PayPay証券キャンペーンコード

Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の評判は?ウェルスナビとの違いやメリット・デメリットを比較・解説

Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の評判は?ウェルスナビとの違いやメリット・デメリットを比較・解説

WealthNavi(ウェルスナビ) for ネオモバは、1万円と小資金からロボアドバイザーで、自動運用ができる投資サービスです。

投資資金の入金から買付・積立、リバランスや節税対策など、投資でハードルが高い部分も全て自動なので、初心者の方や忙しいビジネスパーソンの方に評判のサービスです。

ウェルスナビ for ネオモバの魅力・メリット
  • 最低1万円から投資が始められる
    (積立は毎月5,000円から可能!)
  • 入金・積立・リバランスが全て自動
  • 自動税金最適化で実質コストが安い
サイト管理人

超少額で分散投資が始められるので、投資初心者の方にオススメです。

このように、メリットの多い「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」ですが、大元の株式会社WealthNaviからも運用が始められるため、「どちらから運用を始めれば良いか?」迷ってしまいます。また、

  • そもそもウェルスナビって何?
  • ネオモバで始めるメリットは?

など、様々な疑問があると思います。

そこで、本記事では、「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」と本家ウェルスナビの違いを比較し、どちらのウェルスナビを選べば良いか?、またウェルスナビやネオモバの特徴、選び方について詳しく解説していきます。

実際、利用している方の評判や口コミも知りたいわ。

サイト管理人

評判や口コミ、始め方などについても解説していきます。

目次

【結論】少額で投資を始める人は「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」がオススメ!

結論は、10万円以下の投資資金で資産運用を始める方は「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」、それ以外の方は「ウェルスナビ」で運用を始めるのが、ベストな選択です。

結論
  • 投資資金が10万円未満なら「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」
  • 投資資金が10万円以上なら「ウェルスナビ」

理由は、本家「ウェルスナビ」やその他の提携企業(SBI証券やソニー銀行、住信SBIネット銀行など)の運用は「10万円以上」からしか始められないためです。

そのため、少額(10万円未満)から投資を始めたい方は「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」一択になります。

サイト管理人

投資初心者の方は、まずは小資金で投資を始めるのが良いでしょう。

Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の運用は、ネオモバの口座開設後に行えます。ネオモバでは、口座開設で200円分のTポイントがプレゼントされます。

ネオモバ【公式ページ】

ちなみに、10万円以上の資金で投資を始める方は、キャンペーンが豊富な本家「ウェルスナビ」から投資を始めるのが良いでしょう。

長期割など他社にないサービスがあり、入金キャンペーンなどで現金もプレゼントされます。

ウェルスナビの評判やメリット・デメリット、キャンペーン情報などは、以下をご参考ください。

Wealthnavi for SBIネオモバイル証券とは?【基礎編】

それでは、Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の特徴を理解する上で重要な「SBIネオモバイル証券」「ウェルスナビ」について解説して行きます。

既に、ご存知の方は読み飛ばして頂いて構いません。

→ 読み飛ばして「比較・解説」部分へ

SBIネオモバイル証券とは?

SBIネオモバイル証券(愛称:ネオモバ)では、ネット証券最大手の「SBI証券」とTポイントの運営を行う「CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)」が共同設立した、スマホ向けネット証券です。

SBIネオモバイル証券【公式】

本記事で解説する「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」の他にも、Tポイントで投資ができたり、国内株式が1株(数十円〜主百円)で取引できる等の多くのメリットがあり、口座開設者を伸ばしています。

ネオモバの特徴・メリット
  • 1株単位(数百円〜)で株式投資ができる
    → 少額で株式に分散投資が可能
  • 手数料が安い
    → 端株優待の取引にオススメ!
  • Tポイントが毎月貰える
  • Tポイント投資が可能
  • ウェルスナビが1万円から運用可能

参考:ネオモバの評判は?3年利用して分かったメリット・デメリットを徹底解説

また、月額定額制の手数料体型で実質16円(実質8円も可能)で取引し放題など、現在のスマホ世代向けの先進的なサービス内容と言えます。

このように、SBIネオモバイル証券では、Tポイントで国内株式に1株から投資が行えるため、ポイント投資で株式投資を行いたい方は「SBIネオモバイル証券」の口座開設は必須です。

サイト管理人

私自身も、口座開設を行い、Tポイントや少額の資金で日本株の運用を行っています。

ネオモバでの保有銘柄・ポートフォリオ【2020年12月18日】
ネオモバでの保有銘柄・ポートフォリオ

サイト管理人のネオモバの運用パフォーマンスや銘柄、またネオモバの評判やメリット・デメリット、口座開設の方法・始め方などの詳しい解説は、以下をご参考ください。

ウェルスナビとは?

ウェルスナビの特徴・概要

ウェルスナビは、数あるロボアドバイザーの中で、最も人気がある(口座開設者が多い)投資サービスです。

ウェルスナビを利用する事で、日本だけでなく米国等の外国株式や債券など、幅広い銘柄に「低コスト」で「国際分散投資」が行えます。

ウェルスナビの特徴・メリット
  • 世界経済の成長を享受できる
  • 入金・積立・リバランスが全て自動
  • 割安な手数料:入出金・為替・積立・売買取引手数料など無料
  • 特定口座に対応
  • 問い合わせ環境や携帯スマートフォンアプリが充実
  • 自動税金最適化(DeTAX)サービス

参考:ウェルスナビ【公式】

信託報酬などの手数料は、楽ラップテオなど他のロボアドバイザーと変わりませんが、自動税金最適化(DeTAX)」を導入しているため、実質的な手数料を大幅に下げられる点が魅力です。

ウェルスナビCEOの柴山和久さんによれば、自動税金最適化により、年間0.4~0.6%程度の負担減になるとのことです。(以下、原文)

「WealthNavi for SBI証券」の運用手数料は1%ですが、多くの場合、「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。

引用:「WealthNavi for SBI証券」のウェルスナビ株式会社 柴山CEOへインタビュー

手数料は、投資への確実なマイナスリターンとなるため、ウェルスナビのように手数料の安い商品を選ぶことが、投資パフォーマンスの向上に重要です。

サイト管理人

私も投資のコアとなる長期積立で、国際分散投資が可能なウェルスナビを利用しています!

ウェルスナビの資産配分(アセットアロケーション)2020年11月27日
サイト管理人のウェルスナビの資産配分(アセットアロケーション)

サイト管理人のウェルスナビの運用方法やパフォーマンス、また評判やメリット・デメリット、ロボアドバイザーの比較・ランキングは、以下の記事をご参照ください。

ウェルスナビとWealthnavi for SBIネオモバイル証券の違い・比較

次に、Wealthnavi for SBIネオモバイル証券について、本家「ウェルスナビ」と比較しながら、特徴やメリット・デメリット等を解説して行きます。

サイト管理人

どちらのウェルスナビを利用すれば良いのか?迷っている方は、
ぜひご参考ください!

Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の特徴・メリット

本家「ウェルスナビ」ではなく、敢えて「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」を利用するメリットは、以下の2点があります。

Wealthnavi for SBIネオモバイル証券のメリット
  • 最低1万円から投資できる
    → 本家ウェルスナビは10万円から
  • 5,000円から自動積立が可能
    本家ウェルスナビは10,000円から

最低1万円から運用が始められる

通常、ウェルスナビで資産運用を始める場合、最低10万円の投資資金が必要になりますが、「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」であれば、最低1万円からウェルスナビの運用を始めることができます

投資・資産運用は、早くから始める事で「複利効果の恩恵による資産の増大」また「知識の蓄積」が行えるので、ウェルスナビを始めたいけど、投資に10万円も出せないという方は「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」を利用すると良いでしょう。

5,000円が自動積立が可能

毎月の自動積立を設定する場合、最低積立額が「5,000円」から設定できる点も「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」のメリットの一つです。

ウェルスナビの運用では、毎月の積立最低額は「1万円」となっています。そのため、毎月の積立額を1万円未満で設定したい方も「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」がオススメになります。

SBIネオモバイル証券 公式ページ

まとめ|小資金で始める方は「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」

ここまで解説してきたように、Wealthnavi for SBIネオモバイル証券が「ウェルスナビ」よりも優れている点は「小資金」から投資・資産運用が始められる点です。

以下のどちらか一つでも該当する方は「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」がオススメ!

  • 1万〜10万円未満の投資資金で資産運用を始めたい方
  • 5,000円〜1万円未満で毎月積立を行いたい方

本家「ウェルスナビ」の場合、運用を始めるために「10万円」が必要ですが、Wealthnavi for SBIネオモバイル証券であれば「1万円」から投資が始められます!

また、毎月の自動積立も最低5,000円から設定できるため、ロボアドバイザーで少額積立投資を始めたい方は「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」がオススメです。

サイト管理人

まずは小資金で投資を始め方は、「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」が、オススメです!

\ 口座開設で200Tポイント /

*口座開設費・維持費 無料

SBIネオモバイル証券の口座開設方法や投資の始め方・手順の解説は、以下をご参考ください。

ネオモバの失敗しない始め方【図解】口座開設で200ポイントを貰う方法

ウェルスナビ for ネオモバのデメリット・注意点は?

小資金で投資を始めたいので、Wealthnavi for SBIネオモバイル証券を利用したいのだけど、注意点・デメリットはありますか?

サイト管理人

NISAが使えない点、Tポイント投資ができない点には注意が必要です。

「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」の注意点、また本家「ウェルスナビ」と比較した際のデメリットには、以下の3点があります。

  • NISAを利用できない
  • Tポイントで投資不可
  • 手数料の長期割は適用外

以下、各項目(注意点・デメリット)について詳しく解説して行きます。

Tポイント投資はできない

SBIネオモバイル証券の特徴の一つは、Tポイントで投資が行える点です。

しかし、Tポイントで購入可能なのは「国内株式」のみで、Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の投資資金にはできない点に、ご注意ください。

サイト管理人

Tポイントを投資資金に回さない場合は、特に問題ありません!

ポイント投資サービスの比較・おすすめランキングは、以下をご参考ください。

【ポイント投資】おすすめ5選!メリット・デメリット、やり方を比較・解説

NISA(少額投資非課税制度)は利用できない

2021年現在、Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の運用でNISAを利用できません。

NISA(少額投資非課税制度)とは、年間120万円の投資額に対して、値上がり益や配当金などが非課税になる制度。

参考:NISAとは?メリット・デメリットやお得な使い方など解説

ただし、2021年春以降、本家「ウェルスナビ」でNISA口座の稼働がアナウンスされているので、ウェルスナビ for ネオモバでも使えるようになる可能性もあります。

手数料の長期割が適用されない

ウェルスナビでは、長期割という手数料割引サービスがありますが、Wealthnavi for SBIネオモバイル証券では「長期割」は適用されません。

長期割とは、運用期間や運用額に応じて、最大0.1%(年率)の手数料が値引きされるサービスです。運用額・金額毎の手数料の値引き率は、下表のようになっています。

スクロールできます
運用金額割引率
50万円以上半年毎に0.01%安くなる最低0.9%(年率)まで
200万円以上半年毎に0.02%安くなる最低0.9%(年率)まで
ウェルスナビの長期割

以下の図からも分かるように、長期割と言っても保有期間が長くなれば、手数料が安くなり続けるわけでない点に注意しましょう。最小の手数料は年率0.9%です。

ウェルスナビ長期割の概念図
引用元:ウェルスナビ

長期割の条件を満たす方は、WealthNavi forネオモバではなく、本家「ウェルスナビ」の運用を行っても良いでしょう。

ウェルスナビ【公式】

ただし、そこまで手数料が安くならない事や適用対象が50万円以上であることを考えると、小資金の方は手数料が変わらないので「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」を利用しても良いでしょう。

SBIネオモバイル証券【公式】

まとめ|ウェルスナビと「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」どっちがオススメ?

結論は、10万円以下の投資資金で資産運用を始める方は「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」、それ以外の方は「ウェルスナビ」で運用を始めるのが、ベストな選択です。

結論
  • 投資資金が10万円未満なら「Wealthnavi for SBIネオモバイル証券」
  • 投資資金が10万円以上なら「ウェルスナビ」

いずれのウェルスナビもキャンペーンで高額現金が貰えるので、投資資金によって運用先を決めると良いでしょう。

各ウェルスナビの詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

ウェルスナビ for ネオモバの評判・口コミ

Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の口コミ・評判

次に、ウェルスナビ for ネオモバの口コミ・評判をピックアップ解説していきます。

サイト管理人

ここまで解説してきた内容と合わせて、Wealthnavi for SBIネオモバイル証券を始めるか迷った際に、ご参考ください。

良い評判・口コミ:少額(1万円)から投資が始められる

初期資金が「1万円」、積立が「5,000円」から投資が始められる点が好評のようです。

https://twitter.com/saramoka10/status/1288800091818438656
サイト管理人

1万円から手軽に国際分散投資ができるので、投資初心者の方でも、始めやすいですね!

良い評判・口コミ:少額長期積立で時間分散が可能!

5,000円と少額からコツコツ積立投資ができる点が好評のようです。

サイト管理人

少額積立で、投資タイミングの「分散」もできるので、急な暴落時でも焦らず積立できますね!

もちろん、投資は余剰資金の範囲で行いましょう!

イマイチな(悪い)評判・口コミ:手数料が心配

年率1.0%(税別、現金部分を除く)の手数料懸念する方もいるです。

自分で資産配分(アセットアロケーション)を設定できて、その決定した資産配分通りにETF・投資信託を購入する事ができる人にとっては「割高」ですが、それ以外の投資初心者にとってはリーズナブルな手数料と言えます。

サイト管理人

投資初心者の方には、資産配分の設計や管理・運用が大変なので、この程度の手数料であれば問題ないと思います。

ちなみに、本家「ウェルスナビ」では、長期割というサービスで手数料が安くなります。

ウェルスナビの手数料に関しては、以下をご参考ください。

ウェルスナビの手数料は高い?長期割や計算方法も解説

口コミ・評判【まとめ】

ここまで紹介してきた口コミ・評判をまとめると、下表のようになります。

スクロールできます
良い評判・口コミ1万円から始められる
5,000円から毎月積立ができる
悪い評判・口コミ手数料が高いか?心配
Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の評判・口コミ【まとめ】

やはり、少額から投資が始められる点が好評でした。一方で、手数料を懸念する声もありました。

基本的に、ウェルスナビなどのロボアドバイザー全般は、自分で資産配分(アセットアロケーション)の決定や資産配分通りに投資商品を購入・管理(リバランス)などが出来る方は不要の金融サービスです。

ただし、資産配分の設定や管理・運営は、初心者の方には至難の技、また中級者以上の方でも手間がかかります。

そのため、それらの外注費用として「年1%程度」がリーズナブルと考える方は、ロボアドバイザーを活用すると良いでしょう。

サイト管理人

実際、私も、資産配分のリバランスが面倒なので、ウェルスナビを活用して、国際分散投資を行なっています。

SBIネオモバイル証券の口座開設方法・始め方

Wealthnavi for SBIネオモバイル証券の始め方

次に、SBIネオモバイル証券での投資の始め方・口座開設の方法など手順や流れを解説して行きます。

キャンペーンの対象になるには、口座開設が必須なので、口座開設の流れや手順をしっかり抑えて、タイムロスや対象条件の未達成を防ぎましょう。

SBIネオモバイル証券で投資を始めるまでの流れは、以下のようになっています。

SBIネオモバイル証券の始め方
  1. 口座開設を申し込む
  2. 本人確認書類をアップロード
  3. ログイン・初期設定
  4. 簡易書留(郵便)を受取
    → 手数料を支払い用クレジットカードを登録
  5. 入金・取引開始

参考:【図解】SBIネオモバイル証券の口座開設の方法|申込み手順・流れ、始め方を解説

公式ページ から、口座開設の申込みを行い、簡易書留を受け取った後、手数料支払い用のクレジットカードなどを登録することで、取引が開始できます。

口座開設は、以下の公式リンクから申込み可能です。

SBIネオモバイル証券 公式ページ

口座開設の方法や投資を始めるまでの手順など、図解付きの詳しい解説は、以下をご参考ください。

ネオモバの失敗しない始め方【図解】口座開設で200ポイントを貰う方法

WealthNavi for ネオモバの評判は?ウェルスナビとの違いやメリット・デメリットを比較・解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる