海外ETF

バンガード・S&P500ETF(VOO)とは?特徴や配当金(分配金)利回りなど解説

バンガード・S&P500ETF(VOO)とは?超低コストETFの特徴や配当金(分配金)、利回りなど解説

バンガード・S&P500ETF(VOO)は、アメリカの主要企業に投資することを目的としたETFです。最大の魅力は、経費率(信託報酬)の安さです。年率0.04%と超低コストで米国の主要500企業(銘柄)に分散投資が行えます。

本ページでは、バンガード・S&P500ETF(ティッカー:VOO)の特徴や構成銘柄、手数料、また他ETFとの比較、さらに取引手数料がお得な証券会社などについても解説していきます。

バンガード・S&P500ETFの購入はSBI証券がオススメです。手数料の安い他のネット証券よりも、さらに安い手数料で取引が行えます。

SBI証券 公式ページ

バンガード・S&P500ETF(VOO)とは?

バンガード・S&P500ETF(VOO)は、米国株式市場への投資を目的としたETFです。S&P500をベンチマークしており、アップルマイクロソフトなど米国の500銘柄から構成されています。バンガードETFの1つで、手数料の安さが魅力です。

コスト:信託報酬(経費率)・売買手数料

本ETFの最大の特徴は手数料の安さです。ETF保有中にかかる手数料(経費率・信託報酬)は年率0.04%と、米国株への投資を目的としたETFの中で、最安水準の手数料となっています。

項目 手数料が発生する
タイミング
手数料(税抜)
売買手数料 ETF売買時 米国株式同様の手数料
SBI証券NISAなら買付手数料無料
信託報酬 ETF保有時 年率0.04%

本ETFの取引には「株式売買手数料」と日本円を米ドルへ両替する際の「為替手数料」の2種類の手数料がかかります。各手数料は、証券会社によって違いますが、後述するように、売買手数料と為替手数料を合わせたトータルコストは、SBI証券が最安手数料となっています。

また、SBI証券ではNISA口座で海外ETFを取引する場合、株式の買付手数料が無料になります。手数料が高くなりがちな米国ETFですが、SBI証券のNISA口座を利用することで、積立などで、こまめに購入しても手数料が抑えられます。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円がもらえます。(8月31日まで)

SBI証券 公式ページ

また、SBI証券で米国ETFを取引するメリットの解説記事は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
SBI証券で海外ETF・株式を売買するメリット・デメリット
SBI証券で海外(米国・中国)ETFや外国株を売買するメリット・デメリット。手数料や特定口座、NISA口座の扱いなど解説 SBI証券は、ネット証券ナンバー1の外国株式・ETFの取扱量と、業界最安の売買手数料で、海外株式市場への投資を目的とした...

構成銘柄(米国株)の比率は?

次に、本ETFにどのような銘柄が組み込まれているか見ていきます。本ETFは、米国の代表的な株価指数「S&P500」をベンチマークとしており、約500銘柄から構成されています。構成銘柄の上位10銘柄の構成比率は、以下のようになっています。

バンガード・S&P500ETF(VOO)の構成銘柄比率

銘柄 構成比 業種(セクター)
アップル 3.3% テクノロジー
マイクロソフト 2.5% テクノロジー
アルファベット 2.4% テクノロジー
エクソン・モービル 1.8% エネルギー
アマゾン 1.6% 消費者サービス
バークシャー・ハサウェイ 1.6% 金融
ジョンソン&ジョンソン 1.6% ヘルスケア
Facebook 1.5% 情報技術
JPモルガン・チェース 1.5% 金融
ゼネラル・エレクトリック(GE) 1.3% 資本財

上位10銘柄の全体に対する割合は19.1%となっており、上位銘柄だけの割合が大きいということはなく、分散が効いています。

また、アップルやマイクロソフト、アマゾンなど全世界でも有名な企業が多く組み込まれています。また、バフェット氏率いるバークシャーもランクインしています。本ファンドを利用することで、有名経営者の企業や米国のグローバル企業に分散投資が行えることがわかります。

S&P500の特徴や業種別構成などは、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
S&P500とは?構成銘柄や指数の特徴、NYダウとの比較、インデックスファンドやETFを解説!
S&P500とは?構成銘柄や指数(インデックス)の特徴、NYダウとの比較など解説S&P500は、アメリカ株式市場の動向を表す代表的な株価指数です。米国株式時価総額の8割をカバーしており、iFree S&P500インデ...

分配金(配当金)利回り・パフォーマンス

本ETFの決算は年4回(3月・6月・9月・12月)です。過去1年の分配金は、下表のように推移しています。直近の分配金は、1口あたり約1.30ドルとなっており、利回りは1.97%となっています。

バンガード・S&P500ETF(VOO)の分配金の推移:

決算月 分配金[米ドル]
(1口あたり)
2016年12月 1.296
2016年9月 0.883
2016年6月 0.953
2016年3月 1.006

本ETFの他、米国の人気ETFは、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
米国ETFのランキングは?人気・注目銘柄の解説・評価
米国ETFのランキングは?人気・注目銘柄の解説・評価 米国ETFは、超低コストで世界中の市場へ分散投資ができるため、昨今国内でも急速に認知度が高まっています。S&P500など...

米国株ETFの手数料・パフォーマンス比較

次に、米国株式市場を投資対象とするETFの手数料やパフォーマンスを比較していきます。

手数料の比較

下表は、米国株式市場を投資対象とする低コストETFの手数料を比較した表です。本ETFの他にも国内外に多数の低コストETFがありますが、本ETFはiシェアーズS&P500ETF(IVV)に次ぐ、安さとなっています。

銘柄名(コード・ティッカー) 信託報酬
(経費率)
ベンチマーク 種類
バンガード・S&P500ETF(VOO) 0.04% S&P500 米国ETF
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI) 0.04% CRSP USトータル・マーケット・インデックス 米国ETF
iシェアーズS&P500ETF(IVV) 0.04% S&P500 米国ETF
SPDR S&P500 ETF(1557) 0.095% S&P500 国内ETF
UBS ETF米国株(1393) 0.14% MSCI米国インデックス 国内ETF
Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信(1679) 0.15% NYダウ 国内ETF
上場インデックスファンド米国株式
(1547)
0.16% S&P500 国内ETF

信託報酬などの投資コストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、本ETFのように、コストの安いETFを選ぶことが、パフォーマンス向上のために重要です。

ただし、米国のETFではなく、国内のETFが良いという方は、SPDR S&P500 ETF(1557)が良いでしょう。国内株式同様に売買ができるうえ、カブドットコム証券であれば、売買手数料無料(フリーETF)で取引できます。

カブドットコム証券の詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

カブドットコム証券

また、S&P500を投資対象とする投資信託・ETFの比較は、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
S&P500型投資信託(インデックスファンド・ETF)の比較・一覧|おすすめ銘柄やお得な買い方も解説
S&P500型投資信託(インデックスファンド・ETF)の比較・一覧|おすすめ銘柄やお得な買い方も解説S&P500への投資は、インデックスファンドやETFなどの投資信託を用いて行うことができます。しかし、投資信託には、インデックスファンド...

パフォーマンス比較

以下では、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)と本ETF(VOO)のパフォーマンスを比較します。両ETFは、手数料が最安コストで並ぶものの、ベンチマークが違うため、パフォーマンスに違いが出てきます。

ベンチマークの基本的な違いは、カバーする株式の対象数(銘柄数)です。VOOは米国の大型が中心で市場全体の時価総額の8割程度の銘柄しかカバーしていませんが、VTIはVOOの構成銘柄に加えて、中小型株も含むため米国市場のほぼ100%をカバーすることができます。

VTIとVOOのパフォーマンス比較

VTIとVOOのパフォーマンス比較VTIとVOOのパフォーマンス比較
参照:yahoo finance


分散性の観点から言えば、VTIの方が銘柄数・規模ともに良いですが、過去10年ではパフォーマンスに大きな違いはないようです。好みによって銘柄を選ぶと良いでしょう。個人的には、分散性もあり中小型株の成長も取り込めるVTIが好みです。

自動積立・分配金の再投資がしたい場合

ETFの場合、購入時の注文を株価ベースで行なわなくてはいけなかったり、分配金の再投資を自分でやらなくてはいけない等、少々面倒な部分があります。

そこで、便利なのがインデックスファンドです。分配金の自動再投資や自動積立、金額ベースでのファンドの購入などを行なうことができます。下表は、米国株市場への投資を目的としたインデックスファンドの手数料比較表です。

ファンド名 信託報酬(税抜) ベンチマーク
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.16% S&P500
楽天・全米株式インデックス・
ファンド
0.17% CRSP USトータル・マーケット・インデックス
iFree S&P500インデックス 0.225% S&P500
iFree NYダウインデックス 0.225% NYダウ
たわらノーロードNYダウ 0.225% NYダウ
米国株式インデックス・ファンド 0.45% S&P500
SMTダウジョーンズ・インデックス・オープン 0.50% NYダウ
SMT米国株配当貴族インデックス・オープン 0.55% S&P500配当貴族指数
野村インデックスファンド・米国株式配当貴族 0.50% S&P500配当貴族指数
i-mizuho米国株式インデックス 0.57% S&P500
eMAXIS NYダウインデックス 0.60% NYダウ

購入手数料は全て無料ですが、ファンド保有時かかる手数料「信託報酬」が若干高めです。ただ、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)iFree S&P500インデックスは十分安く、金額ベースの購入や小額自動積立など使い勝手も良いので、これらを選んでも良いでしょう。

インデックスファンドとETFの比較は、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
インデックスファンドとETFの違いとは?各商品の特徴や使い方(乗り換え・リレー投資)など解説
インデックスファンドとETFの違いとは?各商品の特徴や使い方(乗り換え・リレー投資)など解説 インデックスファンドやETFは、長期の資産運用に適した金融商品です。国内外の株式・債券などの指数(インデックス)に連動し...

分散性を高めたい場合

本ETFの投資対象は米国株式市場のみですが、米国だけでなくヨーロッパや太平洋地域の株式に広く分散投資を行いたい方は、バンガードFTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)が注目です。信託報酬0.09%で米国を除く先進国20カ国以上に投資ができるので、本ETFと組み合わせることで先進国に低コストで分散投資が行えます。

だたし、ニッセイ外国株式インデックスファンドeMAXIS Slim先進国株式インデックスなどのインデックスファンドも、信託報酬0.2%台で米国を含む20カ国以上の先進国株式市場へ分散投資が行えるので、利便性を高めたい方は、これらが良いかもしれません。

また、円高・円安など為替変動リスクを抑えたい方は、たわらノーロード先進国株式(為替ヘッジあり)も選択肢の1つになります。

先進国株式市場を投資対象としてファンドの比較・一覧は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
先進国株式が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説
先進国株式が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説世界経済を牽引するアメリカやヨーロッパなどの先進国株式市場への投資を目的とした投資商品には、たくさんのETFやインデックスファンドがあり...

まとめ・評価

本ETFのデータをまとめると、以下のようになっています。年率0.04%の手数料で米国の有名グローバル企業に投資を行うことができます。また、購入先を工夫すれば、取引手数料を抑えることもできます。

バンガード・S&P500ETF(VOO)のデータ【まとめ】
  • ベンチマーク:S&P500
  • 取引手数料:SBI証券のトータルコストが最安(NISAなら買付手数料無料)
  • 信託報酬(税抜):年率0.04%
  • 決算:年4回(3月・6月・9月・12月)
  • 償還日:無期限(設定日:2010/9/7)

おすすめ購入先は?SBI証券?楽天証券?

バンガードETFなど米国ETFがお得に購入できる証券会社を解説していきます。

SBI証券が手数料最安

バンガードETFなどの米国ETFは、手数料の安いネット証券で取引を行うのが良いでしょう。ネット証券では、SBI証券楽天証券マネックス証券の3社で米国ETFの取引が行えますが、3社で最も手数料が安いSBI証券がオススメです。

米国ETFを取引する場合、ETFの売買時に係る手数料「売買手数料」、また日本円を米ドルに両替するための「為替手数料」の2種類の手数料(コスト)がかかります。米国ETFは米ドルで売買しなくてはいけないので、売買手数料の他に為替手数料がかかります。

米国ETFの取引にかかる手数料
  • 売買手数料:米国ETFを売買する際にかかる手数料
  • 為替手数料:日本円を米ドルに両替する手数料

以下の表は、米国ETFの取り扱いを行っているネット証券の売買手数料・為替手数料を比較したものです。売買手数料は、SBI証券とマネックス証券が同水準の安さですが、為替手数料はSBI証券の方が安いことがわかります。そのため、取引にかかるトータルコスト(売買手数料+為替手数料)は、SBI証券が最も安くなります。

証券会社 売買手数料 為替手数料
(1ドル両替あたり)
SBI証券 約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
住信SBIネット銀行で0.04円
マネックス証券 約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
楽天証券 25ドル 0.25円

為替手数料が安くなる住信SBIネット銀行は、SBI証券の口座開設時に、カンタンに同時口座開設ができます。サービスも連携していて使いやすくなっています。また、SBI証券のNISA口座であれば、買付手数料が無料になる点も大きなメリットです。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円がもらえます。(8月31日まで)

SBI証券 公式ページ

また、住信SBIネット銀行の同時口座開設の方法などは、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
SBI証券と住信SBIネット銀行の同時口座開設の方法
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設する方法SBI証券・住信SBIネット銀行は、いずれもトップクラスの人気を誇る金融機関です。二つの金融機関を連携して利用することで、便利かつ超低コ...

NISAなら積立でも買付手数料無料

海外ETFは、手数料がインデックスファンドや国内ETFと比べて割高であるため、小額積立はもったいないと思うかもしれません。実際、私もそう考えていました。しかし、NISA口座を利用すれば手数料無料で買付・積立ができるようになりました。

SBI証券・楽天証券・マネックス証券のどのNISA口座でも海外ETFの買付手数料が無料になります。そのため、小額積立を行いたい方は、これらのネット証券を選ぶと良いでしょう。

私自身は、元々の手数料が安く済むSBI証券を利用しています。NISA枠(年間120万円の上限)をはみ出たとしても割安な手数料でバンガードなどの米国ETFが購入できます。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円がもらえます。(8月31日まで)

SBI証券 公式ページ

SBI証券のNISA口座の特徴は、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説!
SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説! SBI証券は、業界トップクラスの金融商品の品揃えや手数料の安さから、高い人気を誇る証券会社です。NISA口座においてもコ...

SBI証券は、海外ETFだけでなく、投資信託や米国株の品揃えが良く、コストも業界最安水準です。また、投信マイレージIPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

SBI証券 公式ページ