貨決済は「為替手数料」が割高

手数料」の所で解説したように、米国株の購入には日本円を米ドルに両替する際の「為替手数料」がかかります。

為替手数料は、事前に、住信SBIネット銀行で日本円を米ドルに両替し、SBI証券に入金しておけば「4銭」で済みますが、円貨決済では「25銭」かかります。

サイト管理人

為替コストを気にする方は、円貨決済ではなく「外貨決済」を選び、住信SBIネット銀行経由で米ドルを準備しておきましょう。

詳しい「やり方」は、以下をご参考ください。

→ 住信SBIネット銀行→SBI証券でお得に米国株を取引する方法【図解】

デメリット3:クレジットカード決済での積立は不可

SBI証券では、投資信託の自動積立にクレジットカードの決済が利用できます。

しかし、米国株・ETFの定期買付では、クレジット決済は利用できません

サイト管理人

SBI証券のクレカ積立は、お得にポイントをもらいながら積立ができるので、投資信託を利用する方は利用しましょう!

クレジットカード積立のメリット
  • 積立金額の0.5%〜2.0%分をポイント還元
    *付与は「Vポイント」
  • 楽天証券のクレカ積立よりお得な場合も!
  • キャンペーンで最大3.0%還元

SBI証券「クレジットカード投信積立」の詳細は、以下の記事をご参考ください。

SBI証券クレジット決済(カード積立)のデメリット・注意点は?

SBI証券の米国ETF定期買付サービス【まとめ】どんな人にオススメ?

ここまで解説してきたように、SBI証券の定期買付サービスは、米国株・米国ETFの積立投資を行いたい方に、かなり有用なサービスです。

毎月給料日に忘れずに定期的に購入したい方やNISAを有効活用した方、また雇用統計など各種経済指標の発表やイベント時に定期的に購入したい方にオススメのサービスです。

こんな人にオススメ!
  • 手間を抑えて投資したい忙しいビジネスパーソンの方
  • 給料日に忘れずに米国株を購入したい方
  • 毎月定期的に行われるイベント(経済指標発表など)時に買付を行いたい方
サイト管理人

一度、設定をすれば、手間がかかず自動でお目当の米国株・ETFに投資できるので、投資に時間が割けない方にオススメですね!

SBI証券の米国株・ETFの定期買付サービスを利用すれば、中長期で成長を続ける米国市場の株式に積立を投資を行うことができます。

定期買付は、他の証券会社には無いサービスで、取引手数料は割安です。

また、NISA口座や所定の米国ETFの買付には購入手数料が掛からないので、米国株・ETFの取引は「SBI証券」がオススメです。

米国株積立のおすすめ銘柄は?

次に、積立投資向きの銘柄や実際に人気のある米国株・米国ETFを解説していきます。

低コストETFが分散投資の基本

定期買付サービスを利用する場合、中長期の積立投資が主な運用スタイルになります。

そのため、価格変動リスクを下げるため、様々な銘柄に分散投資が行える「米国ETF」がオススメです。

ETFとは、取引所に上場している投資信託の事で、一つの銘柄に投資する事で数百〜数千の個別銘柄に分散投資が行えます。

参考:ETFとは?メリット・デメリットを比較・解説

米国ETFの中で人気が高いETFは、VOOやVT、VTIなどの「バンガードETF」です。経費率が年率0.03%と非常に低く、SBI証券の場合、買付手数料無料で購入可能です。

ティッカー
コード
銘柄名投資先
VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF全世界株
VOOバンガード・S&P500ETF米国株
VTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF米国株
IVViシェアーズS&P500ETF米国株
SPYSPDR S&P500 ETF米国株
EPIウィズダムツリー インド株収益ファンドインド株
DHSウィズダムツリー米国株高配当ファンド米国高配当株
DLNウィズダムツリー米国大型株配当ファンド
DGRWウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長
SBI証券で買付手数料無料の米国ETF(全9銘柄)

他にも「バンガード米国高配当株式ETF(VYM)」など配当利回りが高い銘柄に特化したETFもあるので、配当金を狙った投資を行いたい方は、一考の価値があります。

サイト管理人

VYMは、NISA口座での定期購入であれば「買付手数料無料」になります!

人気の米国株・米国ETFは?

次に、実際にどの米国株・米国ETFが人気なのか?SBI証券でよく取引されているのか?見て行きますので、定期買付を行う際、銘柄で迷った際に参考にしてみてください。

順位ティッカー
コード
銘柄名特徴
1位AMZNアマゾンドットコムインターネット通販
2位NVDAエヌビディア半導体メーカー
3位NFLXネットフリックスオンライン映画レンタル等
4位MUマイクロン テクノロジー半導体メモリー
5位SQスクエアモバイル決済関連
6位PGプロクター&ギャンブル(P&G)ヘルスケア・日用品
7位GOOGLアルファベットAネット検索サービス大手
8位AAPLアップルパソコン・コンピューター
9位MSFTマイクロソフトソフトウェア
10位KOコカ・コーラ飲料メーカー
米国株ランキング(約定件数)
サイト管理人

アマゾンやエヌビディア、ネットフリックス等の成長企業がよく取引されていますね!

また、下表の米国ETFランキングでは、VTIVOOなどの米国株市場への投資を目的としたETFが人気となっているようです。VTなど分散性の高い銘柄も人気です。

順位ティッカー
コード
銘柄名特徴
1位VTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETFCRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動。
米国株の時価総額98%程度をカバー
2位VYMバンガード米国高配当株式ETF米国の高配当株から構成
3位VOOバンガード・S&P500ETFS&P500に連動、米国株式市場時価総額の85%程度をカバー
4位VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF全世界の株式市場をカバー。
FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動
5位PFFiシェアーズ米国優先株式ETF米国の優先株に分散投資できる。高い利回りが特徴
6位HDViシェアーズ・コア・米国高配当株 ETF米国高配当株から構成
7位QQQPシェアーズ QQQ ナスダック100ナスダック市場の大型株100銘柄から構成
8位BNDバンガード米国トータル債券市場ETF米国の債券市場への投資
9位SPXLDirexion デイリーS&P500ブル3倍 ETFS&P500の約3倍程度(レバレッジ型)
10位VWOバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETFFTSEエマージング・オールキャップ・インデックスに連動
米国ETFランキング(約定件数)
サイト管理人

やはりバンガードETFが人気となっており、SBI証券で買付手数料無料のVTやVTI、VOO、また米国の高配当株に特化したVYMなどが人気です。

米国株以外のSBI証券のメリット

SBI証券は、米国株取引以外にも多くのメリットがあり、ネット証券でシェアNo.1となっています。

SBI証券の主なメリット
  • 株式売買手数料が最安で0円(無料)
  • SBBO-Xで手数料完全無料!
  • 投資信託の保有や各種取引でTポイントが貯まる!
  • Tポイントで投資信託が100円から買える!
  • IPOに強い!取扱数・主幹事実績が豊富

参考:SBI証券の評判は?7年利用して分かったメリット・デメリットを徹底解説!

本記事で解説した米国株の他にも、日本株や投資信託が低コストで取引できるなど多くのメリットがあります。

また、IPOに強く、株主優待の検索ツールも充実、さらにTポイントで投資信託が購入できること等から「メイン口座」として、SBI証券を利用している方も多くなっています。

SBI証券の特徴やメリット・デメリット、口コミ・評判などの詳細は、以下の記事をご参考ください。

→ SBI証券の評判は?7年利用して分かったメリット・デメリットを徹底解説!

よくある質問

最後に、定期買付サービスやSBI証券、また米国株投資について「よくある質問」をピックアップし、回答などを解説して行きます。

SBI証券はどんな証券会社?

本記事で解説した「SBI証券」は、米国株式・ETFだけでなく、国内株式(ETF含む)、FX、CFD、保険や個人型確定拠出年金(iDeCo)など、多くの金融商品を扱っている総合証券です。格安の取引コスト(売買手数料)や利便性、また独自のサービス等から人気の高い証券口座です。

実際、大手ネット証券会社として多くの投資家に使われ続けいており、人気のバロメーターとも言える口座開設数(シェア)は、ネット証券でダントツの1位となっています。

順位証券会社開設口座数
(万以下切り上げ)
1位SBI証券514万口座
2位楽天証券376万口座
3位マネックス証券184万口座
4位松井証券121万口座
5位カブドットコム証券114万口座
ネット証券の口座開設者数(上位5社)
*2019年12月末時点

2019年3月末時点。SBI証券がダントツの1位、シェア4割程度。

また、最新のオリコン顧客満足度口座総合ランキングでも第1位となっており、利用者の満足度・口コミによる評価も高いことがわかります。

サイト管理人

投資を行う上で外せない証券会社で、実際、私もメイン口座としてSBI証券を利用しています。

楽天証券やマネックス証券で米国株の積立は可能?

米国株の取引が行えるネット証券は、SBI証券の他に、楽天証券・マネックス証券・DMM株の3社がありますが、米国株・ETFの自動積立が行えるのは「SBI証券のみ」です。

サイト管理人

米国株・ETFの積立投資を行う場合「SBI証券一択」になります!

ただし、VTIやYVM、VT等のバンガードETFは、楽天VTI、楽天VYMなどの投資信託で自動積立を設定する事が可能です。

投資信託の自動積立の場合、楽天証券の「楽天カード投信積立」の利用で積立額の1%をポイントで貰う事ができるので、米国ETFではなく「投資信託」で積立を行う方は、楽天証券での投信積立でも良いでしょう。

SBI証券で米国株投資するメリット・デメリットは?

SBI証券で米国株式・ETFの取引を行うメリットを挙げる、主に以下のようなものがあります。

SBI証券の特徴・メリット
  • 売買手数料が業界最安水準
  • NISAなら海外ETFの買付手数料無料
  • 米国株は貸株にも対応
  • 米国の定期買付・積立ができる
  • 海外株式も特定口座対応
  • 充実のキャンペーンでおトク!

今回解説した定期買付サービスの他にも、SBI証券独自の「米国株貸株(カストック)」があり、米国株・米国ETFの取引を行うなら、手数料が割安で何でもできる「SBI証券」が最適な選択肢と言えます。

あえて、デメリットを挙げるとすれば、手数料が最安で無い事がある点です。

以下の表は、米国株式・ETFの取り扱いを行っているネット証券の売買手数料・為替手数料を比較したものです。

証券会社売買手数料為替手数料
(1ドル両替あたり)
DMM.com証券無料(0円)0.25円
SBI証券約定額の0.45%
(5米ドル〜20米ドル)
0.25円
マネックス証券約定額の0.45%
(5米ドル〜20米ドル)
0.25円
楽天証券約定額の0.45%
(5米ドル〜20米ドル)
0.25円
米国株・ETFの手数料比較

SBI証券は為替手数料が最安であるものの、買付手数料は「完全無料(0円)」のDMM株が最も安くなっています。

ただし、DMM株では定期買付サービスは行っておりませんし、SBI証券でもNISA口座での買付や所定ETFの買付は手数料無料になるため、定期買付を利用する場合は「SBI証券」で良いでしょう。

積立投資のメリット・デメリットは?

「注意点・デメリット」でも解説したように、楽天カード決済での投資信託の積立は「毎日1日」の決められた日の定額積立投資「ドルコスト平均法」です。

投資時期を分散させ、毎期ずつ定額で購入することで、全体でみると金融資産の購入価格を平均化する効果が望める。
この手法はドルコスト平均法と呼ばれている。
この手法を使うことで一般的に投資リスクが下がるといわれている。

引用元:ドルコスト平均法と一括投資のシミュレーションによる比較分析

ドルコスト平均法による証券会社の自動積立は、投資の手間を省くだけでなく、時間の分散や購入平均単価の引下げ、相場環境によるメンタルに左右されない投資が行えます。

積立投資のメリット
  • 毎回の購入の手間を省ける
  • 投資タイミングの分散が可能
  • 相場環境・メンタルに左右されない
  • 定額買付「ドルコスト平均法」
    → 平均取得単価の引き下げが可能
サイト管理人

投資初心者の方は、特に「毎月定額積立『ドルコスト平均法』」がオススメです!

ただし、株式相場のマクロ分析が得意な方、また現金比率を高めておいて「急落時のみ」投資信託の購入を行いたい方は、スポット購入(一括購入)を行っても良いでしょう。

サイト管理人

感情やメンタルをコントロールするのが難しい方は「ドルコスト平均法」が無難です!

米国株投資向きの証券会社は?

ここまで解説してきたように、手数料や利便性・独自のサービスなどを総合的に見た場合、SBI証券が米国株・米国ETF向けの証券会社となります。

しかし、手数料だけに特化した場合、または米国株中級者以上の方で、米国株の中小型株(個別銘柄)に投資したいという方は、DMM株やマネックス証券もメリットの大きい証券会社と言えます。

米国株向け証券口座ランキング【まとめ】
  1. SBI証券:リーズナブな手数料で万人向け。貸株・積立なども可能
  2. DMM株:売買手数料が完全無料(0円)
  3. マネックス証券:中級者以上向け。利便性が高く投資情報が多い

私自身は、小型株などを取引する機会がなく、主に米国ETF・米国株(大中型株)を取引・積立しているため、SBI証券を長く愛用しています。

ただ、DMM株が売買手数料を完全無料にしたため、今後はDMM株の利用を検討しています。また、米国株の投資情報収集などのために、マネックス証券も口座開設しています。

米国株投資向きの証券会社の選び方や最新のランキング等は、以下の記事をご参考ください。

米国株のおすすめネット証券会社は?手数料の比較やランキング、選び方など解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる